*

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

公開日: : 最終更新日:2017/05/12 PC導入・交換

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、パソコン作業において多くのウィンドウを同時に表示出来て非常に便利です。

一度デュアルディスプレイの便利さを知ってしまうと、戻れないという方もいらっしゃると思います。

 

ただし真ん中に液晶ディスプレイのベゼルがくることになるので、表示させたいものを自分の目の前にもってくる事が難しくなります。

それを解決するのが、今回ご紹介するウルトラワイドディスプレイです。

 

 

ウルトラワイドディスプレイとは

ウルトラワイドディスプレイとは、画面の横と縦の比率である「アスペクト比」が21:9の割合になっている液晶ディスプレイの事をさします。

 

現在一般的なフルハイビジョン(フルHD)のディスプレイが16:9なので、さらに横長になっています。

 

入手しやすいサイズは29インチか34インチのモデルで、解像度は29インチが2560 ×1080、34インチが2560 ×1080か 3440×1440と言う感じです。

 

 

選び方

液晶ディスプレイを買い換える時、同じ設定でもアイコンが大きくなってしまうと見劣りしてしまいます。

画面サイズと解像度のバランスは気を配った方が、満足度が高くなるでしょう。

 

具体的には、現在23インチの液晶ディスプレイで解像度が1920×1080(フルHD)のモデルを使用していて、29インチのウルトラワイドディスプレイに買い換えた場合、縦のサイズがほぼ同じで約29センチになります。

解像度も同じ1080なので、これなら、単純に解像度で640ピクセル分、横に長くなったかたちで使用出来るので、ワイドディスプレイの恩恵を素直に受ける事が出来ます。

 

これが同じ解像度2560×1080で34インチのモデルになると、画面サイズは大きくはなりますが、見た目でアイコンや文字のサイズまで大きくなりますので、なんとなく野暮ったく感じてしまう事があります。

34インチであれば3440×1440のモデルを買った方が、「作業領域が広がった」と満足出来るでしょう。

 

特に通常のパソコン作業での使用を考えている場合は、その傾向が強いと思われます。

 

ゲームや映画視聴が主な目的であれば2560×1080のモデルを選ぶメリットもありますが、案外対応しているゲームが少ない等で恩恵を受けられない場合も考えられますので、しっかりと下調べをしましょう。

 

ただし「なんだか文字やアイコンが小さくて見にくいな」と感じている場合は、34インチで2560×1080のモデルがおすすめになります。特に設定を変えなくても文字などが大きくなって、見やすいと感じるでしょう。

 

また、ウルトラワイドディスプレイには画面が湾曲している曲面ディスプレイのモデルも販売されています。

34インチともなると視線の移動距離がかなり長くなりますので、曲面ディスプレイのモデルが見やすいと思います。画面の両端の見易さがだいぶ違います。

29インチでは曲面のモデルが少ないので、平面モデルから選ぶと良いでしょう。

 

 

まとめ

アスペクト比21:9のウルトラワイドディスプレイともなると、横幅もかなりのものになりますが、置ける幅が確保出来る場合は、かなりおすすめになります。

 

現在23インチまでの液晶 ディスプレイをお使いであれば29インチを、27インチ以上の大きさの液晶ディスプレイならば34インチに買い換える事をおすすめします。(24インチは中間にくるので、画面サイズと予算とどちらが優先されるかで変わってきます。)

 

34インチの場合は、予算がゆるせば曲面ディスプレイがおすすめです。

 

34インチはまだ10万円前後しますので、気軽に買える金額ではありませんが、29インチならば3万円台から探す事が出来るので、気になる方はチェックしてみてください。

 

 

余談ですが、将来曲面ディスプレイが普及した場合、何十台、何百台と一度に運ぶ私たちの仕事では、扱いが大変だなぁと思ってしまいます。まだまだ先の話ですが・・・

 

 

担当:鬼山

 

 

出展元: https://www.amazon.co.jp/LG-%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4-25UM58-P-25%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81/dp/B01C5KVIZI/ref=pd_lpo_vtph_147_lp_t_4?_encoding=UTF8&refRID=ZT631JJ6KCA3YW9QR8SP&th=1

リングロー株式会社

関連記事

パソコン用液晶モニターの種類と特徴

   パソコン用のモニターがブラウン管から液晶ディスプレイに変わり始めたのはほんの1

記事を読む

CPUのベンチマークでパソコンの性能を知る

パソコンを利用する中で、「ベンチマーク」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか

記事を読む

無線LANにおけるブロードバンドルーターの役割

   普段から何気なく利用しているインターネットですが、自宅で繋いでいる回線のほとんどは、ADSL

記事を読む

アウトレットパソコンのメリットと特徴

商品を安く買おうと思ったら、セール品のものやアウトレット品のものを探すことがあると思います。

記事を読む

パソコンを買い替えるタイミングって?

 日常生活・仕事の中でパソコンはもはや切っても切り離せない存在です。頻繁に使用するものだから

記事を読む

WindowsVistaの起動をより高速にする方法とは

Windows Vistaはデザイン重視のOSとして、見た目にこだわった作りになっています。その

記事を読む

パソコンを快適に使う!買い換え時に確認したい項目リスト

パソコンを買い換えるタイミングは急に訪れるもの。また社内システム担当ともなれば、頻繁に発生す

記事を読む

acerの新しいWindows 10搭載パソコンはデータ復旧サービス付き

  各社から、Windows 10をプリインストールしたパソコンが発売され始

記事を読む

似て非なるもの、SSDとeMMCの違い

「格安 ノートパソコン」等と検索すると、最近では2万円台の商品がずらっと並ぶ事も珍しくありま

記事を読む

快適に作業するための職種別おすすめパソコン環境

   パソコンを購入する時、選択の決め手となるのは価格でしょうか。それとも、快適さで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【WPS Office】Spreadsheets 行と列のサイズ変更方法④

今回はSpreadsheets(スプレッドシート)のすべての行

【WPS Office】Spreadsheets 行と列のサイズ変更方法③

今回はSpreadsheets(スプレッドシート)の行(列)間

【WPS Office】Spreadsheets行と列のサイズ変更方法②

前回に続き、今回はSpreadsheets(スプレッドシート)

【WPS Office】Spreadsheets行と列のサイズ変更方法①

WPS Office (ダブリューピーエスオフィス)に、Spr

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑