*

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

公開日: : 最終更新日:2018/04/04 OA機器

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」というものを覚えていますでしょうか。 

「Windows エクスペリエンス インデックス」とは、Windows VistaとWindows 7、8で搭載されていたツールで、パソコンの性能を数値化して表示する機能の事です。 

 

実はWindows 10でもこのインデックスを知る事が出来ます。 

 

今回はWindows 10でも「Windows エクスペリエンス インデックス」を使用する方法をご紹介します。 

 

Windows エクスペリエンス インデックス 

「Windows エクスペリエンス インデックス」はコンピューターのプロパティーを見るだけで簡単に確認する事が出来るWindows純正の機能で、パソコン同士を比較する事が出来たので、便利な機能でした。 

 

いくつかある数値の中で、一番低いものが基本スコアとして表示され、詳細を見ると 

「プロセッサ」 

「メモリ(RAM)」 

「グラフィックス」 

「ゲーム用グラフィックス」 

「プライマリハードディスク」 

の5項目のサブスコアがそれぞれ確認出来ました。 

 

例えばビジネスマシンだと「ゲーム用グラフィックス」が低く、それが基本スコアとして表示されるので、全体の性能が低い様に勘違いしてしまうといった弊害は多少ありましたが、手軽に確認出来るので、パソコンの紹介記事等では必ずと言ってよい程、このスコアが紹介されていました。 

 

ところがWindows 8.1以降は何故かこの機能が廃止されてしまいました。 

 

WinSat.exe 

「Windows エクスペリエンス インデックス」は表示されなくなりましたが、「WinSat.exe」と言う実行ファイルは残されていますので、「Windows PowerShell(管理者)」を起動させて実行すれば、サブスコアを知る事が出来ます。 

 

方法は以前紹介した様に「Windows PowerShell(管理者)」を起動します。 

 

そして「WinSat formal」と入力してください。 

するとプログラムが実行されて、しばらくすると終了します。 

 

そのままですと、何も表示されず、サブスコアも分からないので、 

「Get-CimInstance Win32_WinSAT」 

と入力します。 

 

すると下の様な画面が表示されます。 

 

 

「CPUScore」はプロセッサのサブスコアを示し、 

「D3DScore」はゲーム用グラフィックスサブスコア、 

「DiskScore」はプライマリハードディスクのサブスコア、 

「GraphicsScore」はグラフィックスのサブスコア、 

「MemoryScore」はメモリのサブスコアをそれぞれ示しています。 

 

従来でいう「ゲーム用グラフィックス」に該当する「D3DScore」のサブスコアは、現状のWindows 10では計測されないため、「9.9」となりますので、この部分は気にしないでください。 

 

従来の様に表示させる為に 

今までとは表示の仕方が違うので、少し見難いと感じる場合は、従来の様に表示させる事も出来ます。 

その場合は 

C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStoreフォルダ内の[日付].Formal.Assesment(Initial).WinSAT.xmlを探します。 

 

このファイルを下記のサイトにドラッグ&ドロップすると、スコアが表示されます。 

WinSAT Viewer 

http://winsat.aroundit.net/ja/ 

 (※現在、利用出来ません。)

 

ただ、該当ファイルを見つけるのが少し難しいので、通常はWindows PowerShellにて表示させれば事足りると思います。 

 

 

まとめ 

今回はWindows 8.1以降、無くなった様に見える「Windows エクスペリエンス インデックス」を確認する方法をご紹介しました。 

Windowsには、この様に「以前あったものが無くなった様だけど・・・」という事が、しばしば起こります。 

 

完全に無くなってしまった機能もありますが、意外と復活出来る機能もあります。 

 

何か気になる事があれば、一度インターネットで検索してみるのも良いでしょう。 

 

「Windows エクスペリエンス インデックス」は絶対的な評価基準ではありませんが、手軽に性能比較出来るので覚えておくと、周囲に自慢出来るかも・・・? 

 

出典:https://news.mynavi.jp/article/win10tips-98/ 

 

担当:鬼山 

リングロー株式会社

関連記事

無線LANの電波が届きにくい時は中継機を使おう!

  家庭でも職場でも、無線LAN環境がある事が、かなり浸透してきました。家庭や小

記事を読む

実は違うEPSONとcanon、インクジェットプリンターの仕組み

オフィスでは、レーザープリンターを使用するのが一般的ですが、家庭では圧倒的にインクジェットプ

記事を読む

出張や旅行先で役立つ!便利なITグッズ8選

出張や旅行に出た際、移動中やホテルに着いた際など、遠出をすると不便に思う場面に直面することが

記事を読む

大容量フラッシュメモリーでデータを持ち運ぼう

気軽にデータを入れて持ち運べる、USBメモリーやSDカード等のフラッシュメモリーはとても便利

記事を読む

徹底解説!ブロードバンドルータ ーを買う時の5つのポイント

今回のテーマは、インターネットを便利かつ安全に使うことのできるパソコン周辺機器、ブロードバン

記事を読む

心機一転!オフィス引越しにおける注意点【OA機器編】

春は引越しのシーズンですね。引越し業者も2、3、4月は繁忙期で割り増しになるようです。ならば

記事を読む

データは完全消去!不要なパソコンを無料で安全に処分する方法

オフィスの中を見渡してみると、パソコンを始めとしたOA機器がたくさん導入されていますね。常に

記事を読む

信頼性でSDカードを選ぶなら

デジカメでの撮影などで欠かせないのがSDカードですが、皆さまは普段、どの様に選んでいるでしょ

記事を読む

ネットワーク構成図を描こう!

みなさんの会社にはネットワーク構成図があるでしょうか? パソコンやインターネットの利用

記事を読む

あなたの事業に最適な特徴を持つ富士ゼロックス複合機の実力

   複合機の大手メーカー、富士ゼロックス。    富士ゼロックスの複

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

1903更新後、追加された顔文字と記号の入力方法

文字を打ち込む際、 以前の更新プログラムの「Windows10

1903更新後のポインターのカラー変更

前回は更新プログラムの「Windows10 Version 1

1903更新後のポインターの大きさの変更

前回までに、更新プログラムの「Windows10 Versio

1903更新後のテーマの変更

前回、1903の更新後にサイン画面の仕様が変わったことをご案内

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑