*

2015年、中小企業のIT投資

公開日: : PC導入・交換

0043

株式会社アイ・ティ・アールによる「国内IT投資動向調査2015」によると、企業のIT動向は「攻め」より「守り」となっています。

「守り」とは情報セキュリティー対策や災害対策などのリスク対策費に比重が置かれているという事です。

経理や人事などの基幹システムに、クラウドサービスを導入することは関心が高いですが、実際には慎重な姿勢を見せている中小企業が多い様です。

 

そこには情報システムに関わる専門スタッフが居なかったり、1人だったりする実情が大きく関係していると思われます。

 

「ゼロ情シス」「ひとり情シス」

今、「ゼロ情シス」や「ひとり情シス」という言葉がある様です。これは情報システムの担当社員が「ゼロ」あるいは「ひとり」の状態をさしています。

中小企業のほとんどはこの、「ゼロ情シス」「ひとり情シス」となっているのではないでしょうか?このブログをご覧になっているあなたも、他人事ではないはずです。

 

トラブル対応など、日々の業務に追われて、新しいシステムの導入どころか、パソコン、サーバーの入れ替えもままならない、といった状況がそこかしこで起こっているというのが、現在の中小企業を取り巻くIT環境の現状なのでは無いでしょうか。

 

サーバー老朽化リスク

そんな厳しい「ゼロ、ひとり情シス」に追い討ちをかける様に、Windows Server 2003が2015年7月に延長サポート終了を迎えます。Windows XPの時と同様、サポートの切れたOSを使い続けるのは、リスクが高くおすすめ出来ません。

 

ただし、サーバーの入れ替えは容易ではないので、頭の痛い問題ですね。

 

OA機器のコストカット

情報システムの社員が少ないのも、クラウドサービスの導入に慎重なのも、予算が限られている事が大きな要因となっているでしょう。

そういった部分に予算をまわす為にも、パソコンやプリンターなどのOA機器にかけるコストはなるべく抑えたいものです。

それを実現させるためには、積極的に中古品、再生品を活用していきましょう。

 

リングローの再生パソコンを導入することで、費用を3分の1まで抑えられた例もあります。

 

まとめ

今や、業務でパソコンを使用しないという企業は、かなり稀な存在です。どんな業種であってもパソコンは使用しますので、大なり小なり、IT投資は必要になってきます。

 

なかなか「攻め」のIT投資が出来なくても、「守り」はどうしても必要になります。

 

同じパソコンをずっと使い続ける事も出来ませんから、いずれ入れ替えが発生します。

 

必要なところに、必要な投資が出来る様に、抑えられるところは抑えていきましょう。

リングロー株式会社

関連記事

7月29日までにWindows 10にアップグレードしておいた方が良い理由

世間では、勝手にパソコンがWindows 10にアップグレードされていたという話が話題になっ

記事を読む

パソコンのゴミ箱を空にすれば大丈夫?確実なデータ消去方法

    新しいパソコンに買い換えると、古いパソコンは処分したり譲ったりする人も多いの

記事を読む

中古パソコンの買取り、下取りの際に査定を下げないポイント

パソコンを買い換える場合、古いパソコンはどうしていますか? 最近は捨ててしまうという人

記事を読む

現行ダイナブックのおすすめモデルは?

ダイナブックとは、東芝が販売しているコンシューマー向けノートパソコンのブランド名です。

記事を読む

そろそろ新しいOS X、El Capitanへアップデートしてみよう

9月30日にMacの新しいOSである、OS X El Capitan(オーエス テン エル

記事を読む

Windows 8の機能、「すべてを削除してWindowsを再インストールする」とは?

それまで使用していたパソコンを、買取りに出したり、廃棄したりする場合に気になるのはデータの消

記事を読む

企業にぴったりなのはやっぱり法人向けパソコンだった

普段は何気なく、会社でも自宅でも、パソコンを使用していると思いますが、パソコンには大きくわけ

記事を読む

高級?でも快適!パソコン用外付けキーボード5選

   パソコンには無くてはならないキーボードですが、その用途は様々です。事務作業やゲ

記事を読む

インテル製CPUの種類と違い

   テレビのCMで、「インテル、入ってる?」というフレーズが記憶にある方も少なくな

記事を読む

WindowsからMacへ簡単にデータ移行しよう

パソコンを新しく購入すると、面倒なのがデータや設定の移行です。 移行アシスタントは、A

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でCD,DVDが認識されなくなってしまった場合の対処法①

パソコンが1台あれば、専用のDVDプレイヤーやCDコンポがなく

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法③

前回は、パーティションを変更するためのフリーソフトを使って、容

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法②

前回は、パーティションを変更するためのフリーソフトのインストー

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法①

Cドライブの容量がいっぱいになってしまったときの対処法として、

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑