*

事前にチェック!査定でパソコンの買取価格を下げない秘訣

公開日: : OA機器

0076

オフィスや自宅に使用しなくなったパソコンが放置されていませんか?無料回収という手段もありますが、まだ使用できるものであれば、買取として価格をつけることができます。値段がつくのであれば、少しでも高い方が嬉しいのは言うまでもありませんね。

今回はパソコンを買取に出す前に確認してほしい、少しでも買取価格を下げないようにするためのポイントについてご紹介します。

本体は使用できるか、状態は綺麗か

本体が使用できる状態であることは買取価格を下げない最低条件です。

 

また、使用頻度の高いキーの印字がはげてしまっていたり、ボディに目立つ傷がついていたり等の外傷は、言うまでもなく値段を下げる要素の一つとなってしまいます。

 

このとき注意していただきたいのは、パソコン本体にシールを貼り付けてデコレーションパソコンを作成している場合です。

 

「買取価格は剥がしてある方が上がるかもしれない!」と考え、ご自身で剥がしてから買取に出す方がいらっしゃいますが、製品によっては無理に剥がそうとしたことで傷がついてしまう場合や、塗装まではげてしまう場合があります。シールやデコレーション等をしている方は、そのままの状態で買取申請を行った方が無難かもしれません。

 

付属品が全て揃っているか

購入した際に付属していたものは必ず一緒に査定に出しましょう。パソコン本体やACアダプターはもちろん、取扱説明書等も一式揃っているとベストです。

 

また、外箱もできる限り手元にとっておくようにしましょう。

 

HDD(ハードディスク)が生きているか

パソコンを処分する際に、個人データ流出の恐怖が頭をよぎる方も多いのではないかと思います。買取をする際にはデータ消去をセットで行う業者がほとんどですが、データ消去にも方法がいくつかあります。

 

その中の一つに、HDDに穴を空ける物理破壊というものがあります。これにより第三者の魔の手からHDD内のデータを守ることができますが、買取後のパソコンは再利用・再販売されることが多いので、HDDが再起不能になるとその分金額にも影響が出てしまいます。

 

他にも専用のソフトでデータ消去を行う方法もあります。こちらの方法であればHDDに傷をつけることなく査定を進めることができますが、データ消去の確実性を高めるのであれば物理破壊をおすすめします。

 

まずは必ず買取を依頼する業者に、データ消去をしっかり行っているか、行っている場合はどのような方法で行っているのかまで、事前に確認しておくようにしましょう。リカバリーと呼ばれる初期化をするだけの場合、HDDの奥底にデータが残ってしまうため、詳しい人の手に渡れば簡単に取り出して悪用されてしまいます。最も安心できるのはしっかりデータ消去証明書を発行している業者にお願いすることです。

 

Officeソフトのディスクがあるか

ここまでは「買取価格を下げないポイント」をご紹介してきましたが、最後に「買取価格を上げるポイント」をご紹介します。

 

パソコンを購入した際にOfficeソフトのディスクが付属されている場合がありますが、実はこのディスクも合わせて買取に出すと、平均して5,000円~10,000円も買取価格に上乗せされます。しかしこういった付属のソフトは外箱とまとめて置いておきがちで、気付かないうちに捨ててしまったという事例も少なくありませんので注意が必要です。

 

まとめ

以上のポイントを抑えることで、より適切な価格で買取を進めることができます。また、将来的にいつか買取に出すかもしれない動きも考えて、外箱や付属品はしっかり手元で管理しておくようにしましょう。

 

リングローでも買取を行っていますが、HDDの物理破壊と専用ソフトの2種類からデータ消去方法をお選びいただけるだけでなく、消去証明書も無償で発行しています。また、有償サービスになりますが、データの移行も承っています。壊れているものでも価格をつけることができる場合もありますので、諦める前に一度リングローへ査定に出してみてはいかがでしょうか。

リングロー株式会社

関連記事

未来技術遺産に選ばれた3台のパソコン

この度、PC-8001とMZ-80K、MB-6890が見事、未来技術遺産に選ばれました。

記事を読む

心機一転!オフィス引越しにおける注意点【OA機器編】

春は引越しのシーズンですね。引越し業者も2、3、4月は繁忙期で割り増しになるようです。ならば

記事を読む

間違っていた!?パソコンのバッテリーを正しく使う方法

1985年に日本のメーカーがリチウムイオン電池を発明して以来、小型軽量、高電圧のリチウムイオ

記事を読む

SSDの容量に様々な表記がある理由

ノートパソコンのストレージといえば、SSD(ソリッドステートドライブ)がだいぶ定着して来た様

記事を読む

狭い会議室を広く!スクリーンにぴったり近づけて使えるプロジェクターとは?

会議やプレゼンテーションなどで、プロジェクターを使う機会もあると思いますが、部屋があまり広く

記事を読む

Wacomのペンタブレットで作品作りの幅を広げよう!

パソコンが普及してからというもの、写真を編集したり、絵を描いたり、動画を作ったり、音楽を編集したり…

記事を読む

意外と知らないブラザープリンタの特徴とは?

   プリンタに求められる機能は、その使用用途によって変わってきます。プリンタは、Canonや

記事を読む

パソコンパーツも中古を活用しよう

中古車や中古バイク、中古住宅などは一般的でも、中古パソコンの知名度はまだまだかも知れません。

記事を読む

Wacomのペンタブレットで作品作りの幅を広げよう!(Intuos編)

前回、Wacom(ワコム)のペンタブレットについてご紹介しましたが、今回は9月11日に発売さ

記事を読む

外付けの液晶ディスプレイを選ぶポイント

パソコンを使うときに欠かせないのがディスプレイですよね。デスクトップはもちろんのこと、ノート

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑