*

標的型攻撃メール対策、怪しいメールは開くなと言うけれど・・・

公開日: : 最終更新日:2016/05/26 OA機器

R084

「怪しいメールや、心当たりが無い添付ファイルは開かない」というのは、そろそろ耳にタコが出来るほど、繰り返し聞いてきている言葉だと思います。

確かに迷惑メール、スパムメールの様な、不特定多数に送られているメールは、開かなければそれで済むでしょう。

しかし、本当に気をつけるべき「標的型攻撃メール」は「怪しくないメール」を巧妙に装い、開封せざるを得ない状況をつくります。

今回は標的型攻撃メールの対策についてご紹介します。

 

標的型攻撃メールは怪しくない

標的型攻撃メールとは、不特定多数にばら撒くメールとは違い、あなたの会社やパソコンを標的としてウイルス付きの添付ファイルを開かせたり、サイトに誘導してダウンロードさせたりする目的で送られてくるメールの事です。

標的型では「クレームのメール」、「取材の申し込み」、「仕事の依頼」、「採用に関する問い合わせ」等、無視する事が難しい内容を装っています。

また、何度かのやりとりの後で、本命のウイルス付きメールを送信してくる場合もあります。

つまり「怪しいメール」でも「心当たりが無い添付ファイル」でもないメールが、「ウイルスメール」となりますので、冒頭の対策では全く意味をなしません。

 

 

怪しくないメールから「怪しい」部分を探す

独立行政法人、情報処理推進機構(IPA)によると見分け方の例として

フリーメールアドレスからの送信

本文中のメールアドレスと、送信元のメールアドレスが一致しない

添付されているファイルのファイル名が偽装されている

日本語で使用しない漢字が使われている

などをあげています。

もちろん上記の全てがあてはまらない「攻撃メール」も存在する可能性がありますので、慎重に見極める必要があります。

業務でメールの確認をする場合は、標的型攻撃メールの可能性があるという事を常に頭のすみに置いておかなければなりません。

また、標的型攻撃メールが送られている事が判明した場合や、不幸にもウイルスに感染してしまった場合などにどの様に対応すればよいのかしっかりと決めておきましょう。

IPAテクニカルウォッチ「標的型攻撃メールの例と見分け方」2015年1月

http://www.ipa.go.jp/security/technicalwatch/20150109.html

 

 

専用のパソコンを1台用意する

標的型攻撃メールからの対策として、専用のパソコンを用意する事も有効でしょう。

ご紹介したとおり、標的型攻撃メールは「開かざるを得ない状況」を装っていますので、開封して確認しなければいけない場合も多いでしょう。

その場合、ネットワークに接続していないパソコンを用意しておいて、そのパソコンで確認する方法があります。

メールの添付ファイルなどが、万が一ウイルスであっても、ネットワークから隔離されていればウイルスの拡散を防ぐ事が出来ます。

ファイルの移動にはUSBメモリーなどを利用する事になるでしょうから、そのUSBメモリーからウイルス感染しない様に注意しましょう。

CD-Rを利用して使い捨てにすれば、安全度は高まるでしょう。

お察しのとおり、この様なパソコンには是非中古パソコンを利用しましょう。

添付ファイルを開くだけですから、最低限のスペックのパソコンを用意すれば充分です。

 

 

まとめ

これからは「怪しいメール」はもとより、「怪しくないメール」にも気をつけなければいけません。

標的型攻撃メールに限らず、セキュリティー対策に完全はありませんので、各自が意識を高く持つ必要があるでしょう。

また、日々巧妙になる手口に対抗するために情報収集も欠かす事が出来ません。

「これをすれば安全」という対策はなかなか無いので、ウイルス感染を防ぐ方法、そして万が一の感染時にどの様に対応するのか、日ごろから意識していきましょう。

リングロー株式会社

関連記事

外付けの液晶ディスプレイを選ぶポイント

パソコンを使うときに欠かせないのがディスプレイですよね。デスクトップはもちろんのこと、ノート

記事を読む

パソコンをもっと快適に使う!おすすめ便利グッズとは

仕事にプライベートに、パソコンを活用されている方も多いでしょう。毎日のように使うパソコンだか

記事を読む

オフィス移転を機に電話も見直してみよう

オフィスで使用している電話は、一般的にはビジネスホンと呼ばれる業務用のもので、家庭用電話とは異な

記事を読む

意外と知らないブラザープリンタの特徴とは?

   プリンタに求められる機能は、その使用用途によって変わってきます。プリンタは、Canonや

記事を読む

間違っていた!?パソコンのバッテリーを正しく使う方法

1985年に日本のメーカーがリチウムイオン電池を発明して以来、小型軽量、高電圧のリチウムイオ

記事を読む

徹底解説!ブロードバンドルータ ーを買う時の5つのポイント

今回のテーマは、インターネットを便利かつ安全に使うことのできるパソコン周辺機器、ブロードバン

記事を読む

次期MacBookの気になるウワサ。12インチMacBook Stealth!?

その昔は一部の熱烈なマニアの間や音楽、デザイン業界等で使われていたApple製品ですが、iM

記事を読む

知らなきゃ損!?あると便利なおススメ周辺機器

  「一家に一台」から「一人に一台」へと市民権を得たパソコンですが、持っているからに

記事を読む

フロッピーディスクを発明したのは誰なのか?

先日、所用でさいたま地方法務局を訪れたとき、「商業・法人登記申請及び電子証明書発行請求におけ

記事を読む

薄くて軽いだけじゃない!?最新ウルトラブックパソコン特集!

近年では薄くて軽いウルトラブック等と呼ばれるノートパソコンが多く出てくるようになりました。さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑