*

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

公開日: : 最終更新日:2018/04/04 OA機器

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」というものを覚えていますでしょうか。 

「Windows エクスペリエンス インデックス」とは、Windows VistaとWindows 7、8で搭載されていたツールで、パソコンの性能を数値化して表示する機能の事です。 

 

実はWindows 10でもこのインデックスを知る事が出来ます。 

 

今回はWindows 10でも「Windows エクスペリエンス インデックス」を使用する方法をご紹介します。 

 

Windows エクスペリエンス インデックス 

「Windows エクスペリエンス インデックス」はコンピューターのプロパティーを見るだけで簡単に確認する事が出来るWindows純正の機能で、パソコン同士を比較する事が出来たので、便利な機能でした。 

 

いくつかある数値の中で、一番低いものが基本スコアとして表示され、詳細を見ると 

「プロセッサ」 

「メモリ(RAM)」 

「グラフィックス」 

「ゲーム用グラフィックス」 

「プライマリハードディスク」 

の5項目のサブスコアがそれぞれ確認出来ました。 

 

例えばビジネスマシンだと「ゲーム用グラフィックス」が低く、それが基本スコアとして表示されるので、全体の性能が低い様に勘違いしてしまうといった弊害は多少ありましたが、手軽に確認出来るので、パソコンの紹介記事等では必ずと言ってよい程、このスコアが紹介されていました。 

 

ところがWindows 8.1以降は何故かこの機能が廃止されてしまいました。 

 

WinSat.exe 

「Windows エクスペリエンス インデックス」は表示されなくなりましたが、「WinSat.exe」と言う実行ファイルは残されていますので、「Windows PowerShell(管理者)」を起動させて実行すれば、サブスコアを知る事が出来ます。 

 

方法は以前紹介した様に「Windows PowerShell(管理者)」を起動します。 

 

そして「WinSat formal」と入力してください。 

するとプログラムが実行されて、しばらくすると終了します。 

 

そのままですと、何も表示されず、サブスコアも分からないので、 

「Get-CimInstance Win32_WinSAT」 

と入力します。 

 

すると下の様な画面が表示されます。 

 

 

「CPUScore」はプロセッサのサブスコアを示し、 

「D3DScore」はゲーム用グラフィックスサブスコア、 

「DiskScore」はプライマリハードディスクのサブスコア、 

「GraphicsScore」はグラフィックスのサブスコア、 

「MemoryScore」はメモリのサブスコアをそれぞれ示しています。 

 

従来でいう「ゲーム用グラフィックス」に該当する「D3DScore」のサブスコアは、現状のWindows 10では計測されないため、「9.9」となりますので、この部分は気にしないでください。 

 

従来の様に表示させる為に 

今までとは表示の仕方が違うので、少し見難いと感じる場合は、従来の様に表示させる事も出来ます。 

その場合は 

C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStoreフォルダ内の[日付].Formal.Assesment(Initial).WinSAT.xmlを探します。 

 

このファイルを下記のサイトにドラッグ&ドロップすると、スコアが表示されます。 

WinSAT Viewer 

http://winsat.aroundit.net/ja/ 

 (※現在、利用出来ません。)

 

ただ、該当ファイルを見つけるのが少し難しいので、通常はWindows PowerShellにて表示させれば事足りると思います。 

 

 

まとめ 

今回はWindows 8.1以降、無くなった様に見える「Windows エクスペリエンス インデックス」を確認する方法をご紹介しました。 

Windowsには、この様に「以前あったものが無くなった様だけど・・・」という事が、しばしば起こります。 

 

完全に無くなってしまった機能もありますが、意外と復活出来る機能もあります。 

 

何か気になる事があれば、一度インターネットで検索してみるのも良いでしょう。 

 

「Windows エクスペリエンス インデックス」は絶対的な評価基準ではありませんが、手軽に性能比較出来るので覚えておくと、周囲に自慢出来るかも・・・? 

 

出典:https://news.mynavi.jp/article/win10tips-98/ 

 

担当:鬼山 

リングロー株式会社

関連記事

古いアナログ音源をデジタル化して蘇らせるには

最近アナログレコードの人気が再燃してきているというニュースを見聞きする様になりました。 特にアメリ

記事を読む

徹底解説!ブロードバンドルータ ーを買う時の5つのポイント

今回のテーマは、インターネットを便利かつ安全に使うことのできるパソコン周辺機器、ブロードバン

記事を読む

外付けの液晶ディスプレイを選ぶポイント

パソコンを使うときに欠かせないのがディスプレイですよね。デスクトップはもちろんのこと、ノート

記事を読む

USBハブ付きのおすすめ製品の紹介

パソコンを使用する上で何かと出てくるUSB機器ですが、近年では様々なUSB機器の登場や充電利

記事を読む

中小企業におけるネットワーク保守・管理4つのポイント

今やパソコンを使う上で、インターネット接続は切っても切れない関係になっています。 それ

記事を読む

ダブルクリックが出来ないと嘆く前に

パソコンが苦手という方の中には、ダブルクリックが苦手、あるいは出来ないと言う方も多いのではな

記事を読む

WWDC17にて新しいiPad Proを発表

2017年6月5日にカルフォルニアで行われたAppleの開発者向けイベント「WWDC17」に

記事を読む

TransferJetは対応SDカード発売がきっかけで普及するのか?

皆さんはTransferJet(トランスファージェット)というものをご存知でしょうか?

記事を読む

Wacomのペンタブレットで作品作りの幅を広げよう!(Cintiq編)

前回はWacom(ワコム)のIntuos(インテュオス)についてご紹介してきましたが、今回は

記事を読む

間違っていた!?パソコンのバッテリーを正しく使う方法

1985年に日本のメーカーがリチウムイオン電池を発明して以来、小型軽量、高電圧のリチウムイオ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


数字しか打てなくなった?テンキーに関するあれこれ。

表計算などでの数字入力に便利なテンキー(キーボード右側の数字

「ファンクションキー」を使ってみよう!④【F4】キー

使いこなせると便利なファンクションキー。今回は【F4】キーの

タスクバーの検索ボックスに突如現れた絵を消す方法

最近社内の一部のパソコンで、下のように画面左下の検索ボックス

「ファンクションキー」を使ってみよう!③【F3】キー

使いこなせると便利なファンクションキー。今回は【F3】キーの

Chrome(クローム)の便利な拡張機能~文字起こしアプリNotta(ノッタ)~

Google Chrome(グーグルクローム)をもっと便利に

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑