*

Wacomのペンタブレットで作品作りの幅を広げよう!

公開日: : 最終更新日:2016/05/17 OA機器

R035パソコンが普及してからというもの、写真を編集したり、絵を描いたり、動画を作ったり、音楽を編集したり……といった作品作りのツールはアナログからデジタルに移り変わってきました。

 

クリエイターの中で作品作りに欠かせないものといえば、ペンタブレットです。

 

特に写真の編集や絵を描く際には画面上のイメージに対して書き込んでいくような作業が多くなるので、マウスで作業するよりも非常に効率的です。

 

Wacom(ワコム)とは

ペンタブレットの大手といえば、Wacom(ワコム)です。

 

Wacomはペンタブレット関連を得意とし、初心者向けからプロ向けまで幅広い製品を取り扱う会社です。最近はクレジットカード払いの署名をWacomのペンタブレットで処理しているお店も多くなってきているので、普段作品作りをしないという方でも一度はWacom製品に触れたことがあるのではないでしょうか。

 

筆者のいち意見としては、ペンタブレットのメーカーで悩んでいる場合はWacom製品をおすすめします。

 

今やペンタブレットユーザーの80%以上がWacom製品を使用していると言われているだけあり、ネットで検索してみても「初心者ならWacom」という声が非常に多くヒットしてきます。家電量販店に行ってみてもペンタブレットエリアはほぼWacom製品が占めていますし、恐らく店員さんにもWacomをおすすめされると思います。(かく言う筆者も、Wacomのペンタブレットユーザーです。)

 

これだけ流通しているものなので、わからないことがあってもインターネットで調べると解決する事が多いのも魅力かと思います。

 

Intuos(インテュオス)シリーズについて

Wacomでは「Intuos(インテュオス)」を筆頭として「Banboo(バンブー)」、「Cintiq(シンティック)」等、人気のシリーズを扱っていますが、やはり一番人気はIntuosです。

 

Intuosは高性能が売りでプロの多くが使用するシリーズと言われています。

その分値段も少々張りますが、「初めに違うモデルを選んでも結局Intuosに買い替える人がほとんど」とも言われているほど、本格的な作品作りには欠かせないモデルのようです。

 

このIntuosには、現行モデルとして「Intuos Pro」と「Intuos Draw」、「Intuos Art」、「Intuos Photo」、「Intuos Comic」があります。「Intuos Draw」、「Intuos Art」、「Intuos Photo」、「Intuos Comic」に関しては9月11日に発売したばかりの次世代モデルです。こちらの詳細については次回の記事で詳しくご紹介します。

 

Wacomのペンタブレットには、筆圧に応じて線の強さ・太さに変化をつける「筆圧レベル」機能があります。従来機に当たるIntuos1~3は筆圧レベル1024とそれだけでも十分なのですが、Intuos4~5、Proは筆圧レベル2048と倍になっています。これにより、まるで紙に書いたかのようななめらかで繊細な線を引くことができるのが特徴です。よりアナログに近い書き味を求める方は、筆圧レベル2048の機種を選ぶようにすると良いと思います。

 

また、タッチ操作に対応していたり、タブレット本体に付いているボタンに「よく使う機能」を登録することでショートカットキーとして使用することができたり、オプションを付けることでワイヤレス使用ができたりと、作業効率を上げるための機能も多数搭載されています。

 

中古でペンタブレットを購入する場合

「Intuosを使用したいけれど、できる限り価格を抑えて導入したい」という方には中古のペンタブレットをおすすめします。

 

新品でIntuos ProのMサイズを購入すると約3万円(9月10日現在)ですが、中古だと2万円前後、型落ち品のIntuos4はLサイズで2万円前後、Intuos3のMサイズは1万円前後で手に入れることができます。(Intuos3と4はどちらも現在は生産終了となっています。なお、サイズによって値段は左右します。)

 

手軽にペンタブレットデビューをしたいという方は是非中古という選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回はWacomと、筆頭商品であるIntuosについてご紹介しました。

 

ペンタブレットと併せてペイントソフトや写真編集ソフトなどを取り入れることで作品作りの可能性はさらに広がります。

 

上記で名前を挙げた新製品「Intuos Draw」、「Intuos Art」、「Intuos Photo」、「Intuos Comic」はそれぞれ目的に合ったソフトがセットで販売されています。次回はこの4つの機種についてご紹介していきます。

(参照:http://www.wacom.com/ja-jp/products/pen-tablets/intuos-pro-medium

 

リングロー株式会社

関連記事

Wi-Fiが不安定で途切れてしまうときの対策まとめ

スマートフォンやタブレットPCが広く使われるようになった現在では、Wi-Fiでインターネット

記事を読む

PCに接続できるドライブの種類と特徴

     パソコンに接続できるドライブは、一昔前に比べるといくつかに集約された印象

記事を読む

無線LANの電波が届きにくい時は中継機を使おう!

  家庭でも職場でも、無線LAN環境がある事が、かなり浸透してきました。家庭や小

記事を読む

事前にチェック!査定でパソコンの買取価格を下げない秘訣

オフィスや自宅に使用しなくなったパソコンが放置されていませんか?無料回収という手段もあります

記事を読む

オフィス移転を機に電話も見直してみよう

オフィスで使用している電話は、一般的にはビジネスホンと呼ばれる業務用のもので、家庭用電話とは異な

記事を読む

USBハブ付きのおすすめ製品の紹介

パソコンを使用する上で何かと出てくるUSB機器ですが、近年では様々なUSB機器の登場や充電利

記事を読む

フロッピーディスクを発明したのは誰なのか?

先日、所用でさいたま地方法務局を訪れたとき、「商業・法人登記申請及び電子証明書発行請求におけ

記事を読む

信頼性でSDカードを選ぶなら

デジカメでの撮影などで欠かせないのがSDカードですが、皆さまは普段、どの様に選んでいるでしょ

記事を読む

次期MacBookの気になるウワサ。12インチMacBook Stealth!?

その昔は一部の熱烈なマニアの間や音楽、デザイン業界等で使われていたApple製品ですが、iM

記事を読む

気づいた時には・・・勝手に減るCドライブの空き容量、その理由と容量確保の方法

パソコンを使っていて、あれこれとアプリケーションをインストールしたり、写真や動画のデータを保

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑