*

待望の4インチモデル!iPhone SE発売

公開日: : スマホ・タブレット

top-6

iPhoneユーザーの中には、本体の大きさが理由でiPhone 5sを使い続けている方も少なくないでしょう。

そんなiPhone 5sユーザーが待ち望んだ4インチモデルの最新版がiPhone SEです。

 

今回は発売したばかりの待望の4インチモデル、iPhone SEをご紹介します。

 

iPhone SEの新機能

iPhone SEの外観は、ほぼiPhone 5sです。外観だけで識別出来る人はほとんどいないでしょう。

しかし、中身はかなりの進化をとげていて、ほぼiPhone 6sと同等になっています。

 

CPUの処理能力は約2倍に向上し、1200万画素のカメラを搭載して、4K動画撮影にも対応しています。

Siriも常時起動となっており、「Hey Siri(ヘイ シリ)」の音声で起動可能になりました。

 

他にもiPhone 5sと比べて、様々な新機能が搭載されています。

ただし、iPhone 5sと比べてであって、全てiPhone 6sで採用されている機能になり、本当の新機能はありませんでした。

 

また、指紋認証機能である「Touch ID(タッチ アイディ)」は第1世代のものが採用されていますし、「3D Touch(スリーディー タッチ)」は搭載されいませんので、iPhone 6sと比べると細かなところで操作性に違いがあります。

 

ストレージ容量は16GBと64GB

iPhone SEのストレージ容量は16GBと64GBの2種類が用意されています。

しかし、「Live Photos(ライブ フォト)」や4K動画に対応している事を考えると、16GBでは容量をすぐに使ってしまいアップデートもままならない状況になってしまうでしょう。

 

androidスマホとは違い、SDカードでストレージを補う事は出来ませんから、実質的には64GBの一択となりそうです。

 

カラーはiPhone 6sと準じた4種類

カラーは「シルバー」「ゴールド」「スペースグレイ」「ローズゴールド」の4色展開となります。

iPhone 6sでおなじみのカラー展開ですね。

 

 

まとめ

片手で持ちやすい4インチモデルのiPhoneが遂にモデルチェンジしました。

とは言っても外観にほとんど違いはなく、中身はiPhone 6sの機能を一部省略したものなので目新しさは少ないです。

 

それでも4インチモデルを待っていた方には、間違いなく「買い」のモデルだと思います。

6sの処理能力を考えれば、2~4年は不満なく使えるでしょう。

 

ひとつ注意点としては、「ほぼ」iPhone 5sと同じボディなので、全く同じではないという事です。

つまり、今まで使っていたお気に入りのケースがそのまま使えない場合がありますので、しっかり確認しましょう。

(出展:http://iphone-mania.jp/news-106642/

リングロー株式会社

関連記事

次期iPhoneは6sか?7か?

2015年4月10日に新型MacBook、4月24日にApple Watchと相次いで発売に

記事を読む

スマホの通信制限を回避するには?

先日の記事で 先日の記事でスマートフォンの通信制限に引っ掛かってしまった際の対処法についてご

記事を読む

新しくなったiPhone 6sと6s Plusが発表

2015年9月10日に、Appleから新製品の発表がありました。 それぞれ注目している

記事を読む

スマホをかざせば即翻訳、Googleリアルタイム画像翻訳とは?

iOSやAndroidで利用出来るGoogle(グーグル)の翻訳アプリが、先日アップデートさ

記事を読む

新品?中古?気になる激安タブレットを購入する際の3つの注意点

初代iPadが2010年に発売されてから、4年以上が経過し、タブレットもすっかり定着した感が

記事を読む

玄関の鍵をスマホで開けられる後付スマートロック

最近の自動車に搭載されているスマートキーの機能は大変便利なものです。 ポケットやカバン

記事を読む

世界シェア3位の中国のスマホメーカー「Xiaomi」とは

いきなりですが皆さん、スマートフォンメーカーと言われて思いつくのはどこでしょう。iPhone

記事を読む

今さら聞けないiPhone6とPlusの違い

Apple製のスマートフォンと言えばiPhoneですね。世界中で大ヒットし、今やスマートフォ

記事を読む

スマホで手軽にファイル管理をするためのアプリ5選

スマートフォンは他の記録媒体と同じように、ファイルの管理に活用することも可能です。本記事では

記事を読む

ビジネス向け!業務に使えるAndroid人気アプリをご紹介

   今回は、ビジネスにも使える人気のAndroidアプリをご紹介します。アプリを有

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑