*

アスペクト比1:1の液晶ディスプレイの使い道

公開日: : 最終更新日:2016/03/02 OA機器

R036

かつて、一般的なアスペクト比は4:3でした。最近では16:9のワイド画面が多くなってきています。

横長の画面は、映画を観るには最適ですが、仕事をしていて縦方向が足りないと感じた事がある方もいるでしょう。

 

そんな不満を解消してくれるアスペクト比1:1の正方形ディスプレイがあります。

それが、EIZO(エイゾー)のFlexScan(フレックススキャン)EV2730Qです。

 

今回はこの世にも珍しい、正方形ディスプレイをご紹介します。

 

 

アスペクト比とは?

アスペクト比とはディスプレイの横と縦の比率を表したものです。前述の様に最近は16:9などのワイド画面が一般的になっています。

4:3のディスプレイをスクエア型と呼んだりもしますが、正方形ではなく、縦よりも横が長いのが通常のディスプレイです。

 

元々はテレビのアスペクト比が4:3であり、デジタル放送の開始に伴い、テレビ画面が16:9になりました。

パソコンでは4:3、16:9以外のアスペクト比のディスプレイもありますが、多くはテレビ画面に倣い、4:3か16:9のアスペクト比を採用しています。

 

 

EIZO株式会社

元々は株式会社ナナオのブランドのひとつであった「EIZO」ですが、2013年4月に「EIZO株式会社」に商号変更をしています。

EIZOのディスプレイは価格は高めですが、その価格に見合った高品質の商品を販売しており、「EIZO」ブランドは高品質ディスプレイの代名詞です。

Meaning_of_EIZO_Emblem_jp

 

正方形ディスプレイの使い道

過去にもデジタルサイネージ(モニターを使用した看板)用途では正方形のディスプレイがありましたが、一般的な用途のディスプレイとしては初の1:1ディスプレイがEV2730Qです。

product_photo_01

 

基本的なスペックは

画面サイズ 26.5インチ

アスペクト比 1:1

画面解像度 1920×1920

広視野角ISPパネル

オーバードライブ回路搭載

ブルーライトカット機能搭載

 

となっています。

 

EIZOのサイトに掲載されている活用例は、「複数のファイルを同時に表示する」「縦に長い文書を表示する」「地図を表示する」「写真の編集をする」などです。

 

地図表示は、南北に移動する場合に見やすく感じると思います。また、「半径〇キロメートルの範囲を確認する」といった場合も左右に無駄がなくて効率が良いです。

 

横にも縦にも1920の解像度を確保してあるので、横に撮った写真と縦に撮った写真が混ざった状態で、写真を編集したりする場合には、横も縦も同じ様に表示出来る、正方形ディスプレイは非常に重宝するでしょう。

 

 

まとめ

画面の表示領域を広げるには、液晶ディスプレイを2台接続する方法もあります。ワイド液晶を縦に2台設置すれば同等の表示領域を確保出来るでしょう。

しかし、アームを利用しなければなりませんし、設置場所も大きくとります。

 

対してEIZOの2730Qは横幅は24インチワイド液晶と同程度で縦方向に長いので、設置場所は思ったよりとりません。

 

実売価格は12万前後で、かなり高額な部類に入りますので、誰にでもおすすめ出来るモデルではありませんが、このディスプレイを使う事で、作業効率がぐっと上がる方は意外に多いかもしれません。

 

お使いのディスプレイの縦方向の表示領域に不満がある方は、選択肢に加えてみてはいかがでしょう。

(出典元: http://www.eizo.co.jp/products/lcd/ev2730q/index.html

リングロー株式会社

関連記事

信頼性でSDカードを選ぶなら

デジカメでの撮影などで欠かせないのがSDカードですが、皆さまは普段、どの様に選んでいるでしょ

記事を読む

もはやデータ保存だけじゃない!?おもしろUSBメモリー事情

最近のパソコンには必ずUSBポートが搭載されていますね。USBメモリーは軽くて持ち運びも楽ち

記事を読む

俗に言う「パソコンの性能」とは何で決まるかご存知ですか?

お客様にパソコンのご提案をしているとたまに、「このパソコンは性能が良いものですか?」とざっく

記事を読む

次期MacBookの気になるウワサ。12インチMacBook Stealth!?

その昔は一部の熱烈なマニアの間や音楽、デザイン業界等で使われていたApple製品ですが、iM

記事を読む

未来技術遺産に選ばれた3台のパソコン

この度、PC-8001とMZ-80K、MB-6890が見事、未来技術遺産に選ばれました。

記事を読む

パソコンパーツも中古を活用しよう

中古車や中古バイク、中古住宅などは一般的でも、中古パソコンの知名度はまだまだかも知れません。

記事を読む

フロッピーディスクを発明したのは誰なのか?

先日、所用でさいたま地方法務局を訪れたとき、「商業・法人登記申請及び電子証明書発行請求におけ

記事を読む

心機一転!オフィス移転時の注意点【複合機編】

オフィス移転は何かと手続きが多く、非常に骨の折れる仕事となります。 様々な視点で、様々

記事を読む

[保存版]メーカー別プリンタードライバーURL一覧と、各社の特徴

   パソコンでプリンターを利用する際に必ず必要となるのが、プリンター専用のドラ

記事を読む

離席時にはスクリーンロックをしよう!

その昔、パソコンのモニターにブラウン管を使用していた時代は、画面の焼き付き防止にスクリーンセーバ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でCD,DVDが認識されなくなってしまった場合の対処法①

パソコンが1台あれば、専用のDVDプレイヤーやCDコンポがなく

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法③

前回は、パーティションを変更するためのフリーソフトを使って、容

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法②

前回は、パーティションを変更するためのフリーソフトのインストー

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法①

Cドライブの容量がいっぱいになってしまったときの対処法として、

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑