*

写真をローカルよりもクラウドに保存するべき5つの理由

公開日: : 最終更新日:2015/06/04 クラウド

0094 

 現在、世界中に様々なクラウドサービスが登場しています。

 

 この記事では、クラウドサービスで写真を管理することのメリットについてご紹介します。クラウドの導入に迷っている方はもちろんですが、そもそもクラウドをよくご存じない方にも参考にしていただければと思います。

 

 

クラウドで管理できるもの

 クラウドサービスに保管できる情報は、多岐に渡ります。ビジネスから個人利用まで、さまざまなクラウドサービスが提供されているからです。

 

 クラウドに保管できる情報は、テキスト文書やメール、カレンダー情報、連絡先、バックアップ情報など。そしてもちろん、写真もクラウドで管理することが可能です。

 

 ビジネスで使うデジタルデータは、そのほとんどがクラウドで管理できると言っても過言ではないでしょう。

 

 

1.簡単に複数人で共有することができる

 ここからは、クラウドに写真を保存することのメリットについて説明していきます。

 

 最も大きなメリットは、複数人での共有が可能なことです。権限を持つ社員は全員、クラウドに保存された写真にアクセスすることができます。

 

 以前とは違い、メールやCDを利用する必要がありません。すぐに写真を利用できるため、業務の効率化につながります。

 

 

2.場所やデバイスを問わずに写真管理ができる

 クラウドサービスを利用しているデータには、場所やデバイスを問わずにアクセスすることが可能です。

 

 つまりネット環境さえあれば、営業先や出張先、自宅でも自由にアクセスすることができるのです。スマホやタブレットで済む場合も多いので、人によってはパソコンの利用頻度が減るかもしれません。

 

 

3.オンラインで写真の編集ができる

 クラウドサービスの中には、オンラインで写真編集ができる機能を提供しているものもあります。この機能を活用すれば、ローカルパソコンに写真編集ソフトをインストールしておく必要がありません。

 

 こういった写真編集ソフトは高価な場合が多いので、コスト削減にもつながると言えるでしょう。さらに、複数の社員で同時に写真を編集する、共同作業も実施しやすくなります。

 

 

4.クラウドサービス独自の機能が使える

 Evernoteなどのクラウドサービスでは写真を対象に、文字検索が可能なサービスを提供しています。会議のPDF資料や、ホワイトボードのメモ書き写真からも検索が可能です。

 

 このようなクラウドサービスが独自に提供している機能を活用すれば、今までにはない便利な使い方ができるでしょう。

 

 

5.ローカルサーバーの容量を節約できる

 写真などの画像情報は、データ量が大きくなってしまうことがあります。特に高画質の写真を利用する場合、これらのデータがストレージ容量を圧迫してしまうことは少なくありません。

 

 クラウドを使っていれば、そのような悩みを解消することができます。高画質な写真などのデータ量が大きいファイルをクラウドに保存することで、ローカルパソコンやローカルサーバーのデータ領域を節約することができるのです。

 

 データ容量を節約することはパソコンのスピードアップにもつながるので、一石二鳥と言えます。

 

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。クラウドの導入に、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 なお、クラウド技術もまだ発展途上のサービスです。業務改善やセキュリティーの問題など、クラウド導入にあたってはしっかりと対策を行うようにしましょう。安全に、業務効率化やコスト削減につなげていきたいものです。

リングロー株式会社

関連記事

クラウドサービス、OneDrive の活用・運用方法

ビジネスの世界でも幅広く活用されているクラウドサービス。今回は、Microsoft(マイクロ

記事を読む

今からでもiCloud Driveをオンにしよう

iCloud(アイクラウド)と言えば、2011年10月頃からサービスを提供しているApple

記事を読む

代表的!おすすめクラウドストレージ3選!

最近ではソフトウェアの多様化・進化に伴い、ファイルのサイズが大きくなり、パソコンやスマートフ

記事を読む

Evernoteの料金改定は改悪なのか?

クラウドのノートアプリと言えば、Evernote(エバーノート)が有名ですね。 そのE

記事を読む

徹底解説!企業におけるクラウド活用5つのメリット

   パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも簡単に利用できるようになった

記事を読む

Googleドライブの同期フォルダーの場所を変更してCドライブの容量を増やす方法

前回Dropbox(ドロップボックス)の同期フォルダーをCドライブからDドライブへ変更して容

記事を読む

スマートフォン・タブレット・パソコン間で簡単にデータを共有する方法

   従来はパソコンで行なっていた作業も、最近はスマートフォンやタブレットで代替でき

記事を読む

自治体クラウドってなんだ??

自治体クラウドという言葉を、見聞きした事はありますか?最近何かと「クラウド」という言葉が話題

記事を読む

ビジネスシーンにおけるiCloud(アイクラウド)の活用方法とは

   ビジネスの世界でも幅広く活用されているクラウドサービス。今回は、iPhoneや

記事を読む

中小企業がクラウドを導入するメリットを判断するには?

  「クラウド」とは何か?  あえて一言でまとめますと、「クラウド」とは、“インタ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今からでもiCloud Driveをオンにしよう

iCloud(アイクラウド)と言えば、2011年10月頃からサ

Windows Liveメールのサポートが終了!対処方法とは?①

昔は色々と設定が面倒だったメールですが、現在ではかなり身近にな

あなたの命を救うかもしれない「セコム・マイドクターウォッチ」

警備会社のセコムが、2017年1月からリストバンド型のウェアラブル端末

Win10でMicrosoftアカウントをローカルアカウントに切り替える方法

Microsoftアカウントを使用してパソコンにサインインする

文字入力時のトラブル4選~文章を編集しようとすると、文字が上書きされてしまう!編~

今回も前回に引続き、文字入力時の主なトラブルをご紹介していきま

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑