*

定期的に行いたいパソコンの健康診断3つのポイント

公開日: : PC修理

main

 

 日常的に使うパソコンですが、定期的にメンテナンスはされていますか?多くの人は、意外とできていないのではないかと思います。

 

 人間同様、パソコンも定期的に健康診断(メンテナンス)をしておくことで、パソコンが遅い・重いという不満の解消や、故障のリスクを減らすことができます。

 

 ここでは、パソコンの健康診断として定期的に行いたい3つのポイントをご紹介します。

 

 

ディスクチェック

 多くのパソコンは、データの保存領域にHDD(ハードディスクドライブ)を利用しています。

 

 このHDDには、突然故障して一切読み書きができなくなる故障もあれば、ジワジワと読み書きできない領域が増えてデータが破損したり、パソコンが起動しなくなったりする進行型の故障の2種類があります。

 

 このジワジワと壊れていく現象は、セクタ不良と呼ばれています。Windowsは、このセクタ不良の状態を一時的に修復する機能(実際にはその領域にデータを書き込まないことでデータ不良を回避する機能)を持っています。

 

<ディスクチェックの方法>

 ローカルドライブのプロパティを開き、「ツール」の中の「エラーチェック」を実行します。

 

エラーチェック

 

 エラーチェックを実行すると終了までに長時間かかり、その他の作業をすることはできません。しばらくパソコンを使わないようなタイミングに行うようにしましょう。

 

 また、セクタ不良が発生したHDDは、故障の前兆と言われているため、その後に症状が悪化してしまう場合があります。

 

 不良があった場合には、データをバックアップしてから必ずHDDを交換するようにしましょう。

 

 

デフラグ

 HDDは何度もデータの読み書きをしていると、HDDの中で「断片化」という状況が発生します。

 

 断片化とは、データを保存する際にHDD上の連続した領域に保存できず、飛び飛びに保存されてデータがバラバラになってしまうことを言います。

 

 Windowsはデータが断片化していても正常に読み書きできますが、連続して書き込みや読み込みが行えないためデータの読み書きに時間を要し、パソコンが遅いと感じる原因になります。

 

 これを解消するためにデータ整理を行い、最適化することが「ドライブの最適化とデフラグ」です。

 

<デフラグの方法>

 ローカルドライブのプロパティを開き、「ツール」の中の「ドライブの最適化とデフラグ」を実行します。

 

デフラグ

 

 このデフラグも作業が終了するまで非常に時間が掛かりますので、気を付けましょう。

 

 

埃の除去

 基本中の基本ですが、パソコンは長時間稼働すると本体内に大量の埃が溜まります。この埃が原因で、熱暴走やパソコンの故障につながることがあります。最低でも、1年に1回はパソコンを開けて埃を取り除くようにしましょう。その際、必ず電源ケーブルはコンセントから抜いて作業するようにしてください。

 

 特にCPUやケースファンには埃が溜まりやすいので、エアダスターなどで埃を吹き飛ばすと良いでしょう。デスクトップパソコンと違い、ノートパソコンの場合は埃の除去が難しいので、無理せず、弊社のようなパソコンの修理やクリーニングを扱っている専門業者に依頼すると良いでしょう。

 

 

まとめ

 今回は、定期的に行いたいパソコンの健康診断ということで、最低限行うべきポイントを3つピックアップしました。

 

 デフラグなどはパソコンの購入時に標準で実行されるようスケジュールされている場合もありますが、一度確認しておいて損はありません。

 

 ディスクチェックもデフラグもWindowsに標準機能として搭載されているため、別途アプリケーションを用意する必要もなく簡単に行えます。

 

 ぜひ定期的にパソコンの健康診断を行うことで故障のリスクを減らし、快適なパソコン環境を維持しましょう。パソコンのメンテナンスまわりで分からないことなどありましたら、お気軽にリングローまでご相談ください。

リングロー株式会社

関連記事

システムイメージを使ってパソコンを復元する方法

前回までお話しした、システムイメージの作成に続いて今回はその使い方について説明したいと思いま

記事を読む

PCが起動しない時の代表的な原因とその対策

   当社ではPCの出張サポートのご依頼も承っています。    中でも

記事を読む

パソコンの電源が入らなくなった時の対処方法について

   パソコンが不調になる原因には、電源ユニットやドライブなどのハードウェアから、O

記事を読む

ノートパソコンのバッテリー寿命と交換時期

ノートパソコンのバッテリー持続時間は、一昔前と比べると非常に長くなりました。 &nbs

記事を読む

パソコンが壊れた?黒い画面が出て起動しない時の原因と対策

パソコンの不具合には様々なものがあり、その原因もハードウェアの問題からソフトウェアに起因する

記事を読む

ノートパソコンのタッチパッドが動かない!?主な原因と対策まとめ

 タッチパッドは、ノートパソコンには欠かせない重要なパーツのひとつです。最近はタッチ可能なデ

記事を読む

回復ドライブを作成する場合にUSB3.0は使用しない事

パソコンが起動しなくなってしまった場合に備えて、「回復ドライブ」を作成する機能がWindow

記事を読む

毎日使うものだからこそ!パソコンを簡単クリーニングしてみよう~外側編~

仕事やプライベートで密接に関わることの多いパソコン。ほぼ毎日使用している方がほとんどかと思い

記事を読む

パソコンが遅いと感じた時に確認したい4つのポイント

   パソコンを利用している最中、急に動きが遅くなった、重くなったと感じたことはあり

記事を読む

たまにはコマンド プロンプト【chkdsk編】

皆さんはWindowsのコマンド プロンプトを使用した事があるでしょうか 「何に使うのか良く分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【WPS Office】Spreadsheets 行と列のサイズ変更方法④

今回はSpreadsheets(スプレッドシート)のすべての行

【WPS Office】Spreadsheets 行と列のサイズ変更方法③

今回はSpreadsheets(スプレッドシート)の行(列)間

【WPS Office】Spreadsheets行と列のサイズ変更方法②

前回に続き、今回はSpreadsheets(スプレッドシート)

【WPS Office】Spreadsheets行と列のサイズ変更方法①

WPS Office (ダブリューピーエスオフィス)に、Spr

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑