*

初心者向け!間違 いのない パソコン購入のための3ステップ

公開日: : PC導入・交換

0068

パソコンを購入することになったとき、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。そんなときにパソコン選びのポイントが理解できていれば、業務に最適なパソコンをスムーズに選ぶことができるでしょう。

 

本記事ではビジネス用途を対象に、初心者でも分かりやすい、パソコン選びのチェックポイントについて解説します。

 

 

パソコン購入時にチェックすべきこと

一口にパソコンと言っても、種類も用途も様々です。そこで今回は「ビジネス用途」を想定した場合にチェックすべきポイントとして、特に重要な3点に絞ってまとめました。

デスクトップかノートか

はじめに、デスクトップパソコンとノートパソコンのどちらにするかを決めましょう。

 

持ち歩くことがなく、設置するスペースにも余裕がある場合は、デスクトップパソコンを選択しましょう。一方、外回りの業務やフリーアドレス制オフィスでの利用を考えているのでしたら、ノートパソコンが向いています。

パソコンの本体形状

次に、購入するパソコン本体のタイプを確認しましょう。デスクトップパソコンの場合、「一体型」と「セパレート型」の2つのタイプがあります。

 

「一体型」のメリットは、省スペースであることや持ち運びが楽なこと。一方で「セパレート型」のメリットは、メンテナンス性の高さやディスプレイなどの周辺機器を自由に交換できることです。

 

ノートパソコンの場合は、基本的にどれも同じ本体形状となっています。最近話題のウルトラブックやタブレットパソコンを選んでも良いのですが、用途やメンテナンス性についてもしっかり確認しておくようにしましょう。

パソコンのスペック(性能)

パソコン本体の種類が決まったら、次はスペックを考えましょう。「スペック」とは、パソコンの性能のことで、CPUやメモリー、HDD/SSDなどのパーツの選択によって変わってきます。

 

高いスペックのパソコンはスピーディーに動いてくれますが、その分だけ値が張ってしまいます。どのような業務で利用するのかを確認した上で、適切なスペックのパソコンを選ぶことが肝要です。

 

例えば、デザインやシステム開発などの業務では、可能な限り高いスペックのパソコンを選ぶことをおすすめします。また、営業やバックオフィスなどの業務では、WebブラウザーやOffice製品、メールソフトなどが使えれば十分と言えます。

 

このように、業務に合わせてスペックを選択すると良いでしょう。

 

なお、メモリーやHDD/SSDなどの機器は増設(後から追加・交換して性能を上げること)が可能な場合も多いです。他方、CPUの交換は専門業者でないと困難でしょう。パソコン購入時には、こういった点も考慮するようにしてください。

 

 

中古パソコンはコストパフォーマンスが高い

新品にこだわらなければ、中古パソコンも選択肢に入れると良いでしょう。

 

安心して使っていただけるよう、新品でメーカー製のパソコンを購入した場合と比べても見劣りしない、保証やサポートをさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。パソコンは長く使う機器なので、自分にぴったりのものを選びたいものです。本記事でご紹介したポイントを参考に、より良いパソコン選びをされてくださいね。

安心して使っていただけるよう、新品でメーカー製のパソコンを購入した場合と比べても見劣りしない、保証やサポートをさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

リングロー株式会社

関連記事

WindowsからMacへ簡単にデータ移行しよう

パソコンを新しく購入すると、面倒なのがデータや設定の移行です。 移行アシスタントは、A

記事を読む

間違いのない中古パソコンの選び方

新品のパソコンに比べて、中古パソコンはその選択肢が膨大なので、いったいどれを選べば良いのか、

記事を読む

たためるパソコン、KINGJIMポータブック

KINGJIM(キングジム)と言えば、オフィスでは定番のテプラを思い浮かべる方が多いでしょう

記事を読む

CPUのベンチマークでパソコンの性能を知る

 パソコンを利用する中で、「ベンチマーク」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょう

記事を読む

7月29日までにWindows 10にアップグレードしておいた方が良い理由

世間では、勝手にパソコンがWindows 10にアップグレードされていたという話が話題になっ

記事を読む

ノートパソコン購入時にCPUとメモリを重視する理由

 デスクトップパソコンと違い、カスタマイズの制約が多いノートパソコンを購入する際にはいくつか注意

記事を読む

ビジネス用のパソコンには静音パソコンを選ぼう

   会社でパソコンを使っていると、パソコンの稼働音が気になることはありませんか?

記事を読む

そろそろ新しいOS X、El Capitanへアップデートしてみよう

9月30日にMacの新しいOSである、OS X El Capitan(オーエス テン エル

記事を読む

無線LANが繋がらないときの確認と対策のまとめ

今回は、無線LANが繋がらなくなったときの確認方法と対策についてご紹介します。無線LANを使

記事を読む

まだの方はすぐ対策を!サポート切れのOfficeを使い続ける危険性

  2014年4月にWindows XPのサポートが終了し、その際同時にマイクロソフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法②

前回は、Cドライブに溜まってしまったデータをDドライブに移すた

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」と

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法①

++++++++++ あけましておめでとうございます。 知

「指定されたパスは存在しません」データが開けない場合の対処法②

前回は、古いパソコンで元データを正しくコピーする方法をご紹介し

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑