*

たまにはコマンド プロンプト【ping編】

公開日: : 最終更新日:2018/08/08 PC修理

chkdsk

以前、このブログでコマンド プロンプトの使い方をご紹介しました。

たまにはコマンド プロンプト【chkdsk編】

 

今回はコマンド プロンプトの第2弾として、「ping(ピン)」編をお届けいたします。

ネットワーク関係に障害が発生した場合、初めに使うのが「ping」ではないでしょうか。

 

「ping」の基本的な使い方をご紹介します。

 

pingコマンド

pingとはICMP(Internet Control Message Protocol(インターネット コントロール メッセージ プロトコル))のエコー要求メッセージを使用して、相手先(IPアドレスまたはホスト名)とネットワークが繋がっているかを確認するコマンドです。

 

具体的にはスタートメニューの「アクセサリ」からコマンド プロンプトを立ち上げて

「ping 【相手先のIPアドレス または ホスト名】」

と入力しエンターキーを押します。

 

ネットワークが正しく接続されていれば、応答が返って来ます。

応答が無い場合は、何らかの原因でネットワークに問題が生じている事になります。

 

例としてIPアドレス「192.168.1.10」にpingを送った場合

 

C:\Users\user>ping 192.168.1.10

 

192.168.1.10 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:

192.168.1.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

192.168.1.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

192.168.1.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

192.168.1.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

 

192.168.1.10 の ping 統計:

パケット数: 送信 = 4、 受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、

ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):

最小 = 0ms、 最大 = 0ms、 平均 = 0ms

 

と言った表示になり、パケットを4回送信して、4回受信しているので正しく接続されている事が分かります。

 

ネットワークのトラブルシューティング

実際にpingコマンドを使う場面として、「Webページの閲覧だけが出来ない」場合や「メールの送受信だけが出来ない」場合などが考えられます。

 

ネットワークのトラブルシューティングの手法は、近いところから遠いところへ、と言うのが基本になります。

 

手始めとしてpingの疎通確認でトラブルの範囲を確定していきます。

 

pingコマンドで疎通確認を行う場合

1. ping 127.0.0.1(ループバックアドレス)

2. 自身のIPアドレス

3. 同じネットワークにある他のパソコン

4. デフォルトゲートウェイ

5. リモートホスト

という順番でpingを送っていきます。

 

それぞれ

1.がだめな場合 → TCP/IPプロトコルが壊れている可能性がある。

2.がだめな場合 → LANポートが壊れている可能性がある。

3.がだめな場合 → ケーブルが断線している可能性がある。ハブが壊れている可能性がある。

4.がだめな場合 → ルーターがダウンしている可能性がある。

5.がだめな場合 → リモートホストがダウンしている可能性がある。

 

と言う様な事が分かります。

 

ネットワークのトラブルシューティングを行う場合、基本となるコマンドがpingになります。

 

まとめ

コマンド プロンプト活用の第2弾として「ping」コマンドをご紹介しました。

 

まずはループバックアドレスや自身のIPアドレスにpingを打ってみましょう。

 

自身のIPアドレスは「ipconfig(アイピー コンフィグ)」コマンドで知る事が出来ます。

 

次回はその「ipconfig」コマンドをご紹介します。

 

 

担当:鬼山

リングロー株式会社

関連記事

毎日使うものだからこそ!パソコンを簡単クリーニングしてみよう~内側編~

前回、パソコンにあまり詳しくない方でも普段から導入できる簡単クリーニング方法の外側編をご紹介

記事を読む

システムイメージを使ってパソコンを復元する方法

前回までお話しした、システムイメージの作成に続いて今回はその使い方について説明したいと思いま

記事を読む

ノートパソコンでマウスが動かない時の対処法

   ノートパソコンには、「タッチパッド」と呼ばれるポインティングデバイスが搭載され

記事を読む

徹底改善!PCをサクサクに高速化させる6つの方法

   PCは、現代人にとって必携のツールです。ほとんどの人が、自分のPCを持っている

記事を読む

システムイメージを作っておけばもしもの時に安心

前回、リカバリーディスクの作成についてお話ししましたが、リカバリーディスクが作れないパソコン

記事を読む

飲み物をパソコンにこぼしてしまった!咄嗟の対処法をご紹介

仕事やプライベートでもはや欠かせない存在となっているパソコン。連続で長時間使用することが多い

記事を読む

パソコンの動作を軽くする方法(Windows 7編)

みなさんはパソコンを使用している内に、なんとなく動作が重くなってきたと感じることはありますか

記事を読む

Windows 10を元のWindowsに戻す方法

Windows 10がリリースされてから1か月ほど経ちましたね。皆さんの周りにもWindow

記事を読む

リカバリーディスク作成のススメ

みなさん、パソコンをリカバリーした経験はありますか。 リカバリーとは、パソコンが起動し

記事を読む

Windowsパソコンのリフレッシュ方法

Windowsパソコンは、使用している内に余計なファイルが溜まってきたりして、だんだん動作が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

1903更新後、追加された顔文字と記号の入力方法

文字を打ち込む際、 以前の更新プログラムの「Windows10

1903更新後のポインターのカラー変更

前回は更新プログラムの「Windows10 Version 1

1903更新後のポインターの大きさの変更

前回までに、更新プログラムの「Windows10 Versio

1903更新後のテーマの変更

前回、1903の更新後にサイン画面の仕様が変わったことをご案内

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑