*

Windows 10の新機能と使えなくなる機能のまとめ

公開日: : 最終更新日:2016/09/29 PC導入・交換

win10b

6月18日の記事では、Microsoft(マイクロソフト)の次期OS「Windows 10(ウィンドウズ・テン)」の無償アップグレード予約について説明させていただきましたが、今回はWindows 10にすることで使えるようになる新機能と逆に使えなくなる機能についてお話ししたいと思います。

使えるようになる機能

Windows 10の新ブラウザーMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)

Windows 10では、インターネットブラウザーが新しくなりました。

以前@ringlogでも紹介しましたが、タッチスクリーンやマウスを使ってWEBページにメモを取ることが出来ます。

(マイクロソフトの次世代ブラウザーはMicrosoft Edge!!)

また、新しいブラウザーだとうまく表示できない場合もあるので、そんな時は今まで使っていたIE【インターネットエクスプローラ】を使うことが出来ます。

 

タスクビューでアプリを切り替える

今までアプリケーションを切り替えて使う時、キーボードでAlt+Tabを使って切り替えていたと思いますが、Windows 10では今開いているアプリケーションの一覧を表示してそこから選択できる機能が追加されました。

使い方は簡単。タスクバーにある[タスクビュー]ボタンをクリックします。起動中のアプリケーションが一覧表示されるので、切り替えたいアプリケーションをクリックします。

キーボードで操作する場合はWindows+Tabを押すことでタスクビューが開きます。あとは矢印キーで選択してEnterを押せば切り替わります。

 

仮想デスクトップを使って作業環境を切り分ける

仮想デスクトップ機能を使うと複数の作業を効率よく進めることが出来ます。

たとえば、インターネットで調べながらWordで資料を作る作業とメールを確認しながら
Excelで見積書を作成する作業を同時に行っている場合、1つのデスクトップに4つのアプリケーションが開いていることになりますよね。これだと作業が混乱する可能性があります。これを仮想デスクトップを使うことで

デスクトップ1 ブラウザーとWord

デスクトップ2 メールとExcel

というように作業ごとにアプリケーションを開いているデスクトップを増やして切り替えながら使うことが出来ます。

使い方は簡単で、先ほど紹介したタスクビューの画面右下の「新しいデスクトップ」をクリックすると画面下にデスクトップ1(今までのデスクトップ)とデスクトップ2(新しいデスクトップ)が表示されます。タスクビューを使ってアプリケーションの移動やデスクトップの切り替えを行うことが出来ます。

 

使えなくなる機能

Windows Media Center

テレビ機能が付いているパソコンでテレビを見たり録画したり、音楽を再生したりとさまざまなマルチメディアコンテンツを操作できるソフトです。Windows 10にアップデートするとこのソフトが削除されます。

ただ、テレビ機能が付いているパソコンだと別で再生・録画ソフトが付いていることが多いのであまり気にならないかもしれません。

DVD再生機能

Windows7では標準でDVD再生機能が付いていましたが、アップグレードすることでこちらも削除されるので別途DVD再生ソフトが必要になります。こちらも別の再生ソフトが入っている場合や無料のDVD再生ソフトで代用できそうなので問題ないかもしれません。

Windows7のガジェット

Windows8から既になくなってしまった機能ですが、デスクトップ上に天気やアナログ時計、ニュースなどを表示できるソフトが使えなくなります。

ソリティア、マインスイーパーなどのゲーム

今まで入っていたゲームが削除されてしまいます。もし使いたい場合はWindowsストアから新しいソリティア、マインスイーパーが無料でダウンロードできます。

 

まとめ

新しく追加された機能を使いこなすことで仕事を効率的に進められそうな気がしますね。

ただWindows 10で今使っているアプリケーションや機器が問題なく動作すればの話ですが。

使えなくなった機能もビジネス面から考えるとそこまで大きな影響はないと思われます。

他にも、Windows Updateのタイミングや更新するファイルの選択などの設定ができなくなったり(Windows 10HOME限定)、One Driveの仕様変更があったり、USBフロッピーディスクドライブが標準では使用できなくなったりしています。

Windows 10がリリースされると、こういった便利な機能や使えなくなる機能がより明確になっていくと思いますので、今後もWindows 10の情報を定期的にお伝えしていきたいと思います。

(出典:https://www.microsoft.com/JA-JP/windows

リングロー株式会社

関連記事

パソコンを導入するなら購入なのか、リースなのか

みなさんの会社では、業務で使用しているパソコンは、購入でしょうか?リースでしょうか? どちらか

記事を読む

インテル製CPUの種類と違い

   テレビのCMで、「インテル、入ってる?」というフレーズが記憶にある方も少なくな

記事を読む

アウトレットパソコンのメリットと特徴

商品を安く買おうと思ったら、セール品のものやアウトレット品のものを探すことがあると思います。

記事を読む

家庭用でも中古ビジネスパソコンを選ぶ5つのメリット

ビジネス用のパソコンを買おうと考えた時、新品や中古のビジネスモデルを選ぶ事は、ある意味当たり

記事を読む

ビジネス用のパソコンには静音パソコンを選ぼう

   会社でパソコンを使っていると、パソコンの稼働音が気になることはありませんか?

記事を読む

CPUのベンチマークでパソコンの性能を知る

パソコンを利用する中で、「ベンチマーク」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか

記事を読む

まだの方はすぐ対策を!サポート切れのOfficeを使い続ける危険性

  2014年4月にWindows XPのサポートが終了し、その際同時にマイクロソフ

記事を読む

パソコンの一括導入時のおすすめサービス

業務を効率化するためにパソコンを一括で入れ替えたい。 そんな時、一括導入をスムーズに行

記事を読む

ビジネス用ノートパソコンといえば?【Let’s Note編】

みなさんは、ビジネス用ノートパソコンと聞いて頭に思い浮かぶ機種があるでしょうか? Pa

記事を読む

パソコンを買い替えるタイミングって?

 日常生活・仕事の中でパソコンはもはや切っても切り離せない存在です。頻繁に使用するものだから

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

1903更新後、追加された顔文字と記号の入力方法

文字を打ち込む際、 以前の更新プログラムの「Windows10

1903更新後のポインターのカラー変更

前回は更新プログラムの「Windows10 Version 1

1903更新後のポインターの大きさの変更

前回までに、更新プログラムの「Windows10 Versio

1903更新後のテーマの変更

前回、1903の更新後にサイン画面の仕様が変わったことをご案内

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑