*

容量無制限なのに無料、googleフォトの魅力

公開日: : 最終更新日:2016/03/07 クラウド

google_photos_app_icon-450x450

デジカメやスマホで撮影した写真、みなさんはどの様に管理しているでしょうか。

たまにスマホで写真を撮るくらいであれば、そのままスマホに保存しているという場合もあると思います。

逆によくスマホで写真を撮る方や、趣味で写真を撮っている方は、撮った写真をパソコンに移動していると思います。

 

そこで気になるのが容量で、最近の高画素な写真ではすぐにハードディスクがいっぱいになってしまいます。

 

そんな時、活用出来るのがクラウド上に写真をバックアップ出来るフォトストレージサービスです。

いくつかサービスがありますが、googleが提供しているのが「googleフォト」です。

 

今回はこの「googleフォト」の内容と魅力をご紹介します。

 

googleフォト

googleが提供するフォトストレージサービスである「googleフォト」の最大の特徴は1600万画素までの写真であれば容量無制限でバックアップ出来る事です。

他のフォトストレージサービスは容量が10GB前後の無料サービスが多く、バックアップする写真を選ぶ必要がありました。

さらに多くの容量を望む場合は、有料サービスを選ぶしかありませんでした。

 

その点、googleフォトは無料で無制限なので、容量を気にする事なく撮った写真を全てバックアップ出来ます。

ただし、バックアップする写真は元のデータではなく、google独自の方式で再圧縮されます。

また、1600万画素以上の写真は自動で、1600万画素以下にリサイズされる事になります。

 

厳密に言うと画質は劣化する事になりますが、パソコンやスマホで見る限りではほとんど気づかないレベルであると言えます。

 

また、データ量が減っているために、表示が速くなるというメリットもあります。

 

画質を重視する場合は、RAWデータを含む、元のデータのままバックアップする事も可能ですが、その場合はgoogleドライブの容量(15GB)を使用する事になります。

 

設定では「高品質」と「元のサイズ」から選びますが、おすすめは無制限の「高品質」です。

 

便利な自動機能

googleフォトは、ブラウザーを起動して利用する他に、専用アプリをインストールして利用する事も出来ます。

Windows、Mac OS、Android、iOS、それぞれにアプリがありますので、ダウンロードしてインストールすると、写真を自動でバックアップする事が出来ます。

 

さらにバックアップした写真は自動で整理され、人物や場所、物などで分類されます。

 

また、「アシスタント」という項目を見てみると、日付や場所などで関連付けされた写真を見る事が出来ます。

「この日の思い出を見てみよう」や「新しいストーリー」と題された一連の写真を見ると、適当に撮った写真でも、何だかひとつの作品を見ている様です。

 

「新しいムービー」として写真や動画を組み合わせた30秒から1分程度のショートムービーも自動で作成されます。

気に入ったものは改めてライブラリに保存する事も出来ます。

 

全て自動で作成されますので、中には「?」と思える写真も混ざったりはしますが、手軽に写真を保存、整理出来る方法としては、なかなか秀逸ではないでしょうか。

 

 

まとめ

無料で容量無制限、しかも簡単に写真がバックアップ出来るフォトストレージサービス「googleフォト」をご紹介しました。

現在フォトストレージサービスの中ではかなりおすすめ出来るものだと思います。

 

個人的には自動でショートムービーを作成する機能が気に入っています。

適当に子供の写真を撮っておいて、googleフォトにバックアップしておけば、ちょっとノスタルジックなフィルターを掛けた、素敵なショートムービーが完成します。

 

写真は撮るけど、あまり手間をかけて編集をしたりはしないという方にはうってつけではないでしょうか。

 

子供の成長に合わせて、ショートムービーを保存しておけば、結婚式のスライドには事欠かないでしょう。

リングロー株式会社

関連記事

0094

写真をローカルよりもクラウドに保存するべき5つの理由

   現在、世界中に様々なクラウドサービスが登場しています。    この記事では、ク

記事を読む

0095

代表的!おすすめクラウドストレージ3選!

最近ではソフトウェアの多様化・進化に伴い、ファイルのサイズが大きくなり、パソコンやスマートフ

記事を読む

cdrive

それでもやっぱり減ってしまうCドライブの空き領域、容量確保の方法

以前、Cドライブの空き容量が減る理由と、空き容量を確保する方法をご紹介しましたが(http:

記事を読む

0025

第6回クラウド コンピューティング EXPO 春に参加してみよう!

出典元:http://www.cloud-japan.jp/ja/Home/ &nbs

記事を読む

0092_01

無料・低コストで利用できる!おすすめのクラウドサービス

   クラウドサービスは、ビジネスを効率化してくれる非常に便利なツールです。とは

記事を読む

Cloud Computing_サンプル画像

中小企業がクラウドを導入するメリットを判断するには?

  「クラウド」とは何か?  あえて一言でまとめますと、「クラウド」とは、“インタ

記事を読む

0107_01

スマートフォン・タブレット・パソコン間で簡単にデータを共有する方法

   従来はパソコンで行なっていた作業も、最近はスマートフォンやタブレットで代替でき

記事を読む

0097

個人情報はクラウドサービスに保存しても安全か?

   すっかり日々の生活に根付いた、クラウドサービス。とても便利な一方で、気をつけな

記事を読む

0032

クラウドサービス、OneDrive の活用・運用方法

ビジネスの世界でも幅広く活用されているクラウドサービス。今回は、Microsoft(マイクロ

記事を読む

0096_01

ビジネスシーンにおけるiCloud(アイクラウド)の活用方法とは

   ビジネスの世界でも幅広く活用されているクラウドサービス。今回は、iPhoneや

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%e9%9b%91%e5%93%81
オフィスの端に放置されたOA機器を一掃するチャンス!1都3県でOA機器を0円回収いたします!

いよいよ今年も残すところわずかとなりました。  

dash3
ボタンひとつで商品が届く、Amazon dashBUTTONとは

家に居ながら、色々なものが購入出来るネット通販はとても便利です

r078
スティック型PCの選び方

スティック型PCやスティックPCと呼ばれる、超小型のパソコンが

r076
大容量フラッシュメモリーでデータを持ち運ぼう

気軽にデータを入れて持ち運べる、USBメモリーやSDカード等の

r079
古いアナログ音源をデジタル化して蘇らせるには

最近アナログレコードの人気が再燃してきているというニュースを見

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑