*

パソコンの動作が重い時の4つの簡易チェック方法

公開日: : PC修理

004

 

 パソコンを使っていると、急に動作が重くなってしまったり、そのままフリーズしてしまったりすることがあります。それによって作業が進まず困った、という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

 

 もし「使いはじめの頃と比べて快適さが違う」と感じたら、一度パソコンの状態をチェックすることをオススメします。

 

 

パソコンが重くなる原因

 パソコンは、どうしても使い込むうちに動作が重くなってきます。その原因は、主に次の通りです。

 

  • 常駐しているアプリケーションが多い
  • パソコンのメモリが少ない
  • ウイルスに感染している
  • ハードディスクが最適化されていない

 

それぞれ、詳しい内容と対策方法について見ていきましょう。

 

 

常駐しているアプリケーションは多くないか?

 パソコンを起動する際に、必ず同時に起動されるアプリケーションがあります。まずは、どのアプリケーションが起動されているか、その使用状況を確認しましょう。

 

 中には、よく調べると自分にとって不要なソフトが含まれている場合もあります。そういったアプリケーションは起動しないように設定することで、パソコンのメモリを節約することができます。

 

 具体的には、Windowsタスクマネージャによって起動中のアプリケーションを確認することが可能です。不要なアプリケーションがあれば、「プログラムの追加と削除」などから消去します。

 

 ただし、誤って必要なアプリケーションを削除してしまうと、パソコンが動かなくなる可能性があるので注意してください。不安であれば、不要アプリやファイルを検出してくれるツールの利用もオススメです。

 

 

パソコンのメモリは少なくないか?

 安価なパソコンや数年前の古いモデルを使用している場合は、メモリが稼働しているOSにとって必要最低限となっている場合があります。もしOSを変更したり、使用ソフトの追加を行ったりしていれば、メモリが不足してしまう可能性があるでしょう。

 

 そういった場合はメモリを増設することで改善することがあります。メモリ増設に関する内容や増設方法などでお悩みの場合は一度弊社にご相談ください。

 

 

ウイルスに感染していないか?

 ウイルスに感染した症状の一つとして、パソコンの操作速度が遅くなるということがあります。データの流出なども懸念されるため、挙動がおかしいと感じた時には、ウイルスの感染を疑ってみましょう。

 

 ウイルスによる影響をできるだけ抑える方法としては、ウイルス対策ソフトの導入や定期的なウイルスチェックが大切です。また、ウイルス感染のもとになるような、怪しいWebサイトを見ないという意識も持ちましょう。また、ウイルス対策ソフトが二重に導入されている場合にもパソコンの動作は重くなりがちなので注意が必要です。

 

 

ハードディスクの最適化はされているか?

 パソコンを利用していると、ハードディスクに保存されたファイルなどが断片化することがあります。これは、パソコンの処理速度に影響を及ぼす可能性のある状態です。

 

 しかし断片化は、パソコンを利用する上でどうしても発生してしまいます。そのため、ツールを利用してハードディスクの分析やデフラグを行い、ハードディスクを最適化する必要があります。

 

 

まとめ

 長くパソコンを使っていれば、動作が重くなってしまうことは必然と言えます。定期的なメンテナンスによってある程度防ぎ、改善することはできますが、それでも経年による劣化は避けられないでしょう。

 

 リングローでは、お使いのパソコンのメンテナンスや修理、買い替えのアドバイス等も承っておりますので、気になる点はお気軽にご相談ください。

リングロー株式会社

関連記事

パソコンパーツを通販で購入する場合の注意点とは

店舗で購入する場合と比べて、気軽に購入することのできる通販ですが、購入にあたり注意点もありま

記事を読む

パソコンの動作を軽くする方法(Windows 7編)

みなさんはパソコンを使用している内に、なんとなく動作が重くなってきたと感じることはありますか

記事を読む

パソコンの動作が重い!!そんな時できるパワーアップ方法

皆さん、パソコンを使っていて、最近動作が遅くなってきたなぁと感じたことはありませんか。

記事を読む

ノートパソコンのバッテリー寿命と交換時期

ノートパソコンのバッテリー持続時間は、一昔前と比べると非常に長くなりました。 &nbs

記事を読む

ノートパソコンのタッチパッドが動かない!?主な原因と対策まとめ

 タッチパッドは、ノートパソコンには欠かせない重要なパーツのひとつです。最近はタッチ可能なデ

記事を読む

Windowsパソコンのリフレッシュ方法

Windowsパソコンは、使用している内に余計なファイルが溜まってきたりして、だんだん動作が

記事を読む

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードした様なパソコンで、少し動作が遅

記事を読む

パソコンが起動しないときに試すこと【デスクトップパソコン編】

前回は、ノートパソコンが起動しない場合の原因と対処方法についてお伝えしました。 今回は

記事を読む

離れた場所からパソコンを遠隔操作する方法

いつでもどこでもファイルにアクセス出来るクラウドサービスは便利なものですが、そもそもアップロ

記事を読む

パソコンが遅いと感じた時に確認したい4つのポイント

   パソコンを利用している最中、急に動きが遅くなった、重くなったと感じたことはあり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法②

前回は、Cドライブに溜まってしまったデータをDドライブに移すた

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」と

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法①

++++++++++ あけましておめでとうございます。 知

「指定されたパスは存在しません」データが開けない場合の対処法②

前回は、古いパソコンで元データを正しくコピーする方法をご紹介し

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑