*

あなたの事業に最適な特徴を持つ富士ゼロックス複合機の実力

公開日: : 最終更新日:2015/06/04 OA機器

023

 

 複合機の大手メーカー、富士ゼロックス。

 

 富士ゼロックスの複合機は本体も比較的大きく場所を取るため、個人利用より事業者向けの複合プリンターとなっています。そのため、卓上に設置できる省スペース型のプリンターをお探しであれば、他社製品を検討すべきでしょう。

 

 しかし、事業用として富士ゼロックスの複合機は様々なメリットがあります。本記事では、その特徴と複合機の選び方についてまとめました。

 

 

富士ゼロックス複合機の特徴

  • 本体/印刷品質
  • 手厚いサポート
  • 接続端末を選ばない

 

 それぞれの特徴を知っておけば、複合機選びの決め手になるかもしれません。

 

<本体/印刷品質>

 複合機本体は紙が詰まりにくく、高画質かつ高速での印刷が可能です。また、省エネやセキュリティー機能にも力を入れており、コスト削減やリスク低減に繋がります。

 

<手厚いサポート>

 富士ゼロックスは全国に保守拠点を設けており、メンテナンスや緊急時のサポート体制が非常に充実しています。

 

 長期間の利用やトラブル時の対応を考えると、保守拠点が近くにあることはメリットとなるでしょう。

 

<接続端末を選ばない>

 ほとんどの機種にMac対応ドライバが提供されており、複合機の利用で端末を意識する必要がありません。

 

 また、富士ゼロックス製品に対応したソフトウェアが多数存在し、利便性が高いのも大きな特徴です。

 

 本体性能や印刷品質、サポートなども考えて選ぶと良いでしょう。

 

 

富士ゼロックス複合機を使ってみる

 最後に、富士ゼロックスの複合機を利用する3つの方法を挙げておきましょう。

 

1)レンタル

 月々数千円から利用可能ですが、汎用性の高い数年前の機種から選択して借りることが多く、短期間の利用によく用いられています。

 

 機器はレンタル会社が管理しています。尚、レンタル契約の場合は中途解約が可能です。

 

2)リース

 リース契約は長期間の利用で多く用いられ、最新機種が揃っていることが多いのが特徴です。

 

 機器のメンテナンスや保守などは借主が行う必要があり、中途解約はできません。

 

3)購入

 新品のほかに中古製品を購入することも可能です。中古製品はメーカー保守を受けることができないものも多いですが、その代わりコストを抑えることができます。

 

 また、中古製品を販売している業者がサポートしてくれることもあるのでしっかりチェックしましょう。

 

 

まとめ

 技術は日々進歩しており、メーカーによる複合機の差は普段の利用からだけでは分かり辛くなりつつあります。そのため、機種ごとの能力の差を比較するだけでなく、サポート状況についても把握することで、選択の決め手になるでしょう。

 

 複合機の選び方について分からない点などありましたら、ぜひ一度リングローまでご相談ください。

リングロー株式会社

関連記事

心機一転!オフィス引越しにおける注意点【OA機器編】

春は引越しのシーズンですね。引越し業者も2、3、4月は繁忙期で割り増しになるようです。ならば

記事を読む

中小企業におけるネットワーク保守・管理4つのポイント

今やパソコンを使う上で、インターネット接続は切っても切れない関係になっています。 それ

記事を読む

Wacomのペンタブレットで作品作りの幅を広げよう!(Intuos編)

前回、Wacom(ワコム)のペンタブレットについてご紹介しましたが、今回は9月11日に発売さ

記事を読む

大容量フラッシュメモリーでデータを持ち運ぼう

気軽にデータを入れて持ち運べる、USBメモリーやSDカード等のフラッシュメモリーはとても便利

記事を読む

知らなきゃ損!?あると便利なおススメ周辺機器

  「一家に一台」から「一人に一台」へと市民権を得たパソコンですが、持っているからに

記事を読む

仕事中に活用したい!パソコン周りの便利グッズ【バリバリお仕事編!】

仕事には欠かせないパソコン。最近ではパソコン周りの様々なグッズが発売されており、使用すること

記事を読む

データは完全消去!不要なパソコンを無料で安全に処分する方法

オフィスの中を見渡してみると、パソコンを始めとしたOA機器がたくさん導入されていますね。常に

記事を読む

次期MacBookの気になるウワサ。12インチMacBook Stealth!?

その昔は一部の熱烈なマニアの間や音楽、デザイン業界等で使われていたApple製品ですが、iM

記事を読む

無線LANの電波が届きにくい時は中継機を使おう!

  家庭でも職場でも、無線LAN環境がある事が、かなり浸透してきました。家庭や小

記事を読む

実は違うEPSONとcanon、インクジェットプリンターの仕組み

オフィスでは、レーザープリンターを使用するのが一般的ですが、家庭では圧倒的にインクジェットプ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法②

前回は、Cドライブに溜まってしまったデータをDドライブに移すた

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」と

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法①

++++++++++ あけましておめでとうございます。 知

「指定されたパスは存在しません」データが開けない場合の対処法②

前回は、古いパソコンで元データを正しくコピーする方法をご紹介し

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑