*

Wacomのペンタブレットで作品作りの幅を広げよう!(Intuos編)

公開日: : 最終更新日:2018/08/08 OA機器

R040

前回、Wacom(ワコム)のペンタブレットについてご紹介しましたが、今回は9月11日に発売されたばかりの「Intuos(インテュオス)」シリーズについて取り上げたいと思います。

 

IntuosとIntuos Proの違いとは?

前回も少しご紹介したIntuosですが、こちらは上級者向け製品の「Intuos Pro(インテュオスプロ)」とは異なり、初級~中級者向けの製品です。筆圧レベルも1012とIntuos Proの半分程で、価格も抑えめとなっています。

 

オプションでワイヤレス機能も搭載しているので、ACアダプターやマウス、スマホの充電とコード類で混雑しやすいパソコン周りをすっきりさせることができるのも魅力的ですね。

 

これまで初級~中級者向けのWacom製品といえば「Bamboo(バンブー)」シリーズでしたが、2013年9月にIntuosブランドに統合されました。

(ただし、これによりBambooが完全に廃止されたというわけではなく、現在も「Bamboo Spark(バンブースパーク)」という、手書きのメモや図形を瞬時にデジタル化して共有できるスマートフォリオを展開しています。)

 

また、統合の際、それまで上級者向けとして発売されていたIntuosがIntuos Proと改称されました。

 

それ以前まではIntuosとしてシリーズ展開していたので、従来機の「Intuos」や「Intuos5」はIntuos Proの系列に該当しますので少しややこしいかもしれません。今後、中古でIntuosの製品名称を目にした際は、上級者向けのIntuos Pro(旧Intuos)なのか、初級~中級者向けのIntuos(旧Bamboo)なのかしっかり見分ける必要がありそうです。(なお、Intuosの従来機は生産終了となっています。)

 

新生Intuosシリーズについて

9月11日に発売されたIntuosシリーズは、同梱されるソフトによって4つのシリーズで展開しています。

 

Intuos Draw

R040draw

 

【参照:http://store.wacom.jp/detail/2860

 

「Intuos Draw(インテュオス ドロー)」は手軽にペンタブレットを導入してみたい方向けの製品です。

 

油絵風の作品を描くことのできる「ArtRage Lite(アートレイジ ライト)」が同梱されているので、すぐに本格的なイラストを描くことができます。こちらはSサイズのみ、色はホワイトとミントブルーの2種類です。タッチ機能は搭載されていません。

 

Intuos Art

R040art

 

【参照:http://store.wacom.jp/detail/2861

 

「Intuos Art(インテュオス アート)」は絵画調の作品を描きたい方向けの製品です。

 

豊富なペイントスタイルとブラシを選択することができる「Corel Painter Essentials(コーレル ペインター エッセンシャル)」を無償ダウンロードすることができるので、プロのような本格的なタッチでイラストを仕上げたい方におすすめです。サイズ展開はS/Mで色はブラックとミントブルーの2種類、タッチ機能も搭載されています。

 

Intuos Photo

R040photo

 

【参照:http://store.wacom.jp/detail/2869

 

「Intuos Photo(インテュオス フォト)」は写真の加工を本格的に行いたい方向けの製品です。

 

Windows向けソフト「Corel PaintShop Pro(コーレル ペイントショップ プロ)」と「Corel AfterShot Pro(コーレル アフターショット プロ)」、Mac向けソフトの「Macphun Pro package(マッフンプロ パッケージ)」と「Corel AfterShot(コーレル アフターショット)」を無償ダウンロードすることができ、一眼レフカメラやデジタルカメラで撮影した写真以外にも、スマホで撮影した写真も手軽に加工して楽しめます。Sサイズのみの展開でタッチ機能が搭載されています。色はブラックの1種類です。

 

Intuos Comic

R040comic

 

【参照:http://store.wacom.jp/detail/2865

 

「Intuos Comic(インテュオス コミック)」は漫画やイラストを描きたい方向けの製品です。

 

プロも多く使用する「CLIP STUDIO PAINT PRO(クリップ スタジオ ペイント プロ)」を無償ダウンロードすることで、本格的な漫画だけでなくカラーイラストも描くことができます。サイズはS/Mの2展開で、タッチ機能が搭載されています。色はブラックとミントブルーの2種類です。

 

まとめ

今回のIntuosシリーズはこれまでのBambooシリーズを彷彿とさせるラインナップとなりました。(Bambooも数年前までは用途に合わせたソフトをセットにして「Bamboo Fun(バンブー ファン)」や「Bamboo Comic(バンブー コミック)」といった形で発売していました。)

 

初めてペンタブレットを導入する際はどれを選んだら良いか悩みがちですが、やりたいことや欲しいソフトによって購入するシリーズを選択すると良いでしょう。タッチ機能は特に必要ない、値段を抑えたいという場合は、最も安価なIntuos Drawがおすすめです。

 

また、既に別で使用したいソフトが決まっていてさらに価格を抑えたいという場合は、Bambooシリーズで全くソフトが同梱されていない「Bamboo」と「Bamboo Pen(バンブーペン)」を中古で探してみるという手段もあります。この2台の違いとしては、Bambooがタッチ機能あり、ショートカットボタンありに対し、Bamboo Penはタッチ機能もショートカットボタンも付いていません。

 

使っているうちに欲しくなってくる機能もあるので、どこまで妥協するのかはよく検討してから購入するようにしましょう。

 

WacomではIntuosシリーズ以外にも、液晶ペンタブレットタイプのCintiq(シンティック)シリーズも人気です。

次回はCintiqシリーズについてご紹介していきます。

【参照:http://www.wacom.com/ja-jp/news-and-events/japan/2015/jp-1142

 

 

担当:蓮実

リングロー株式会社

関連記事

パソコンをもっと快適に使う!おすすめ便利グッズとは

仕事にプライベートに、パソコンを活用されている方も多いでしょう。毎日のように使うパソコンだか

記事を読む

中古モバイルパソコンのすすめ

自宅でも外出先でも持ち運んで使えるパソコンが欲しいと思った時、やはり気になるのは持ち運ぶノー

記事を読む

心機一転!オフィス移転時の注意点【複合機編】

オフィス移転は何かと手続きが多く、非常に骨の折れる仕事となります。 様々な視点で、様々

記事を読む

あなたの事業に最適な特徴を持つ富士ゼロックス複合機の実力

   複合機の大手メーカー、富士ゼロックス。    富士ゼロックスの複

記事を読む

ネットワーク構成図を描こう!

みなさんの会社にはネットワーク構成図があるでしょうか? パソコンやインターネットの利用

記事を読む

古いアナログ音源をデジタル化して蘇らせるには

最近アナログレコードの人気が再燃してきているというニュースを見聞きする様になりました。

記事を読む

意外と知らないブラザープリンタの特徴とは?

   プリンタに求められる機能は、その使用用途によって変わってきます。プリンタは、Canonや

記事を読む

ダブルクリックが出来ないと嘆く前に

パソコンが苦手という方の中には、ダブルクリックが苦手、あるいは出来ないと言う方も多いのではな

記事を読む

オフィス移転を機に電話も見直してみよう

オフィスで使用している電話は、一般的にはビジネスホンと呼ばれる業務用のもので、家庭用電話とは異な

記事を読む

未来技術遺産に選ばれた3台のパソコン

この度、PC-8001とMZ-80K、MB-6890が見事、未来技術遺産に選ばれました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Microsoft Edgeのタブに小さな画面が表示される

皆さんはインターネット使用中にどこかを押してしまったのか、「M

システム復元の方法

前回、作成した復元ポイントを使って、今回はシステム復元する方法

復元ポイントの作成方法

パソコンを使用していると、更新等のシステムの変更によってシステ

ロック画面の背景の変更方法

パソコンの電源を入れて起動している途中で風景のようなお写真の画

デスクトップ画面の背景の変更方法

デスクトップの背景を気分転換に別の画像に変更したい時ってありま

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑