*

未来技術遺産に選ばれた3台のパソコン

公開日: : 最終更新日:2015/11/04 OA機器

R039

この度、PC-8001とMZ-80K、MB-6890が見事、未来技術遺産に選ばれました。

と言っても、何の事か分からない方がほとんどでしょう。

 

今回はこの未来技術遺産と、2015年登録の3台の初期型パソコンをご紹介します。

 

 

未来技術遺産

正式には重要科学技術史資料と言って、2008年から毎年、国立科学博物館が登録をしている文化財の事をさします。

 

国立科学博物館のプレスリリースによると

 

国立科学博物館では、「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承 していく上で重要な意義を持つ科学技術史資料」及び「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えた科学技術史資料」の保存と活用を図るために、関係する工業会及び学協会と協力して、調査研究活動を従来から行ってまいりました。

これらの資料は、近年の科学技術の急速な発展、技術革新や産業構造の変化の中でその本来の意義が見失われ、急速に失われようとしています。

国立科学博物館では、このような資料の保存を図るとともに、科学技術を担ってきた先人たちの経験を次世代に継承していくことを目的として、重要科学技 術史資料の登録制度を平成20年度より実施しており、これまでに184 件の資料を登録し、今回新たに25件の資料を登録いたします。

http://www.kahaku.go.jp/procedure/press/pdf/79486.pdf

 

今年で第209号までが登録されました。

 

 

国産初期型8ビットパーソナルコンピュータ

今回、未来技術遺産として登録されたのは、NECのPC-8001、シャープのMZ-80K、そして日立のMB-6890の3台です。

 

R039-1

NEC PC-8001

(出展元:http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/339/339749/

 

メモリは32KB程度で記録装置としてカセットテープを備えていました。

CPU動作クロックも2MHzくらいなので、現在のパソコンと比べれば桁違いですね。35年の月日の流れを感じます。

 

当時はパソコンというより「マイコン」と言う呼び方の方が一般的だったと思います。

家庭向けパソコンの歴史は70年代後半から80年代初頭の、こうした8ビットパソコンから始まっています。

 

日本語を扱うのは8ビットパソコンでは難しく、実用というよりは、専らゲーム機として使われていたものが多かったのではないでしょうか。

 

 

まとめ

2015年度に登録された未来技術遺産の中から、国産初期型8ビットパソコンをご紹介しました。

 

その他にはソニーのAIBOや、富士フイルムの世界初の高感度カラーネガフイルム、パイオニアのレーザーディスクなどが登録されました。

 

国立科学博物館が運営する、産業技術史資料情報センターに詳しく掲載されていますので、ご覧になると、それぞれ懐かしいと感じるものが見つかるのではないでしょうか。

http://sts.kahaku.go.jp/index.php

リングロー株式会社

関連記事

アスペクト比1:1の液晶ディスプレイの使い道

かつて、一般的なアスペクト比は4:3でした。最近では16:9のワイド画面が多くなってきていま

記事を読む

Amazonのパソコン周辺機器カテゴリ別ランキング

パソコンをより快適に使いやすくしてくれる周辺機器ですが、一言に周辺機器と言っても様々な種類が

記事を読む

知らなきゃ損!?あると便利なおススメ周辺機器

  「一家に一台」から「一人に一台」へと市民権を得たパソコンですが、持っているからに

記事を読む

CPUのベンチマークでパソコンの性能を知る

パソコンを利用する中で、「ベンチマーク」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょ

記事を読む

フロッピーディスクを発明したのは誰なのか?

先日、所用でさいたま地方法務局を訪れたとき、「商業・法人登記申請及び電子証明書発行請求におけ

記事を読む

標的型攻撃メール対策、怪しいメールは開くなと言うけれど・・・

「怪しいメールや、心当たりが無い添付ファイルは開かない」というのは、そろそろ耳にタコが出来る

記事を読む

実は違うEPSONとcanon、インクジェットプリンターの仕組み

オフィスでは、レーザープリンターを使用するのが一般的ですが、家庭では圧倒的にインクジェットプ

記事を読む

Wacomのペンタブレットで作品作りの幅を広げよう!

パソコンが普及してからというもの、写真を編集したり、絵を描いたり、動画を作ったり、音楽を編集したり…

記事を読む

仕事中に活用したい!パソコン周りの便利グッズ【ほっと休息編!】

先日更新した記事では「バリバリ仕事をする中で活用したい便利グッズ」をご紹介しました。 でも、バ

記事を読む

信頼性でSDカードを選ぶなら

デジカメでの撮影などで欠かせないのがSDカードですが、皆さまは普段、どの様に選んでいるでしょ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑