*

話題のNEC製モバイルパソコン、LaVie Hybrid ZEROの実力と価格

公開日: : 最終更新日:2018/08/08 PC導入・交換

0020

毎日、仕事でパソコンを持ち歩くビジネスマンにとって、パソコンの重量は敏感になるポイントではないでしょうか。

肩に食い込むカバンの重さに、辟易している方も少なくないでしょう。

「モバイルパソコン 最軽量」で検索するとヒットするモデルが、2015年2月に発売されたNECのLaVie Hybrid ZERO HZ550

もともと軽量パソコンで定評のあったLaVie Zシリーズがリニューアルされて、さらに軽量になりました。

LaVie Hybrid ZEROシリーズはオーソドックスなノートパソコンタイプと、タブレットにもなる2in1タイプがありますが、今回は軽さにこだわって、ノートパソコンタイプのHZ550をご紹介します。

 

驚くべき軽さを実現

なんといっても、注目すべきはその重量ですが、13インチノートでは世界最軽量(2015年4月1日現在、NEC調べ)の約779gを実現しています。

単純に重量だけで言えば、これよりも軽いモバイルノートも存在しますが、13.3インチのワイド液晶を備えてこの重量は脅威と言えます。

どのぐらいの重量感かというと、iPad Air2の重量が437g(カタログ値)ですから、約1.78倍という事になります。

iPadの画面サイズが9.7インチで面積が約291平方センチメートルなのに対して、HZ550が13.3インチで約512平方センチメートルとなりますので、約1.75倍です。

つまり、ちょうど13インチのiPadを持っているような感覚を想像していただければ、少しは軽さが伝わるでしょうか?

(もちろん13インチiPadというのは存在しませんが・・・)

 

10インチクラスのモバイルノートは、持ち運びには確かに有利ですが、もう少し画面サイズが欲しいと思っているユーザーも多いと思います。

その点、13.3インチであれば通常のビジネス用途において、快適に使用出来るはずです。

LaVie Hybrid ZERO HZ550の価値は、快適な13.3インチを備えて800gを切る重量を実現しているところにあります。

軽い、薄いと話題になった12インチの新しいMacBookも重量は約920gですから、日本のモノづくりの意地を感じさせます。

 

おすすめの構成は?

前述の通り、LaVie Hybrid ZEROにはタブレットにもなる2in1タイプも存在します。

1kgを切る重量で、タブレットとしても十分使いやすいモデルではありますが、ここはオーソドックスなノートパソコンタイプをおすすめしたいと思います。

重量も軽くなりますし、ビジネス用途に使いやすいノングレア液晶を採用している点も見逃せません。

(2in1タイプは光沢のあるグレア液晶になります。)

 

Windows 10にアップグレードする事を考えると、メモリーは8GB欲しいところです。

メモリーを8GBにする為には、カスタマイズモデルを選択する事になります。

4GBも8GBもオンボードメモリーとなるところをみると、後からメモリー増設をする事は出来ない様です。

メモリーを8GBにすると、自動的にCPUはCore i7になります。

 

バッテリーは重量を重視して標準バッテリーを選びます。

大容量バッテリーとの重量差はわずか71gですが、ここは重量にこだわってみます。

標準バッテリーでも約5.9時間の稼働時間がありますので、十分と言えるでしょう。

 

(2015年6月10日)現在キャンペーン価格で、差額11,000円でSSDを倍の256GBに変更出来ますので、SSDは256GBを選択します。

ここにビジネスには必須のOfficeソフトをつけて、保証は1年間を選択します。

 

まとめると

Core i7-5500U 2.4GHz

メモリー 8GB

標準バッテリー(約5.9時間)

256GB SSD(+11,000円キャンペーン価格)

Office Home&Business Premium(+28,800円)

1年保証

 

という構成になり、価格は206,600円(2015年6月10日現在)となります。

CPUはCore i5のモデルでも十分だと思いますので、CPUも選択出来るとなお良いですね。

決して安いモデルではありませんが、13.3インチで779gという価値に、見合った金額ではないでしょうか。

 

まとめ

重要なので繰り返しますが、「13.3インチで最軽量」というところがLaVie Hybrid ZEROの最大の価値になります。

日本製のパソコンらしく、過不足なくバランスのとれた機種ですので、どのモデルを選んでも満足出来るでしょう。

そのなかで、あえておすすめするのであれば、上記の構成になります。

気になる方は、まずは店頭で実際に持ってみて、その重量感を感じてみてください。

あまりの軽さに、思わす声が出る事でしょう。

( 出展元:http://www.necdirect.jp/shop/note/lavie/hz/index.html

 

 

担当:鬼山

リングロー株式会社

関連記事

無線LANにおけるブロードバンドルーターの役割

   普段から何気なく利用しているインターネットですが、自宅で繋いでいる回線のほとんどは、ADSL

記事を読む

似て非なるもの、SSDとeMMCの違い

「格安 ノートパソコン」等と検索すると、最近では2万円台の商品がずらっと並ぶ事も珍しくありま

記事を読む

パソコンを買い替えるタイミングって?

 日常生活・仕事の中でパソコンはもはや切っても切り離せない存在です。頻繁に使用するものだから

記事を読む

比較検討!無線LANと有線LANのメリット・デメリット

   最近は、自宅で無線LAN、会社では有線LANというように使い分けている所が多い

記事を読む

パソコンを導入するなら購入なのか、リースなのか

みなさんの会社では、業務で使用しているパソコンは、購入でしょうか?リースでしょうか? どちらか

記事を読む

Windows 10を仕事で安全にすぐ利用する方法!!

Windows 10のリリースまで1か月を切りました。@ringlogでも何度か取り上ました

記事を読む

Microsoftの次世代Webブラウザーはここが違う!

今年の夏にリリースされるWindows10に搭載される次世代Webブラウザ「Microsof

記事を読む

無料で使えるMicrosoft Office互換ソフトウェア「OpenOffice」

   ビジネスにおいて事実上必須となっているMicrosoft Officeですが、

記事を読む

ついに登場!ARM版Windows 10ノートパソコン!

  以前、@ringlogで「ソフトバンクが買収を発表したARMとは?」という記事を掲載しまし

記事を読む

おすすめ型落ちパソコンの見極め方

郊外にある、巨大なアウトレットモールもすっかり定着した感がありますね。 様々なブランドのア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【2019年版】無料で使えるおすすめの年賀状作成ソフト4選 ~前編~

今年もいよいよあと2か月を切りました。そろそろ年賀状の準備を始

【ペイント】文字を縦書きで入力する方法

前回は、ペイントで文字入力をした際に、90度左に文字が回転して

【ペイント】文字が90度横に回転してしまう場合の対処法

Windowsのパソコンには、標準でペイントというソフトが入っ

自宅でパソコンをインターネットに接続する~設定方法~

前回は、パソコンをインターネットに接続する場合の回線と環境につ

自宅でパソコンをインターネットに接続する~回線と環境~

前回は、インターネット接続に必要な3つのものについてお話ししま

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑