*

家庭用でも中古ビジネスパソコンを選ぶ5つのメリット

公開日: : PC導入・交換

0031

ビジネス用のパソコンを買おうと考えた時、新品や中古のビジネスモデルを選ぶ事は、ある意味当たり前の事です。

 

しかし、ビジネスモデルは仕事にしか使えないものなのでしょうか?

結論から言うと、そんな事はありません。家庭用、趣味用でもビジネスパソコンを選ぶメリットは充分にあります。

 

本当に必要なものを賢く選ぶタイプの方には、ビジネスパソコンは魅力的に映るかもしれません。

ビジネスパソコンとは?

パソコンには、一般に家電量販店やパソコンショップで販売されている「コンシューマーモデル」と、企業用に販売されている「ビジネスモデル」があります。

このビジネスモデルの事を、ビジネスパソコンやビジネスPCなどと呼んだりします。

 

多くの企業では、パソコンをリース契約で使用していますので、3年~5年程度でリース会社に返却されます。

このリースアップ品が中古市場に大量に出回るので、中古パソコンには意外とビジネスパソコンが多くあります。

 

今回はこの、中古ビジネスパソコンのメリットをご紹介いたします。

 

ビジネスパソコン5つのメリット

 

価格

まず、何と言っても価格は大きなメリットになります。

全体的にコンシューマーモデルより低価格に設定されていますので、同等スペックのパソコンが安く買える事が多いです。

特にデスクトップパソコンであれば、驚くほど安いパソコンも見つかるでしょう。

 

適度なスペック

価格にも通じますが、動画編集を頻繁にしたり、3Dゲームをしたりしなければ、ある程度のスペックで充分に使えるのが現在の中古パソコンです。

過度な性能を求めなければ、省電力で静かなパソコンが手に入るかもしれません。

 

アプリケーション

コンシューマーモデルでは、様々なアプリケーションがインストールされています。しかし、正直に言ってほとんど使わないものばかり、と言う事も珍しくありません。

その点、ビジネスモデルでは基本的にアプリケーションは入っていません。その分、ハードディスクの容量を節約出来たり、動作が軽快になったりという面があります。

パソコンに何を求めるかで変わってきますが、特にアプリケーションを必要としていない場合や、自分でインストールする場合は、初めは何も入っていない方が好都合でしょう。

 

セキュリティー

ビジネスパソコンではセキュリティー面でメリットのあるモデルも多いです。iPhone6では指紋認証機能が搭載されましたが、まだ、コンシューマー向けの商品では一般的ではないでしょう。

しかし、家庭内でも例えば、子供が勝手にパソコンを使用する事を防ぐ為にパスワードを設定しておいて、指紋認証で使える様にしておけば、使いたい時にすばやく使う事が出来るでしょう。

パスワードを忘れてしまったり、タイプミスをしたりする事もありません。

 

整備性

モデルにより一概に言えない部分もありますが、ビジネスパソコンでは、メモリーやハードディスクドライブ、光学ドライブの交換が容易に行える様な設計になっている事が多いです。

自分でカスタマイズやアップグレードを考えている方には大きなメリットになるでしょう。

 

こんな方には中古ビジネスパソコン

パソコンは使えれば良くて、見た目は気にしないという方は積極的にビジネスパソコンを選びましょう。逆に、デザイン性や革新性を求める方には物足りないかもしれません。

初めは出費を抑えておいて、後から色々アップグレードしていこうという場合もビジネスパソコンの出番です。

ノートパソコンであっても、外部出力に液晶モニターを接続して大画面にしたり、USB-DAC(ユーエスビー‐ディーエーシー)とスピーカーを接続してオーディオ性能を高めたりする事が出来ます。

 

中古ビジネスパソコンは場合によってはOS(オーエス)が付属しない事があります。ただその分価格が安くなりますので、Linux(リナックス)やAndroid(アンドロイド)をインストールして遊んでみたい、などといった用途には打ってつけでしょう。

 

まとめ

価値観はひとそれぞれ、パソコンに求めるものもひとそれぞれでしょう。

コンシューマーモデル、ビジネスモデル、それぞれにそれぞれの良さがありますが、ビジネスパソコンにメリットを感じる場合も多いと思います。

 

初めにも書きましたが、本当に必要なものを賢く選ぶという点では、中古のビジネスパソコンはおすすめです。

デザイン的にも、好感の持てるモデルが見つかるかもしれません。

 

パソコン選びの際に、中古ビジネスパソコンも選択肢に加えてみましょう。

幅がぐっと広がります。

 

中古品に不安を感じる方は、信頼のおけるショップから購入するのが良いでしょう。

リングローでも、もちろん中古パソコンを取り扱っていますので、お気軽にお問い合わせください。

リングロー株式会社

関連記事

快適に作業するための職種別おすすめパソコン環境

   パソコンを購入する時、選択の決め手となるのは価格でしょうか。それとも、快適さで

記事を読む

Windows 10にアップグレードするとタッチパッドの一部機能が使えなくなる問題

Windows 10無償アップグレードの期限が過ぎましたが、アップグレードした後、不具合は出

記事を読む

無線LANが繋がらないときの確認と対策のまとめ

今回は、無線LANが繋がらなくなったときの確認方法と対策についてご紹介します。無線LANを使

記事を読む

中小企業やスモールオフィスにもサーバーを導入しよう!

従業員が25名以下の、スモールオフィスにおいて、サーバーが必要かどうかは、しばしば議論に上が

記事を読む

サポート終了後にWindowsXPを継続利用してはいけない理由

2001年に発売されたWindowsXPは、Windowsの中でもっとも評価が高いOSとして

記事を読む

WindowsからMacへ簡単にデータ移行しよう

パソコンを新しく購入すると、面倒なのがデータや設定の移行です。 移行アシスタントは、A

記事を読む

Windows 10を仕事で安全にすぐ利用する方法!!

Windows 10のリリースまで1か月を切りました。@ringlogでも何度か取り上ました

記事を読む

デスクトップパソコンにもSSDを搭載しよう

   ノートパソコンでは、HDD(ハードディスクドライブ)の代わりにSSD(ソリッド

記事を読む

ノートパソコンのバッテリー寿命と交換時期

ノートパソコンのバッテリー持続時間は、一昔前と比べると非常に長くなりました。 &nbs

記事を読む

中古パソコンがおすすめのシチュエーション

ご存知の通り、リングローは中古パソコンを販売する会社です。 中古パソコンは万人におすす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法②

前回は、Cドライブに溜まってしまったデータをDドライブに移すた

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」と

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法①

++++++++++ あけましておめでとうございます。 知

「指定されたパスは存在しません」データが開けない場合の対処法②

前回は、古いパソコンで元データを正しくコピーする方法をご紹介し

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑