*

無料で使える代表的なWi-Fiスポットと利用上の注意点

公開日: : 最終更新日:2015/06/04 PC導入・交換

a0002_010996

 

 街中を飛んでいるWi-Fiには、会員登録(メールアドレスの登録)を行って利用するものと、特に会員登録を行わずに利用できるものがあります。その利用料についても、有料から無料までさまざまです。

 

 では、なぜ無料でWi−Fiスポットを提供しているのでしょうか。その理由は、各種店舗などが顧客の利便性を向上させるためのひとつの手段として、Wi-Fiスポットの整備に取り組んでいるということが挙げられます。

 

 

無料Wi-Fiスポットを使う上での注意点

 無料W-Fiスポットは、誰でも簡単に利用できます。突然インターネット接続が必要になった場合などに重宝するでしょう。

 

 しかし、無料だからこそ、次のような点に注意しておくことが重要です。

 

  • 個人情報やカード情報など重要な情報は入力しない
  • メールなど他者に見られて困るものは送信しない
  • 知らないWi-Fiスポットには接続しない
  • 暗号化されていないWi-Fiスポットには接続しない

 

 危険なWi-Fiスポットに接続した場合、不正アクセスやウィルス感染、あるいは送信したメール内容の漏洩といったリスクがあります。

 

 

無料Wi-Fiスポットの種類

 ここで、いくつか無料Wi-Fiスポットの種類を挙げておきましょう。接続できる対象者、あるいは利用制限などに違いがあるので、あらかじめ知っておくと便利です。

 

 

1)セブンスポット

 スマートフォンやパソコン、ゲーム端末などを使い、セブン-イレブン店内でインターネット接続や限定コンテンツの利用ができます。

 

 利用するには会員登録が必要であり、1日3回まで、1回あたり60分までという接続制限もあります。運営はJapan Connected-free Wi-Fiが行っており、会員はセブンスポットのほか、空港などの施設で利用できるWi-Fiスポットが無料で利用可能です。

 

 

2)LAWSON Wi-Fi

 Ponta会員限定サービスとして、ローソン店内でインターネット接続や限定コンテンツの利用ができます。

 

 対応端末は、iOS端末とAndroid端末。利用するにはアプリのインストールが必要です。接続回数や接続時間に制限はありません。

 

 

3)Famima Wi-Fi

 スマートフォンとパソコンを利用して、ファミリーマート店内でインターネット接続ができます。

 

 こちらも、利用するには会員登録が必要です。1日3回まで、1回あたり20分までという接続制限も同様にあります。

 

 

4)スターバックスWi-Fi

 スターバックス店内でインターネット接続ができます。

 

 Wi-Fi対応端末であれば利用できますが、スマートフォンかパソコンからの新規登録が必要です。メールでの会員登録以外に、SNSのアカウントでのログインにも対応しています。

 

 

5)FREESPOT

 FREESPOTが設置された飲食店や公共施設などでインターネット接続が可能です。

 

 ただし、一部の飲食店などでは店内のみの利用となっています。利用するには、事前にメールアドレスの登録が必要です。

 

 

6)FON

 FON対応の無線LANルーターを購入することで、FONコミュニティメンバーが共有するスポットを利用し、インターネットに接続できるようになります。

 

 利用のためには、自分もFONスポットを提供する必要がありますが、その強みはFON利用者が世界中にいるという点です。特に日本とEU各国に設置ポイントが多いため、行動範囲の中にFONスポットが多ければ、メリットは大きいと言えるでしょう。

 

 

まとめ

 無料Wi-Fiスポットは簡単に接続できますが、だからこそ利用に注意する必要があります。

 

 設置されているWi-Fiスポットによっては、通信データが暗号化されない危険なスポットもあるでしょう。安全にインターネットを利用するためには、事前に調べておくことが大切です。

 

 もし不安なことがありましたら、リングローまでご相談ください。

リングロー株式会社

関連記事

ビジネス用のパソコンには静音パソコンを選ぼう

   会社でパソコンを使っていると、パソコンの稼働音が気になることはありませんか?

記事を読む

中古パソコンの買取り、下取りの際に査定を下げないポイント

パソコンを買い換える場合、古いパソコンはどうしていますか? 最近は捨ててしまうという人

記事を読む

パソコンでもアンドロイドが使える?話題のAndroid PCとは

   検索エンジン最大手Googleが提供しているモバイルOS、アンドロイド(And

記事を読む

スティック型PCの選び方

スティック型PCやスティックPCと呼ばれる、超小型のパソコンが初めに販売されたのは2014年

記事を読む

コストが掛けられない、中小企業のセキュリティー対策

しばしばニュースで企業の情報漏えいが報じられます。今や、業務でインターネット接続は欠かせなく

記事を読む

Microsoftの次世代Webブラウザーはここが違う!

今年の夏にリリースされるWindows10に搭載される次世代Webブラウザ「Microsof

記事を読む

新型MacBookは普通に使えるのか?

2015年4月に新しくなった12インチMacBookが発売されて、半年以上が経過しました。

記事を読む

WindowsからMacへ簡単にデータ移行しよう

パソコンを新しく購入すると、面倒なのがデータや設定の移行です。 移行アシスタントは、A

記事を読む

パソコンの卸売りって何だろう?

商品を購入するとき皆さんは、小売りや卸売りなどの名称を聞いたことがあるでしょうか。 ほ

記事を読む

初心者向け!正しいデスクトップパソコンの選び方

   今回は、デスクトップパソコンを選ぶ時のポイントについて説明します。購入を検討さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法②

前回は、Cドライブに溜まってしまったデータをDドライブに移すた

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」と

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法①

++++++++++ あけましておめでとうございます。 知

「指定されたパスは存在しません」データが開けない場合の対処法②

前回は、古いパソコンで元データを正しくコピーする方法をご紹介し

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑