*

中古パソコンでOffice を使う方法

公開日: : PC導入・交換

0026

仕事でパソコンを使用する際、もっとも使われるソフトはOffice(オフィス)ソフトだと思います。

しかし中古パソコンを購入するとなった場合、Officeソフトは基本的に付いていないことが多いです。

 

今回は中古パソコンを購入する場合のOfficeを使う方法をお伝えしたいと思います。

マイクロソフトOffice付きのパソコンを購入する

これは新品を購入する時と同じですね。ここで気を付けることはOfficeのバージョンとエディションを確認することです。

新品であれば最新のバージョンのソフトがインストールされていることが多いですが、中古の場合、2010や2007などのバージョンのソフトがインストールされていることが多いです。

エディション名はOfficeに含まれるアプリケーションの種類によって名称が変わります。

Word(ワード)、Excel(エクセル)のほかにPowerPoint(パワーポイント)やAccess(アクセス)を使いたい場合はしっかりエディション名を確認しましょう。

 

また中古パソコンを販売しているショップによっては、Office搭載パソコンと記載があってもマイクロソフトOfficeではないOfficeソフトがインストールされている場合があります。

詳しくは3)で記載しますが、このソフトはマイクロソフトOfficeと互換性があるため基本的なことは出来ますが、仕事上マイクロソフトOfficeを使わなくてはいけない場合は特に注意が必要です。

 Officeを別で購入する

Officeソフトがインストールされていないパソコンを購入して、Officeを別に用意してインストールする方法です。

ショップによっては購入時にOfficeを選択して購入できるようにしているところもあります。

価格に関してはマイクロソフトOfficeであれば安くても2~3万円ぐらいです。

また、マイクロソフトの新サービスでOffice365という月額/年額ソフトも発売されています。

月額約1,300円で常に最新のOfficeのバーションとほぼすべてのアプリケーションが使用できます。

 互換ソフトを利用する

マイクロソフトのOfficeと同等の機能を持った別のソフトを使う方法です。

無料のソフトもあります。

特別な作業をしなければほぼマイクロソフトOfficeと同じ機能を使用することができます。

代表的なソフトを2つご紹介します。

Libreoffice

URL   https://ja.libreoffice.org/

無料で利用ができるOfficeソフトです。

Writer(Word)、Math(Wordの数式作成機能)、Calc(Excel)、Base(Access)、Impress(PowerPoint)、Draw(Visio)の6つの機能を使うことができます。

 

キングソフトOffice

URL http://www.kingsoft.jp/office/

有料のソフトですが、見た目がマイクロソフトのOfficeとほぼ同じ作りになっているので操作で戸惑うことも少ないです。

 

writer(Word)、SpreadSheets(Excel)、Presentation(PowerPoint)の3つのソフトに分かれています。

30日の無料体験版がありますのでまずは使ってみてから購入することが可能です。

 

 オンラインサービスを利用する

Office Onlineなどのオンラインサービスを使うことでソフトを用意することなくファイルを閲覧したり、簡単な編集を行ったりすることができます。

Office Onlineはマイクロソフトが提供しているのでソフトの互換性はすごく高いです。ただOffice Onlineでファイルを開くには、事前に自分のMicrosoftアカウントのOneDriveにアップロードしておく必要があります。

他には、Googleが提供するGoogleドキュメントがありますが、やはりこちらも一度Googleドライブにアップロードして閲覧、編集を行う形になります。

 

まとめ

コスト的に抑えられるはずだと思って購入した中古パソコンが、いざ使おうとしたらOfficeソフトが入っておらず、追加購入したら新品の価格とあまり変わらなかった。

そんなことにならないように購入時はOfficeソフトだけではなく自分が使いたいソフトがインストールされている商品なのか、されていないのであれば追加でどれだけ費用が掛かるのかしっかりチェックしましょう。

 

リングローでは中古パソコンの選定から必要なソフトのインストール、設定までトータルにサポートいたしますのでぜひ一度お問い合わせください。

リングロー株式会社

関連記事

間違いのない中古パソコンの選び方

新品のパソコンに比べて、中古パソコンはその選択肢が膨大なので、いったいどれを選べば良いのか、

記事を読む

ノートパソコン購入時にCPUとメモリを重視する理由

 デスクトップパソコンと違い、カスタマイズの制約が多いノートパソコンを購入する際にはいくつか注意

記事を読む

目的から選ぶ!PC作業に最適かつ快適なディスプレイ

   デスクトップパソコンを購入する際にはディスプレイ付属の製品を購入し、そのまま使

記事を読む

どっちが良い?PC購入時のHDDとSSDの違いと選び方

   パソコンにデータを保存する記録装置と言えば「HDD」(ハードディスクドライブ)が一般的で

記事を読む

話題のNEC製モバイルパソコン、LaVie Hybrid ZEROの実力と価格

毎日、仕事でパソコンを持ち歩くビジネスマンにとって、パソコンの重量は敏感になるポイントではな

記事を読む

ビジネススタイル別おすすめのパソコン

パソコンを新しく導入する際、商品がいろいろありすぎてどれを購入したら良いか迷いますよね。

記事を読む

ビジネス用ノートパソコンといえば?【ThinkPad編】

みなさんは、ビジネス用ノートパソコンと聞いて頭に思い浮かぶ機種があるでしょうか? Le

記事を読む

おすすめ型落ちパソコンの見極め方

郊外にある、巨大なアウトレットモールもすっかり定着した感がありますね。 様々なブランドのア

記事を読む

比較検討!無線LANと有線LANのメリット・デメリット

   最近は、自宅で無線LAN、会社では有線LANというように使い分けている所が多い

記事を読む

家庭用でも中古ビジネスパソコンを選ぶ5つのメリット

ビジネス用のパソコンを買おうと考えた時、新品や中古のビジネスモデルを選ぶ事は、ある意味当たり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10で文字入力をしやすくする方法~ユーザー辞書に単語を登録する~

普段よく使う漢字や言葉などは、最短の操作で出てきてほしいですよ

Windows10で文字入力をしやすくする方法~IMEパッドに手書きで入力する~

人の名前や地名など、普段使わない漢字を出したいとき、読み仮名で

Windows10で文字入力をしやすくする方法~言語バーを表示させる~

前回は、IMEの「あ」や「A」の表示が消えてしまった場合の対処

Windows10で文字入力をしやすくする方法~タスクバーの「あ」や「A」が消えてしまった場合の対処法~

新年あけましておめでとうございます! @ringlogでは2

【WPS Office】Writer、Spreadsheetsの編集画面の色が変わってしまった場合の対処法

サポートセンターでは、ときどきWriter(ライター)やSpr

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑