*

無料で使えるMicrosoft Office互換ソフトウェア「OpenOffice」

公開日: : PC導入・交換

a0002_009635

 

 ビジネスにおいて事実上必須となっているMicrosoft Officeですが、個人で使おうとすると購入価格の高さに躊躇してしまいます。たまにしか使わないのにも関わらず、高価なソフトウェアを購入するのは気が引けるもの。

 

 そこで今回は、無料で使えるMicrosoft Officeの互換ソフトウェア「OpenOffice」をご紹介します。

 

 

OpenOffice

main

 

 OpenOfficeはオープンソースという形態で、世界中の開発者が共同開発して無償で公開されているソフトウェアです。正式名称は「OpenOffice.org」と言い、日本語にも対応しています。

 

 Microsoft Officeとの互換性があり、Word、Excel、PowerPointのファイルをOffice形式のまま扱うことができます。ソフトウェア利用費を削減するため、一部の官公庁や地方自治体で採用されている例もあります。

 

 個人でたまにしか文章作成はしないという人には、まさにピッタリなソフトウェアと言えるでしょう。

 

Writer

Word互換の「Writer」のスクリーンキャプチャ

 

 

6つの機能を備えるオフィススイート

 OpenOfficeは6つの機能を1つに統合したオフィススイートです。過去にマイクロソフトがOfficeの簡易版として提供していた「Microsoft Works」というソフトウェアに大変良く似ています。

 

 提供される機能は、ワープロ、表計算、プレゼンテーション、作図、データベース、数式作成の6つです。

 

 

Microsoft Officeとの互換性

 Office互換ソフトウェアは、その互換性が大変重要になります。OpenOfficeは、Word、Excel、PowerPointと互換性があります。

 

 互換性の精度は高いとは言えませんが、複雑なレイアウトでなければそれほど体裁が崩れることはありません。

 

 しかし、Word文章はちょっとしたレイアウトの崩れ、Excelは計算結果が異なる場合があり、マクロが使えないなど一部で問題があることも事実です。そうした点を理解した上で利用していけば、それほど大きな問題はありません。

 

 ユーザーインタフェースに関しては、Microsoft Officeで「リボン」インタフェースが採用される以前のものに非常によく似ており、操作性も問題なく取っ付きやすい印象があります。

 

 総合すると、無償ソフトウェアとしては充分な機能を備えていると言って良いでしょう。

 

 

iPhoneやiPadではMaicrosoftのOfficeアプリが無料で使える

 海外では以前から公開されていましたが、最近になってiPhoneやiPadでMaicrosoft Officeのアプリが無料で利用できるようになりました。

 

 一部機能に制限はありますが、文章を開いたり保存したりすることはできるため、簡単な修正もスマートフォンやタブレットでできてしまいます。

 

 iPhoneやiPadでOffice文章を利用したい場合は、Maicrosoftのアプリを利用するのが良いでしょう。

 

 

まとめ

 OpenOfficeは無償のソフトウェアであることを考えると、一部互換性などに問題はあるものの大変優れたオフィススイートと言えるでしょう。

 

 たまにしか利用しないため、Officeの購入を躊躇しているというユーザーにはまさに最適なソフトウェアです。WindowsのみならずMacやLinuxにも対応しているので、あらゆる環境でOpenOfficeを利用することができます。

 

 下記よりOpenOfficeの日本語版をダウンロードできるので、利用したことが無い方はぜひ一度インストールして利用することをおすすめします。

 

【ダウンロードサイト】 http://www.openoffice.org/ja/

リングロー株式会社

関連記事

無線LANにおけるブロードバンドルーターの役割

   普段から何気なく利用しているインターネットですが、自宅で繋いでいる回線のほとんどは、ADSL

記事を読む

無料で使える代表的なWi-Fiスポットと利用上の注意点

   街中を飛んでいるWi-Fiには、会員登録(メールアドレスの登録)を行って利用す

記事を読む

おすすめ型落ちパソコンの見極め方

郊外にある、巨大なアウトレットモールもすっかり定着した感がありますね。 様々なブランドのア

記事を読む

無線LANが繋がらないときの確認と対策のまとめ

今回は、無線LANが繋がらなくなったときの確認方法と対策についてご紹介します。無線LANを使

記事を読む

比較検討!無線LANと有線LANのメリット・デメリット

   最近は、自宅で無線LAN、会社では有線LANというように使い分けている所が多い

記事を読む

ビジネススタイル別おすすめのパソコン

パソコンを新しく導入する際、商品がいろいろありすぎてどれを購入したら良いか迷いますよね。

記事を読む

二度と後悔しない!パソコンの選び方の基本

   パソコンは「一家に一台」から、「一人一台」という時代になってきました。普段はスマートフォ

記事を読む

パソコンの一括導入時のおすすめサービス

業務を効率化するためにパソコンを一括で入れ替えたい。 そんな時、一括導入をスムーズに行

記事を読む

ビジネス用ノートパソコンといえば?【ThinkPad編】

みなさんは、ビジネス用ノートパソコンと聞いて頭に思い浮かぶ機種があるでしょうか? Le

記事を読む

快適に作業するための職種別おすすめパソコン環境

   パソコンを購入する時、選択の決め手となるのは価格でしょうか。それとも、快適さで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

1903更新後、追加された顔文字と記号の入力方法

文字を打ち込む際、 以前の更新プログラムの「Windows10

1903更新後のポインターのカラー変更

前回は更新プログラムの「Windows10 Version 1

1903更新後のポインターの大きさの変更

前回までに、更新プログラムの「Windows10 Versio

1903更新後のテーマの変更

前回、1903の更新後にサイン画面の仕様が変わったことをご案内

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑