*

2015年、中小企業のIT投資

公開日: : 最終更新日:2018/08/06 PC導入・交換

0043

株式会社アイ・ティ・アールによる「国内IT投資動向調査2015」によると、企業のIT動向は「攻め」より「守り」となっています。

「守り」とは情報セキュリティー対策や災害対策などのリスク対策費に比重が置かれているという事です。

経理や人事などの基幹システムに、クラウドサービスを導入することは関心が高いですが、実際には慎重な姿勢を見せている中小企業が多い様です。

 

そこには情報システムに関わる専門スタッフが居なかったり、1人だったりする実情が大きく関係していると思われます。

 

「ゼロ情シス」「ひとり情シス」

今、「ゼロ情シス」や「ひとり情シス」という言葉がある様です。これは情報システムの担当社員が「ゼロ」あるいは「ひとり」の状態をさしています。

中小企業のほとんどはこの、「ゼロ情シス」「ひとり情シス」となっているのではないでしょうか?このブログをご覧になっているあなたも、他人事ではないはずです。

 

トラブル対応など、日々の業務に追われて、新しいシステムの導入どころか、パソコン、サーバーの入れ替えもままならない、といった状況がそこかしこで起こっているというのが、現在の中小企業を取り巻くIT環境の現状なのでは無いでしょうか。

 

サーバー老朽化リスク

そんな厳しい「ゼロ、ひとり情シス」に追い討ちをかける様に、Windows Server 2003が2015年7月に延長サポート終了を迎えます。Windows XPの時と同様、サポートの切れたOSを使い続けるのは、リスクが高くおすすめ出来ません。

 

ただし、サーバーの入れ替えは容易ではないので、頭の痛い問題ですね。

 

OA機器のコストカット

情報システムの社員が少ないのも、クラウドサービスの導入に慎重なのも、予算が限られている事が大きな要因となっているでしょう。

そういった部分に予算をまわす為にも、パソコンやプリンターなどのOA機器にかけるコストはなるべく抑えたいものです。

それを実現させるためには、積極的に中古品、再生品を活用していきましょう。

 

リングローの再生パソコンを導入することで、費用を3分の1まで抑えられた例もあります。

 

まとめ

今や、業務でパソコンを使用しないという企業は、かなり稀な存在です。どんな業種であってもパソコンは使用しますので、大なり小なり、IT投資は必要になってきます。

 

なかなか「攻め」のIT投資が出来なくても、「守り」はどうしても必要になります。

 

同じパソコンをずっと使い続ける事も出来ませんから、いずれ入れ替えが発生します。

 

必要なところに、必要な投資が出来る様に、抑えられるところは抑えていきましょう。

担当:鬼山

リングロー株式会社

関連記事

パソコンのゴミ箱を空にすれば大丈夫?確実なデータ消去方法

    新しいパソコンに買い換えると、古いパソコンは処分したり譲ったりする人も多いの

記事を読む

無線LANにおけるブロードバンドルーターの役割

   普段から何気なく利用しているインターネットですが、自宅で繋いでいる回線のほとんどは、ADSL

記事を読む

知ってるようで知らないMicrosoft Officeの全アプリ解説

   「Microsoft Office」とは、様々な機能をもつアプリケーションを組み合わせた

記事を読む

acerの新しいWindows 10搭載パソコンはデータ復旧サービス付き

  各社から、Windows 10をプリインストールしたパソコンが発売され始

記事を読む

デスクトップパソコンにもSSDを搭載しよう

   ノートパソコンでは、HDD(ハードディスクドライブ)の代わりにSSD(ソリッド

記事を読む

タッチパネル搭載パソコンのこんな使い方

最近ではタッチパネル搭載のパソコンや液晶モニターを家電量販店などでも多く見かけるようになって

記事を読む

比較検討!無線LANと有線LANのメリット・デメリット

   最近は、自宅で無線LAN、会社では有線LANというように使い分けている所が多い

記事を読む

中古パソコンがおすすめのシチュエーション

ご存知の通り、リングローは中古パソコンを販売する会社です。 中古パソコンは万人におすす

記事を読む

Windows 10の新機能と使えなくなる機能のまとめ

6月18日の記事では、Microsoft(マイクロソフト)の次期OS「Windows 10(

記事を読む

Windows 10にアップグレードするとタッチパッドの一部機能が使えなくなる問題

Windows 10無償アップグレードの期限が過ぎましたが、アップグレードした後、不具合は出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

1903更新後、追加された顔文字と記号の入力方法

文字を打ち込む際、 以前の更新プログラムの「Windows10

1903更新後のポインターのカラー変更

前回は更新プログラムの「Windows10 Version 1

1903更新後のポインターの大きさの変更

前回までに、更新プログラムの「Windows10 Versio

1903更新後のテーマの変更

前回、1903の更新後にサイン画面の仕様が変わったことをご案内

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑