*

1903更新後、追加された顔文字と記号の入力方法

公開日: : 最終更新日:2019/10/07 よくある相談

文字を打ち込む際、 以前の更新プログラムの「Windows10 Version 1809」で入力できるのは絵文字のみでしたが、「Windows10 Version 1903」の更新後から顔文字や記号が追加されました!

 

↓1809

 

↓1903

 

画像を比べても顔文字と記号のボタンが増えているのが確認できますね。

 

今回は追加された顔文字と記号の入力方法について、ご紹介していきます♪

 

①キーボードの(Windows)キーと(ピリオド)キーを同時に押します。

 

②最初、絵文字のリストが表示されるので、「顔文字」のマークをクリックして、顔文字の一覧を出します。
顔文字の一覧を出した後は、入力したい顔文字をクリックです。

 

③入力後、一覧を×をクリックで閉じます。

 

以上で、顔文字の入力完了です。
※記号は、②のところで「記号」のマークを選ぶと、一覧が表示されます。入力方法は顔文字と同じ方法になります♪

 

顔文字ですが、左から「クラシックASCLL」、「ハッピー」、「あいさつ」、「かわいい」、「悲しい」「怒り」、「驚き/言葉を失う」と7つのカテゴリにわかれています。

 

ハッピーのカテゴリを選んだ場合、笑顔の顔文字の一覧が表示されますよ♪

 

入力した文章に合った顔文字を選んでみてください♪

 

↓記号の一覧はこんな感じです。

 

今回は、1903更新後に追加された絵文字と記号をご案内しました。
みなさんも良かったら試してみてくださいね(●’◡’●)
次回もお楽しみに☆

 

 

担当:小笠原

リングロー株式会社

関連記事

サイトのショートカットの作成方法②

前回に続いてサイトのショートカット作成方法のもう1つの方法をご紹介します♪  

記事を読む

パソコンに差したUSBメモリー等の取り外し方法①

パソコンのデータ移行やバックアップでUSB(ユーエスビー)メモリーや外付けHDD(ハードディ

記事を読む

不具合対策!新しいユーザーへのデータ移行方法②

今回は、ユーザーアカウントの種類を変更する方法をご紹介していきます! 前回作成したアカウン

記事を読む

【Windows10豆知識】文字入力切替時の『あ』や『A』を画面中央に表示させない方法

パソコンで文字入力をしていて、アルファベットと日本語を切り替える時、キーボードのキーを押すか

記事を読む

アプリのショーカットアイコンの作り方

普段、皆さんがよく使っているデスクトップ画面のショートカットアイコンですが、「このアプリのシ

記事を読む

Windows10『フォト』の使い方~写真編集機能②~

今回は、前回に引続き、写真編集機能をご紹介していきます(^^)♪ まずは、スタートメニュー

記事を読む

Windows10で文字入力をしやすくする方法~IMEパッドに手書きで入力する~

人の名前や地名など、普段使わない漢字を出したいとき、読み仮名で変換をしてもなかなか出てこず、

記事を読む

Windows Liveメールのサポートが終了!対処方法とは?②

今回も前回に引続き、Windows Liveメールの代替案をご紹介していきます! &n

記事を読む

【WPS Office】Writerで簡単に便箋のような用紙を作る方法

以前、WPS Office(ダブリューピーエスオフィス)というオフィスソフトについてご紹介し

記事を読む

Windows10で印刷がうまくいかない場合の対処法①

パソコンを買い換えた際に、きちんとプリンターのドライバーをインストールしたはずなのに、印刷し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

1903更新後、追加された顔文字と記号の入力方法

文字を打ち込む際、 以前の更新プログラムの「Windows10

1903更新後のポインターのカラー変更

前回は更新プログラムの「Windows10 Version 1

1903更新後のポインターの大きさの変更

前回までに、更新プログラムの「Windows10 Versio

1903更新後のテーマの変更

前回、1903の更新後にサイン画面の仕様が変わったことをご案内

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑