*

常時着用可能な血圧計で健康維持!

公開日: : 最終更新日:2019/04/18 ウェアラブル

 

厚生労働省のデータによると、日本人の3人に1人は高血圧の様です。
(日本生活習慣病予防協会http://www.seikatsusyukanbyo.com/statistics/2017/009438.php

 

ここ10年で減少傾向にある様ですが、特に高齢者の方の中には高血圧に悩む方も多いでしょう。

そこで重要になってくるのは日常的な血圧測定です。

 

今回は、毎日気軽に血圧が測定出来る(様になるかもしれない)スマートウォッチをご紹介します。

 

OMRON HeartGuide $499

消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2018」(2018年1月9日~12日)において、オムロン ヘルスケアが発表、展示していた腕時計型で常時着用可能な血圧計である「HeartGuide(ハートガイド)」が、今年の「CES 2019」を経て、いよいよアメリカで販売を開始しました。

 

この「HeartGuide」の特徴は、なんといっても本格的な医療用血圧計と同じ「オシロメトリック血圧測定法」を採用している事です。

 

手首で測定出来るタイプの血圧計はすでに販売されていますが、常に着けていられる様な大きさではありませんでした。

 

また、血圧測定機能を持ったスマートウォッチもすでにありますが、計測方法の違いから「医療機器の代替品ではありません」の但し書きが付いていました。

 

その点、この「HeartGuide」はFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けていますので医療器具レベルの血圧測定が可能で、かつスマートウォッチとして使用出来てしまうのです。

 

価格は$499と決して安くはありませんが、本物の血圧計がスマートウォッチサイズになった事で、気になる方は多いのではないでしょうか。

 

 

日本での発売は?

発表からおよそ1年後にFDAの認可を受けてアメリカで販売が開始されましたが、日本でも薬事法の認可待ちという状況の様で、2019年中の発売を目指しています。

 

アメリカで$499という事は、日本での販売価格は5万~6万円といったところでしょうか。

 

Apple Watch(アップル ウォッチ)の購入を考えているけど、未だ購入していない、かつ、日頃から血圧が気になるあなたは、この「HeartGuide」の発売を待ってみても良いかもしれませんね。

 

 

 

 

担当:鬼山

(参照:https://www.edge-link.omron.com/articles/190.html

リングロー株式会社

関連記事

Apple Watchってどうなの?

2015年4月24日にApple Watch(アップル ウォッチ)が発売になり、しばらく経ち

記事を読む

富士通の熱中症センサーがすごい!

まだまだ暑い日が続き、熱中症のニュースも枚挙に暇がありません。 オフィスでのデスクワー

記事を読む

今さら聞けないウェアラブルについて

最近、テレビや電気屋さん等でチラチラ聞く【ウェアラブル】の事をご存知でしょうか。

記事を読む

あなたの命を救うかもしれない「セコム・マイドクターウォッチ」

警備会社のセコムが、2017年1月からリストバンド型のウェアラブル端末を利用して救急対応等を行うサー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Microsoft Edgeのタブに小さな画面が表示される

皆さんはインターネット使用中にどこかを押してしまったのか、「M

システム復元の方法

前回、作成した復元ポイントを使って、今回はシステム復元する方法

復元ポイントの作成方法

パソコンを使用していると、更新等のシステムの変更によってシステ

ロック画面の背景の変更方法

パソコンの電源を入れて起動している途中で風景のようなお写真の画

デスクトップ画面の背景の変更方法

デスクトップの背景を気分転換に別の画像に変更したい時ってありま

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑