*

中古パソコンでOffice を使う方法

公開日: : PC導入・交換

0026

仕事でパソコンを使用する際、もっとも使われるソフトはOffice(オフィス)ソフトだと思います。

しかし中古パソコンを購入するとなった場合、Officeソフトは基本的に付いていないことが多いです。

 

今回は中古パソコンを購入する場合のOfficeを使う方法をお伝えしたいと思います。

マイクロソフトOffice付きのパソコンを購入する

これは新品を購入する時と同じですね。ここで気を付けることはOfficeのバージョンとエディションを確認することです。

新品であれば最新のバージョンのソフトがインストールされていることが多いですが、中古の場合、2010や2007などのバージョンのソフトがインストールされていることが多いです。

エディション名はOfficeに含まれるアプリケーションの種類によって名称が変わります。

Word(ワード)、Excel(エクセル)のほかにPowerPoint(パワーポイント)やAccess(アクセス)を使いたい場合はしっかりエディション名を確認しましょう。

 

また中古パソコンを販売しているショップによっては、Office搭載パソコンと記載があってもマイクロソフトOfficeではないOfficeソフトがインストールされている場合があります。

詳しくは3)で記載しますが、このソフトはマイクロソフトOfficeと互換性があるため基本的なことは出来ますが、仕事上マイクロソフトOfficeを使わなくてはいけない場合は特に注意が必要です。

 Officeを別で購入する

Officeソフトがインストールされていないパソコンを購入して、Officeを別に用意してインストールする方法です。

ショップによっては購入時にOfficeを選択して購入できるようにしているところもあります。

価格に関してはマイクロソフトOfficeであれば安くても2~3万円ぐらいです。

また、マイクロソフトの新サービスでOffice365という月額/年額ソフトも発売されています。

月額約1,300円で常に最新のOfficeのバーションとほぼすべてのアプリケーションが使用できます。

 互換ソフトを利用する

マイクロソフトのOfficeと同等の機能を持った別のソフトを使う方法です。

無料のソフトもあります。

特別な作業をしなければほぼマイクロソフトOfficeと同じ機能を使用することができます。

代表的なソフトを2つご紹介します。

Libreoffice

URL   https://ja.libreoffice.org/

無料で利用ができるOfficeソフトです。

Writer(Word)、Math(Wordの数式作成機能)、Calc(Excel)、Base(Access)、Impress(PowerPoint)、Draw(Visio)の6つの機能を使うことができます。

 

キングソフトOffice

URL http://www.kingsoft.jp/office/

有料のソフトですが、見た目がマイクロソフトのOfficeとほぼ同じ作りになっているので操作で戸惑うことも少ないです。

 

writer(Word)、SpreadSheets(Excel)、Presentation(PowerPoint)の3つのソフトに分かれています。

30日の無料体験版がありますのでまずは使ってみてから購入することが可能です。

 

 オンラインサービスを利用する

Office Onlineなどのオンラインサービスを使うことでソフトを用意することなくファイルを閲覧したり、簡単な編集を行ったりすることができます。

Office Onlineはマイクロソフトが提供しているのでソフトの互換性はすごく高いです。ただOffice Onlineでファイルを開くには、事前に自分のMicrosoftアカウントのOneDriveにアップロードしておく必要があります。

他には、Googleが提供するGoogleドキュメントがありますが、やはりこちらも一度Googleドライブにアップロードして閲覧、編集を行う形になります。

 

まとめ

コスト的に抑えられるはずだと思って購入した中古パソコンが、いざ使おうとしたらOfficeソフトが入っておらず、追加購入したら新品の価格とあまり変わらなかった。

そんなことにならないように購入時はOfficeソフトだけではなく自分が使いたいソフトがインストールされている商品なのか、されていないのであれば追加でどれだけ費用が掛かるのかしっかりチェックしましょう。

 

リングローでは中古パソコンの選定から必要なソフトのインストール、設定までトータルにサポートいたしますのでぜひ一度お問い合わせください。

リングロー株式会社

関連記事

移行アシスタント

WindowsからMacへ簡単にデータ移行しよう

パソコンを新しく購入すると、面倒なのがデータや設定の移行です。 移行アシスタントは、A

記事を読む

0099

タブレットパソコンがノートパソコンより優れているところ

日に日に新機種が登場するタブレットパソコンですが、まだ使用したことがない方も多くいるかと思い

記事を読む

R031

新型MacBookは普通に使えるのか?

2015年4月に新しくなった12インチMacBookが発売されて、半年以上が経過しました。

記事を読む

R089

7月29日までにWindows 10にアップグレードしておいた方が良い理由

世間では、勝手にパソコンがWindows 10にアップグレードされていたという話が話題になっ

記事を読む

0008

アウトレットパソコンのメリットと特徴

商品を安く買おうと思ったら、セール品のものやアウトレット品のものを探すことがあると思います。

記事を読む

a0002_010996

無料で使える代表的なWi-Fiスポットと利用上の注意点

   街中を飛んでいるWi-Fiには、会員登録(メールアドレスの登録)を行って利用す

記事を読む

0017

初心者向け!正しいデスクトップパソコンの選び方

   今回は、デスクトップパソコンを選ぶ時のポイントについて説明します。購入を検討さ

記事を読む

013

あとで泣かない!パソコンを買ったら必ず行いたい初期設定

   パソコンの初期設定には、初回起動時の設定と、快適で安全に使用するために必要

記事を読む

0010

CPUのベンチマークでパソコンの性能を知る

 パソコンを利用する中で、「ベンチマーク」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょう

記事を読む

0103

Windows 8の機能、「すべてを削除してWindowsを再インストールする」とは?

それまで使用していたパソコンを、買取りに出したり、廃棄したりする場合に気になるのはデータの消

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%e9%9b%91%e5%93%81
オフィスの端に放置されたOA機器を一掃するチャンス!1都3県でOA機器を0円回収いたします!

いよいよ今年も残すところわずかとなりました。  

dash3
ボタンひとつで商品が届く、Amazon dashBUTTONとは

家に居ながら、色々なものが購入出来るネット通販はとても便利です

r078
スティック型PCの選び方

スティック型PCやスティックPCと呼ばれる、超小型のパソコンが

r076
大容量フラッシュメモリーでデータを持ち運ぼう

気軽にデータを入れて持ち運べる、USBメモリーやSDカード等の

r079
古いアナログ音源をデジタル化して蘇らせるには

最近アナログレコードの人気が再燃してきているというニュースを見

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑