*

実は違うEPSONとcanon、インクジェットプリンターの仕組み

公開日: : 最終更新日:2016/06/14 OA機器

R027

オフィスでは、レーザープリンターを使用するのが一般的ですが、家庭では圧倒的にインクジェットプリンターを使用していると思います。

 

家庭用インクジェットプリンターの2大メーカーといえばEPSON(エプソン)とcanon(キヤノン)ですが、実はひとくちにインクジェットプリンターといっても印刷の仕組みは2社で異なっています。

 

今回は普段は意識する事の無い、インクジェットプリンターの仕組みに迫ります。

 

 

EPSONの採用するピエゾ方式

EPSONの販売するインクジェットプリンターではインクを噴射する仕組みに、ピエゾ方式が採用されています。

R027_1

http://www.epson.jp/technology/topics/201306_3.htm

 

ピエゾ方式で使用される、ピエゾ素子(圧電素子)は、電圧を加えると収縮する性質をもっていて、この性質を利用してインクを噴射しています。

この方式の特徴は後述するサーマル方式と違い、熱を利用しないので、使用するインクの自由度が高いということと、耐久性に優れていることが挙げられます。

EPSONではこれを「マイクロピエゾテクノロジー」と呼んでいて、実際に染料系のインクだけでなく、顔料系や溶剤系のインクを使用したプリンターを展開しています。

 

canonの採用するサーマル方式

対するcanonのインクジェットプリンターではサーマル方式を採用しています。

R027_2

http://web.canon.jp/technology/now/output/ijp.html

 

サーマル方式とは、インクを加熱して気泡を発生させて、その力でインクを噴射する方式です。

気泡が出来る事から、canonでは「バブルジェット」と呼んでいます。

特徴はヘッド構造を比較的単純にする事が出来るので、高速化や高密度化を図りやすいというところにあります。

 

どちらが良いのか?

方式こそは違いますが、2社とも速く、美しく印刷する為に研究開発をしてきていますので、印刷結果だけを見て、どちらの方式か判別する事は難しいでしょう。

純正の交換インクを使用していく上では、ピエゾ方式の特徴であるインクの自由度というのも、メリットにはならないでしょうから、実用上はどちらの方式を使用していても困る事は少ないと思います。

 

また、一般的には染料系のインクは写真向き、顔料系のインクは文字向きと言われていますが、EPSON、canon両社とも、プロ向けの写真用プリンターフラッグシップ機には顔料系のインクを採用しています。

顔料系のインクは黒や、暗部の表現に優れているので、その様な選択になっているのでしょう。

 

 

まとめ

EPSONのピエゾ方式、canonのサーマル方式、それぞれにメリット、デメリットはありますが、使用する上ではほとんど意識する事は無いでしょう。

 

ひと昔前であれば、モデルによって印刷速度や印刷結果に違いが見られましたが、今ではあまり変わらなくなっている様に感じます。

店頭で見比べてみて、気に入ったものを購入すれば良いでしょう。

 

また、どちらの方式であっても、インクの目詰まりを防止する為には、1年に1回、年賀状の印刷だけではなく、たまに電源を入れて、印刷をする様にしましょう。

やはり、機械は使わない事が一番の故障の原因になります。

リングロー株式会社

関連記事

意外と知らないブラザープリンタの特徴とは?

   プリンタに求められる機能は、その使用用途によって変わってきます。プリンタは、Canonや

記事を読む

どんなパソコンでもWi-Fiが使える!USB型Wi-Fi子機

ここ何年かに発売されたノートパソコンであれば、ほとんどの機種にWi-Fi機能が搭載されていま

記事を読む

心機一転!オフィス移転時の注意点【複合機編】

オフィス移転は何かと手続きが多く、非常に骨の折れる仕事となります。 様々な視点で、様々

記事を読む

PCに接続できるドライブの種類と特徴

     パソコンに接続できるドライブは、一昔前に比べるといくつかに集約された印象

記事を読む

あなたの事業に最適な特徴を持つ富士ゼロックス複合機の実力

   複合機の大手メーカー、富士ゼロックス。    富士ゼロックスの複

記事を読む

事前にチェック!査定でパソコンの買取価格を下げない秘訣

オフィスや自宅に使用しなくなったパソコンが放置されていませんか?無料回収という手段もあります

記事を読む

ファックスを自動でデータ化して社内で共有しよう

電子メールが普及し、一般家庭ではその役目を終えた感のあるFAX(ファックス)ですが、まだまだ、業

記事を読む

USBハブ付きのおすすめ製品の紹介

パソコンを使用する上で何かと出てくるUSB機器ですが、近年では様々なUSB機器の登場や充電利

記事を読む

パソコン新旧比較、してみました

弊社では、使わなくなったパソコンを無料で回収しております。 もし処分に困ったパソコンを

記事を読む

オフィス移転を機に電話も見直してみよう

オフィスで使用している電話は、一般的にはビジネスホンと呼ばれる業務用のもので、家庭用電話とは異な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑