*

ノートに書いて、スマホでスキャン。半永久的に使えるスマートノート。

公開日: : 最終更新日:2018/04/12 スマホ・タブレット

思いついた事をさっと書き留めたり、簡単な図形を描き足したりする場合、手書きに勝るものはないかもしれません。 

 

ただし、後になってどこに書いたか分からなくなってしまうという経験は誰にでもあるでしょう。 

 

そんな時は、書いたものをスマートフォンで撮影してデータ化しておけば便利です。 

さらに、データ化したノートはさっと消してまた使えたら・・・ 

 

そんな夢のようなノートが今回ご紹介する Rocketbook  Everlast(ロケットブック エバーラスト)です。 

 

 

Rocketbook Everlast 

Rocketbook Everlastはアメリカのクラウドファンディングで合計4億8千万円を集めて話題になったスマートノートです。 

その最大の特徴は、手書きのノートなのに、簡単に消して繰り返し使える事にあります。 

https://rocketbookjapan.com/ 

 

メーカーによると1000回以上繰り返して使用出来るそうなので、もうノートは買う必要がないかもしれません。 

 

繰り返し使える秘密は紙にあります。(正確には紙ではありませんが) 

このノートは合成ポリエステルで出来ています。これによって水拭きで消せるノートが実現しました。 

 

書いたページはスマートフォンのアプリでスキャンして簡単にデータ化する事が出来るので、保存もばっちりです。 

 

書き込むペンはパイロット社のフリクションボールが指定されています。 

書いた後、乾くのに10秒程度必要にはなりますが、乾いた後はこすっても消えません。 

 

1か月以内であればきれいに消す事が出来ます。1か月以上経過すると水拭きしても少しインクが残る感じになる場合がありますが、もう一度書いたり、スキャンしたりするのには支障はない様です。 

 

ページ数はノートサイズで32ページ、手帳サイズで36ページありますので書いている途中でページが無くなってしまうという事はないと思います。 

 

紙質?はツルツルしていて滑りが良いので独特の書き味ですが、書きにくいという感じではないので、慣れてしまえばスムーズに書く事が出来るでしょう。書いた直後にこすってしまわない様に注意が必要です。 

 

フリクションボールは比較的入手しやすいので、ペンに困ることもないでしょう。どの色のフリクションボールでも使用出来ます。 

また、0.7mmの黒ペン(ノック式)が1本付属してきます。 

写真上の海外仕様のフリクションボールが付属しています。国内品と性能に違いはありません。

 

 フリクションボールについてはこちらを参照してください。

http://frixion.jp/ 

http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/frixionball/ 

 

 

 

専用アプリでクラウド連携 

iOSでもAndroidでも専用アプリが用意されているので、これを利用すればノートをデータ化してクラウドサービスに送信する事が出来ます。 

iOS  https://itunes.apple.com/us/app/rocketbook-app/id1036898971?mt=8 

Android  https://play.google.com/intl/en_us/badges/images/generic/en_badge_web_generic.png 

 

 

連携しているサービスは 

Google Drive 

Evernote 

Dropbox 

OneNote 

Slack 

Box 

iCloud 

e-mail

の8種類です。 

 

ノート下部に7種類のアイコンが用意されていて、ここにバツ印を付ける事でどのクラウドサービスと連携するか選べます。 

それぞれのアイコンはアプリから設定が出来ます。 

このノートを購入される方であれば、いずれかのクラウドサービスは既に利用しているでしょうから、自分が使っているサービスを選んで2、3個設定しておけば良いでしょう。 

 

アプリを読み取りモードにしてノートにかざせば、いちいちタップをしなくても自動で撮影してくれます。 

反応が早く、このアプリはなかなか良く出来ています。 

 

手書きのノートをスマホのカメラで撮影してデータ化する方法は、以前からありましたが、範囲の指定などに手間取る場合もありました。 

 

その点このノートとアプリであれば、さっとスマホをかざせば自動でノート部分だけを撮影してくれるのでとてもスピーディーです。 

アプリに関しての日本語説明書。一度設定してしまえば簡単です。

 

 

まとめ 

ひとくちにスマートノートと言っても、様々なタイプのものがあります。 

リアルタイムで書いたものをデジタル化する商品もありますが、価格が高いのがネックでした。 

 

Rocketbook Everlastは現在Amazonではどちらのサイズも4,980円で販売されています。 

ノート1冊としてみれば高いですが、繰り返し使えて、使い勝手の良いアプリと連携している事を考えればお値ごろと言えるでしょう。 

 

勉強や仕事にしっかり活用出来る事はもちろん、子供のお絵かき帳にも良いのではないでしょうか。 

フリクションボールはカラーバリエーションも豊富ですし、たくさん描いて、気に入ったものはスマホでスキャンして保存できます。 

また、推奨ではないものの、サインペンタイプのフリクションカラーズでも問題なく消す事が出来ました。

お絵かきにはこちらの方が良いかもしれません。

 

SNSで共有するのも簡単です。 

 

 

あとは水拭きで消せば、また始めから描きだせます。 

 

子供の描いた絵で、部屋が片付かないとお嘆きの方は是非。 

商品パッケージ。上部に切り口はありますが、封はされていませんのでそのまま開ける事が出来ます。

 

注意事項が書かれた紙も同梱されています。

 

 

 

 

 

担当:鬼山 

リングロー株式会社

関連記事

大きくてパワフルなiPad Proとはどんなタブレットか?

2015年9月10日に発表になった新しいiPadといえば、12.9インチの大きなiPadであ

記事を読む

スマホをかざせば即翻訳、Googleリアルタイム画像翻訳とは?

iOSやAndroidで利用出来るGoogle(グーグル)の翻訳アプリが、先日アップデートさ

記事を読む

何かと話題のポケモンGOをインストールしてみた

最近、何かと世間を騒がしているものと言えば「ポケモンGO」ですね。 これまでゲームボーイや

記事を読む

一つあると安心!スマートフォン用モバイルバッテリーのススメ

一台あればなんでもできてしまう、非常に便利なスマートフォン。時間さえあればついつい触ってしま

記事を読む

社長・営業マン向けのスマートフォン活用アプリ3選

何かと外出の多い社長さんや営業の皆さん、移動時間も様々なスタイルでお仕事を頑張っていることと

記事を読む

スマホで撮影した動画が逆さまに再生されてしまったら

iPhoneで動画を撮って、パソコンで観たら逆さまになってしまった。皆様、そんな経験は無いで

記事を読む

スマホの画面が割れてしまった!一体どうすれば?

先日の記事では、特にiPhoneにフォーカスを当ててスマートフォン画面の割れやすさについてご

記事を読む

これは便利!スマホからパソコンへデータを送る方法まとめ

スマホを使って、書類や写真などのデータを制作することも増えてきました。 スマホとパソコ

記事を読む

もはやスマホ写真の定番!?モデル顔負けの自撮りを撮る方法

最近、若い世代を中心に「自撮り」が流行っているのをご存知ですか?  

記事を読む

Wi-Fiスポットを安全に利用する使い方とは

   Wi-Fiスポットとは、「公衆無線LANスポット」のことを指します。PCだ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

1903更新後、追加された顔文字と記号の入力方法

文字を打ち込む際、 以前の更新プログラムの「Windows10

1903更新後のポインターのカラー変更

前回は更新プログラムの「Windows10 Version 1

1903更新後のポインターの大きさの変更

前回までに、更新プログラムの「Windows10 Versio

1903更新後のテーマの変更

前回、1903の更新後にサイン画面の仕様が変わったことをご案内

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑