*

ネットワーク構成図を描こう!

公開日: : 最終更新日:2016/05/09 OA機器

nw

みなさんの会社にはネットワーク構成図があるでしょうか?

パソコンやインターネットの利用が、当たり前となっている現在では、仮に業務で使用するパソコンが1台であってもネットワークが存在します。

1台だけであれば、どこに何がつながっているのか、記憶しておく事は簡単かもしれません。

しかし、パソコンが5台以上になってくると、すべての社員が、どのパソコンがどこにつながっているのか把握するという事は難しくなってくるでしょう。

そもそも、ネットワークを構築する前に、設計図としてネットワーク構成図を作成する事が望ましいですが、実際にネットワーク構成図をしっかりと作成したという中小企業は少ないかもしれません。

業務上特に問題が起こらなければ、ネットワーク構成図が無くても、特に意識する事はありませんが、ひとたびトラブルが起きた時は、ネットワーク構成図で状況を把握出来ているのと、そうでないのとでは、雲泥の差が出る場合があります。

セキュリティーの面からも、ネットワーク構成図を作成して、ネットワークの状況を正確に把握する事をおすすめします。

今回はネットワーク保守の入り口である、ネットワーク構成図の描き方をご紹介します。

 

使用機器の把握

まずは、会社の中にどんな機器があるのか、リストアップしましょう。ネットワーク機器であれば、回線終端装置(ONU)やモデム、ルーター、ハブなどです。

そこから接続されるパソコン、ディスプレイ、複合機、プリンターなども全てリストアップします。

細かい型番もここで確認しておけば、何かトラブルがあった場合に業者とのやり取りがスムーズになります。

同時にパソコンのCPU、動作クロック、メモリー容量、ハードディスク容量も控えておけば万全です。

これからネットワークを構築する場合は、予定の機器をリストアップする事になります。

リストアップが終わったら、ネットワーク機器と、それ以外のパソコンなどにそれぞれ通し番号をつけましょう。

手書きでリストを作成した場合も、最終的にはエクセルなどの表計算ソフトで、データ化しておきます。

台数が多いと、なかなか骨の折れる作業になりますが、リストが無ければ始まりませんのでがんばりましょう。

もしかしたら、ここで不正な持込機器が見つかるかもしれませんね。

 

ネットワーク構成図の下書き

使用機器のリストが完成したら、いよいよネットワーク構成図の作成にはいっていきます。

まずは、手書きで下書きをしていきます。

インターネットにつながる回線は、オフィスの壁から配線されていて、ONUやモデムに接続されていますので、まずはそこからスタートします。

リストの通し番号を活用しながら、どの機器がとこに接続されているのか、手書きで線を引いていきましょう。

ルーターやハブには、ポート番号が振られているので、何番のポートに何が接続されているのかも書き込んでいきます。

最近は無線LANでの接続も増えてきていると思います。有線LANと区別して、点線や波線で描いておくと良いかもしれません。

紙に収まらずに、描き切れなくならない様に、A3用紙に余裕を持って描いて行くと良いでしょう。

ネットワークを構築した時に、LANケーブルにそれぞれ行き先を書いたタグなどを付けてあれば、この作業はスムーズに進むと思います。そうでない場合はひとつひとつ、辿って行かなければなりませんが、ここでしっかりと把握をしておかないと、後々苦労する事になるかもしれませんので、さぼらずにやっておきましょう。

ついでに行き先のタグを取り付けておけば、その後の保守が楽になるでしょう。

手書きでの下書きが終われば、次はデータに起こしていきます。

 

ネットワーク構成図をデータ化する。

ネットワーク構成図は誰が見ても分かる状態にしておく必要があります。また、機器の入れ替えやレイアウトの変更も行われるでしょうから、修正のしやすさも考えて、データ化しておきましょう。

パワーポイントなどのプレゼンテーションソフトを利用して、作成するのが一般的だと思います。

エクセルなどの表計算ソフトでも作成可能でしょう。

ネットワーク構成図に必要な、ハブやパソコンのアイコンは、インターネットからフリー素材がダウンロード出来ますので、活用しましょう。

下書きを見ながら、それぞれのアイコンを配置していき、線で結んでいきます。

上から下に降りて行くパターンと、左から右に行くパターンがありますので、見やすいと思う描き方でどちらかを選ぶ様にします。

また、「Cacoo(カクー)」(https://cacoo.com/lang/ja/?ref=logo)の様な、Web上で図の作成が行える、無料のクラウドサービスもありますので、状況に応じて活用してみてください。

サイトにはネットワーク図のサンプルもありますので、参考にしてみましょう。

 

オフィスレイアウト図の作成

機器リストに、ネットワーク構成図が完成したら、オフィスレイアウト図も作成しましょう。

オフィスの見取り図を作成し、リストの機器がどの場所においてあるのか書き入れていきます。

作成手順はネットワーク構成図と同様に行えば良いでしょう。

先ほどの「Cacoo」にはオフィスレイアウト図のテンプレートも用意されています。

 

まとめ

使用機器リスト

ネットワーク構成図

オフィスレイアウト図

の3点があれば、パソコンやネットワークの保守をする際に、役に立つでしょう。

 

ネットワーク構成図が無かったり、必要性がいまひとつ理解出来なかったりする場合も多いとは思いますが、そもそもネットワーク構成図が無い事がおかしい、という様に捉えてください。

しっかりと作成をしておけば、「あって良かった」という場面が必ず訪れるはずです。

 

パソコン、ネットワーク保守の入り口としてネットワーク構成図を描いてみましょう!

( 出展元:https://cacoo.com/lang/ja/sample/network

リングロー株式会社

関連記事

薄くて軽いだけじゃない!?最新ウルトラブックパソコン特集!

近年では薄くて軽いウルトラブック等と呼ばれるノートパソコンが多く出てくるようになりました。さ

記事を読む

外付けの液晶ディスプレイを選ぶポイント

パソコンを使うときに欠かせないのがディスプレイですよね。デスクトップはもちろんのこと、ノート

記事を読む

離席時にはスクリーンロックをしよう!

その昔、パソコンのモニターにブラウン管を使用していた時代は、画面の焼き付き防止にスクリーンセーバ

記事を読む

実は違うEPSONとcanon、インクジェットプリンターの仕組み

オフィスでは、レーザープリンターを使用するのが一般的ですが、家庭では圧倒的にインクジェットプ

記事を読む

中小企業にぴったりのプリンターとは?ビジネスインクジェット5つのメリット

長らく、中小企業などのオフィスで使用するプリンター、複合機と言えばレーザープリンターでした。

記事を読む

プリンターを動かすために必要な、ドライバーとは?

   個人、法人を問わず、欠かせないデバイスとなったプリンター。ですが、プリンターが

記事を読む

ファックスを自動でデータ化して社内で共有しよう

電子メールが普及し、一般家庭ではその役目を終えた感のあるFAX(ファックス)ですが、まだまだ、業

記事を読む

ノートパソコンでの作業が”至極”快適になる外付けキーボード

持ち運ぶことが多いという理由から、小型で軽いノートパソコンを購入する人も多いのではないでしょ

記事を読む

社内でのデータ共有にNASを活用する方法

社内でのデータ共有はどのような方法で行っていますか?昔はフロッピーディスク、今はUSBメモリ

記事を読む

狭い会議室を広く!スクリーンにぴったり近づけて使えるプロジェクターとは?

会議やプレゼンテーションなどで、プロジェクターを使う機会もあると思いますが、部屋があまり広く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WWDC17にて新しいiPad Proを発表

2017年6月5日にカルフォルニアで行われたAppleの開発者

Windows10『フォト』で写真をインポートする方法

パソコンの便利な使い方の1つとして、スマホやデジカメに入ってい

出張や旅行先で役立つ!便利なITグッズ8選

出張や旅行に出た際、移動中やホテルに着いた際など、遠出をすると

Windows10で印刷がうまくいかない場合の対処法②

今回は、前回に引続き、PX-045Aというプリンターを例に、ド

リングロー社員で山形に田植え研修に行ってきました!

5月27日~28日の2日間、山形県にて研修を実施し、リングロー

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑