*

社内でのデータ共有にNASを活用する方法

公開日: : OA機器

0046

社内でのデータ共有はどのような方法で行っていますか?昔はフロッピーディスク、今はUSBメモリーにコピーして受け渡す、なんて方法が一般的かもしれません。

しかし、USBメモリーに必要なデータをコピーして相手に渡し、戻ってきたらデータを消して、などという作業を面倒に感じる人も少なくないでしょう。

 

最近ではクラウドサービスを利用する人も増えてきていると思います。非常に便利ではありますが、インターネット接続が必須となります。

 

中にはインターネットに接続できない、したくないネットワークもあるかもしれません。

NASを活用してみよう

社内でのデータ共有の方法にNAS(ナス)を使うというものがあります。NASとはNetwork Attached Storageの頭文字で、LANケーブルを使用して接続する外付けハードディスクの事です。

比較的簡単な設定で、ファイルサーバーとしてネットワークに接続した各パソコンからアクセスして、データを保存することが出来ます。

 

社内での活用方法

共有フォルダを作成して、共有したいデータをそこに保存すれば、ネットワークに接続しているどのパソコンからもそのデータが見られる様になります。

もちろん「このパソコンとこのパソコンからだけ見られる」と言うような設定も可能です。

 

また、自分のパソコンに入っている重要なデータをNASにバックアップとして保存するという使い方も考えられます。

 

おすすめの構成

まずは試しにNASを使用してみたいという場合は、ハードディスクを1本だけ搭載したタイプを選択すれば導入のコストを抑えられるでしょう。1万円前後から探すことができます。

 

さらに本格的にNASを導入したいという場合は、ハードディスクを2本~4本搭載して「RAID(レイド)」が組めるタイプがおすすめです。複数のハードディスクをまとめて1本のハードディスクの様に使用できる「ストライピング」で大容量を確保したり、全く同じ内容のハードディスクを2本つくる「ミラーリング」で安全性を高めたりすることが出来ます。

 

同じNASを2台用意して、1台をメインに使用し、もう1台はリアルタイムでバックアップを作成する、「レプリケーション」を行えば、いざという時に素早い復旧が可能になります。予算が許せば、是非検討したい構成です。

 

使用上の注意

現状では残念ながらハードディスクはある程度の消耗品と考えられています。そのため、ハードディスクの寿命を延ばすために対策やメンテナンスを行いましょう。

その上で故障した場合の対応をあらかじめ、考えておくことが大切です。

 

NASはなるべく熱がこもらない様な場所に設置して、時々溜まったほこりを取り除くと冷却機能が維持できます。

万が一、NAS本体が故障してしまった場合、ハードディスクをそのままパソコンに繋いでもデータを読み出すことは出来ませんので、定期的なメンテナンスは欠かせません。

 

ハードディスクが動いている時に、突然電源が切れてしまうと故障の原因になります。

そうならないためにはUPS(無停電電源装置)というバッテリーから電源をとる様にしましょう。

 

そして、大切なデータを守る為には必ずバックアップを取ることが肝心です。NASにはUSBの外付けハードディスクが接続できる様になっているものが多いので、そういったものを活用し、定期的なバックアップを心がけましょう。

 

まとめ

NASはネットワークやRAIDなど、専門的な知識も多少は必要となるかもしれませんが、比較的簡単にファイルサーバーを構築できる便利なものです。適宜、専門業者などにも相談しながら、最適な製品を選んで活用しましょう。

 

予算が厳しいという場合は、中古も視野に入れてみると良いでしょう。上手に活用すれば憧れのレプリケーション構成も夢ではないかもしれません。

 

ご不明な点などがございましたら、中古商品も豊富なリングローまで、お気軽にご相談ください。

リングロー株式会社

関連記事

あなたの事業に最適な特徴を持つ富士ゼロックス複合機の実力

   複合機の大手メーカー、富士ゼロックス。    富士ゼロックスの複

記事を読む

オフィスの端に放置されたOA機器を一掃するチャンス!1都3県でOA機器を0円回収いたします!

いよいよ今年も残すところわずかとなりました。   この1年の間に、オフ

記事を読む

パソコンをもっと快適に使う!おすすめ便利グッズとは

仕事にプライベートに、パソコンを活用されている方も多いでしょう。毎日のように使うパソコンだか

記事を読む

仕事中に活用したい!パソコン周りの便利グッズ【ほっと休息編!】

先日更新した記事では「バリバリ仕事をする中で活用したい便利グッズ」をご紹介しました。 でも、バ

記事を読む

未来技術遺産に選ばれた3台のパソコン

この度、PC-8001とMZ-80K、MB-6890が見事、未来技術遺産に選ばれました。

記事を読む

ネットワーク構成図を描こう!

みなさんの会社にはネットワーク構成図があるでしょうか? パソコンやインターネットの

記事を読む

中小企業にぴったりのプリンターとは?ビジネスインクジェット5つのメリット

長らく、中小企業などのオフィスで使用するプリンター、複合機と言えばレーザープリンターでした。

記事を読む

Wi-Fiが不安定で途切れてしまうときの対策まとめ

スマートフォンやタブレットPCが広く使われるようになった現在では、Wi-Fiでインターネット

記事を読む

パソコンを購入時の状態に戻したい!リカバリー時の注意点

パソコンの動作がおかしい、ウイルスに感染して駆除できない、動作が遅くなってしまった。

記事を読む

信頼性でSDカードを選ぶなら

デジカメでの撮影などで欠かせないのがSDカードですが、皆さまは普段、どの様に選んでいるでしょ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑