*

acerの新しいWindows 10搭載パソコンはデータ復旧サービス付き

公開日: : 最終更新日:2018/08/08 PC導入・交換

0088

 

各社から、Windows 10をプリインストールしたパソコンが発売され始めています。

台湾のパソコンメーカー、acer(エイサー)からも、15インチのスタンダードノートパソコンなど5機種が発売されています。

 

今回はacerのWindows 10搭載パソコンをご紹介します。

 

acer(エイサー)

acerは台湾に本社がある、パソコン及び関連機器メーカー企業グループです。

設立は1976年ですから、意外と古いメーカーですね。日本では1988年に日本法人が設立されています。2008年以降のネットブックブームの頃に一気に知名度を上げました。

その為、日本では低価格路線のイメージが強いです。

 

Windows 10搭載パソコンのラインアップ

E5シリーズ スタンダードパソコン

E5-574、E5-573、E5-532と3つのモデルがあります。液晶サイズは15.6インチです。

CPUとHDD容量がそれぞれ違い、中間の573で、CPUがCore i 3、メモリー4GBでHDD500GB、Kingsoft Office付きといった内容になります。

 

R3シリーズ 2in1パソコン

液晶サイズが11.6インチで、画面が360度回転してタブレットの様に使用出来る、所謂2in1と呼ばれるモデルです。

CPUこそCeleron Dual-Coreとなりますが、メモリー4GB、HDD500GBで5万5千円程度の実売価格となりますので、値ごろ感のあるモデルです。

 

ES1シリーズ

Amazon限定モデルのES1シリーズにもES1-531というWindows 10搭載モデルがあります。E5-532とほぼ同等ですが、無線LANがスペックダウンしています。無線LANの速度を重視しなければ、5万円を切る価格で、新品Windows 10パソコンを手に入れる事が出来ます。

 

データ復旧安心サービス

上記のいずれのモデルも、購入後30日以内にユーザー登録をすれば、1年間有効なデータ復旧安心サービスというサービスを受ける事が出来ます。

データ復旧安心サービスとは、購入日から1年以内ならば、HDDの倫理障害1回、物理障害1回の計2回まで、データ復旧サービスが受けられるというものです。

 

倫理障害とは「ハードディスクに記録されたデータをうっかり消去してしまったり、ウィルス感染やファイル消失、システム異常などが原因で読み取れなくなってしまったりする状態」

物理障害とは「ハードディスクの磁気ヘッドやディスクに機械的・電気的な破損や障害、ハードディスクの故障(異音がするなど)によりデータが読み込めない状態」

と説明されています。

 

データをうっかり消去してしまう事はありそうですし、初期不良でHDDが故障してしまう可能性もありますので、1回10万~30万円の費用がかかるサービスを受けられるのは安心感がありますね。

 

データ復旧の作業は日本データ復旧サービスセンターというところが、業務委託を受けて行います。

有名なデータ復旧ソフトである「ファイナルデータ」を開発しているところですので、技術力は高いと言えます。

データの復旧率は94パーセントと発表されています。

 

まとめ

acerのWindows 10搭載パソコン5機種をご紹介しました。

スペックは取り立てて注目すべきところは無いと言えますが、Officeソフトやデータ復旧も含めた、コストパフォーマンスはなかなか高いと思います。

 

ただし、実際に1年以内にデータ復旧サービスを受ける可能性は、それ程高く無いでしょうから、そのあたりをどう判断するかで、評価は変わってくるのかも知れません。

 

また、ご存知のようにWindows 8.1からWindows 10へのアップグレードは無料ですから、まだ在庫があるうちにWindows 8.1搭載モデルを狙うというのも「アリ」でしょう。

もちろん1年間有効のデータ復旧安心サービスも付いてきます。

 

acerのデータ復旧サービス付きパソコンに興味を持った方は、価格.comやAmazonなどのサイトで価格とスペックを比較してみましょう。

 

(出典元: http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/series/aspire-e

 

 

担当:鬼山

リングロー株式会社

関連記事

7月29日までにWindows 10にアップグレードしておいた方が良い理由

世間では、勝手にパソコンがWindows 10にアップグレードされていたという話が話題になっ

記事を読む

どっちが良い?PC購入時のHDDとSSDの違いと選び方

   パソコンにデータを保存する記録装置と言えば「HDD」(ハードディスクドライブ)が一般的で

記事を読む

アウトレットパソコンのメリットと特徴

商品を安く買おうと思ったら、セール品のものやアウトレット品のものを探すことがあると思います。

記事を読む

Windows 10にアップグレードするとタッチパッドの一部機能が使えなくなる問題

Windows 10無償アップグレードの期限が過ぎましたが、アップグレードした後、不具合は出

記事を読む

Windows 8の機能、「すべてを削除してWindowsを再インストールする」とは?

それまで使用していたパソコンを、買取りに出したり、廃棄したりする場合に気になるのはデータの消

記事を読む

パソコンの一括導入時のおすすめサービス

業務を効率化するためにパソコンを一括で入れ替えたい。 そんな時、一括導入をスムーズに行

記事を読む

激安中古パソコンを購入する際の注意点

パソコンの購入を考えるとき、みなさんの予算はどのくらいでしょうか? 一般的に新品ノートパソコン

記事を読む

たためるパソコン、KINGJIMポータブック

KINGJIM(キングジム)と言えば、オフィスでは定番のテプラを思い浮かべる方が多いでしょう

記事を読む

中小企業やスモールオフィスにもサーバーを導入しよう!

従業員が25名以下の、スモールオフィスにおいて、サーバーが必要かどうかは、しばしば議論に上が

記事を読む

MacでOffice系アプリケーションを使うための方法

   パソコンと言えばマイクロソフトのWindowsが一般的ですが、最近では

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

1903更新後、追加された顔文字と記号の入力方法

文字を打ち込む際、 以前の更新プログラムの「Windows10

1903更新後のポインターのカラー変更

前回は更新プログラムの「Windows10 Version 1

1903更新後のポインターの大きさの変更

前回までに、更新プログラムの「Windows10 Versio

1903更新後のテーマの変更

前回、1903の更新後にサイン画面の仕様が変わったことをご案内

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑