*

中古パソコンにWindows10をインストールしてみた

公開日: : 最終更新日:2015/07/30 PC導入・交換

中古Win10

前回、Windows 10導入に中古パソコンを提案させていただきましたが、実際の動作はどうだろうと思い、Windows 10の評価版をインストールしてみました。(執筆時点ではリリース前でしたので評価版をインストールしています。)

今回は、デバイスの確認とインターネット観覧、動画再生を行ってみました。

2005年発売モデルにインストール

まずは10年前のWindows XPのパソコンにインストールしてみました。

メモリの初期状態が512MBだったので2GBに増設して、元々入っていたWidows XPはすべて消してからインストールしました。

中古Win10-2

 

TOSHIBA Satellite J50

CPU PentiumM-1.73GHz

メモリ 512MB→2048MB

HDD 40GB

光学ドライブ DVD-ROM

液晶サイズ 15インチ

インストールOS

Windows 10 32Bit(評価版)

インストール作業自体は1時間かからず完了しました。しかし、サウンドと画面表示の部分が正常に認識していないようです。

中古Win10-3

 

サウンドドライバーはドライバーの自動更新を行ったところ無事正常に認識しました。グラフィックドライバーがWindows XPまでしか提供されていないため、パソコンに正常に認識させるには難しいかもしれません。この状態でも一応画面が表示され音も出ましたので、インターネットに接続しニュースを表示してみます。少しもたつく感はありましたが問題なく表示され、読むことはできました。

そして次はインターネットで動画の再生です。

こちらは、実用には耐えられないです・・・。再生はできたのですが、その間の操作をすぐは受け付けてくれません。タイムラグがあって操作はできるのですが、画面をフルスクリーンで表示した際、かなりカクカクした動画になってしまいました。これは、上に書いた画面表示が正常に認識してないのも原因かもしれませんが、やはりパソコンの性能不足が考えられます。

 

2009年発売モデルにインストール

次にWindows 7がインストールしてあるパソコンをWindows 10にしてみました。

こちらは、Windows 7で保存したデータを残したままWindows 10にアップグレードしました。

中古Win10-4

 

FUJITSU FMV-A8295

CPU Core2Duo(P8700)-2.53GHz

メモリ 4096MB

HDD 160GB

光学ドライブ DVD-ROM

液晶サイズ 15.4インチワイド

インストールOS

Windows 10 32Bit(評価版)

インストール作業自体は30分ほどで完了して、こちらも画面表示の部分が正常に認識していませんでしたがインターネットでドライバーの自動更新を行ったところ無事正常に認識しました。

中古Win10-5

 

こちらはインターネットでの動画再生もWindows 7の時と変わらず問題なく再生することが出来ました。

また、今回使用したこのパソコンはHDDに純正リカバリーデータがあるパソコンだったのですが、Windows 10にアップグレードした後にリカバリー作業を行ったところ無事Windows 7に戻すこともできました。

 

まとめ

やはり、10年前のパソコンですと、Windows 10は難しそうですね。ですがWindows 7が快適に動作している56年前のパソコンであればWindows 10にアップグレードしても動作が遅くなるということはないような感じでした。ただ、今回はすべての機能がほぼ自動で認識してくれましたが、パソコンによってはすべて自分で調べて設定しないと正常に動作しない可能性もあります。そうなると1日で作業が終わらない場合もありますので、Windows 10にするパソコンがしばらく使えなくてもよい状況と、作業できる時間の余裕がある時に行ったほうがいいですね。

Windows 10にした際に不安に思うことがあれば可能な限り、リングローがお力になりますので是非お問い合わせください。

リングロー株式会社

関連記事

コストが掛けられない、中小企業のセキュリティー対策

しばしばニュースで企業の情報漏えいが報じられます。今や、業務でインターネット接続は欠かせなく

記事を読む

MacでOffice系アプリケーションを使うための方法

   パソコンと言えばマイクロソフトのWindowsが一般的ですが、最近では

記事を読む

ビジネス用ノートパソコンといえば?【Let’s Note編】

みなさんは、ビジネス用ノートパソコンと聞いて頭に思い浮かぶ機種があるでしょうか? Pa

記事を読む

中古パソコンでOffice を使う方法

仕事でパソコンを使用する際、もっとも使われるソフトはOffice(オフィス)ソフトだと思いま

記事を読む

Windows 8の機能、「すべてを削除してWindowsを再インストールする」とは?

それまで使用していたパソコンを、買取りに出したり、廃棄したりする場合に気になるのはデータの消

記事を読む

スティック型PCの選び方

スティック型PCやスティックPCと呼ばれる、超小型のパソコンが初めに販売されたのは2014年

記事を読む

タッチパネル搭載パソコンのこんな使い方

最近ではタッチパネル搭載のパソコンや液晶モニターを家電量販店などでも多く見かけるようになって

記事を読む

おすすめ型落ちパソコンの見極め方

郊外にある、巨大なアウトレットモールもすっかり定着した感がありますね。 様々なブランドのアウト

記事を読む

WindowsからMacへ簡単にデータ移行しよう

パソコンを新しく購入すると、面倒なのがデータや設定の移行です。 移行アシスタントは、A

記事を読む

WindowsVistaの起動をより高速にする方法とは

Windows Vistaはデザイン重視のOSとして、見た目にこだわった作りになっています。その

記事を読む

Comment

  1. 坂井満月 より:

    こんにちは(゚▽゚)/(^-^*)/
    あたしも中古でSONYVAIO購入したんですが
    osがありませんwindowsxp
    対応のパソコンです
    windows10何処から入手するんですか?
    メール待ってます
    凄い人がおるなと感心しました

    • ringlog より:

      坂井様
      コメントありがとうございます。

      記事にありますWindows 10は「テクニカルプレビュー」と呼ばれる評価版で
      Windows 10リリース前にテストの為にインストールしたものです。

      Windows Insider Programに参加する
      Microsoftアカウントでサインインする
      Windows 10 Technical Previewを入手する

      という手順でダウンロードしております。

      現在は「windows10 enterprise 評価版」というものがダウンロード可能かと思います。

      通常に使用するのであればWindows 7がインストールされた中古パソコンからアップグレードすることをおすすめいたします。

      関連サイト
      https://insider.windows.com/Home/Index

      https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-10-enterprise

ringlog にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑