*

パソコンを新しく購入した時の3つのデータ引越し方法

公開日: : PC導入・交換

0026

新しいパソコンを購入する理由は、「もっと快適にパソコンを使いたい」「最新OSを使うにはスペックが足りない」など、人それぞれです。しかし、購入時には恐らく多くの人に共通する悩みがあるのではないでしょうか。

 

それは、「今までと同じようにパソコンを使えないのではないか?」といった不安や、「データ移行などが面倒臭いのではないか?」というものです。

 

すぐに新しいパソコンで作業を行うには、データの移行や環境設定などが重要です。古いパソコンから新しいパソコンへの引越し方法を知っておけば、大きな不安解消に繋がるでしょう。

 

本記事では具体的に、次のような引越し方法について詳しくご紹介します。

 

・既に備わっている機能を利用する

・手動バックアップで引越しする

・データ移行ソフトを利用する

 

 

既に備わっている機能を利用する

Windows搭載パソコンであれば「Windows転送ツール」が利用できます。これは、メールや作成ファイル、設定などを、Windowsパソコン同士で転送することが可能な機能です。

 

MacOS搭載パソコンの場合は、「Mac移行アシスタント」を使いましょう。任意のファイルや設定、アプリケーションなどを移行することが可能です。

 

なお、古いパソコンがWindowsならば「Windows移行アシスタント」をそのパソコンにインストールすることで、異なるOSでもデータ等の移行ができるようになっています。

 

 

ただし、アプリケーションなどはOSが違うと利用できません。そのため、別途代替ツールなどを探す必要があります。

 

 

手動バックアップで引越しする

外付けハードディスクやUSBメモリー、DVD-Rなどのリムーバブルメディアを利用すれば、古いパソコンから任意のファイルのみを新しいパソコンに引越しすることが可能です。

 

引っ越しするファイルやアプリケーションを1つずつ自分で判断するため時間は掛かりますが、必要のないものまで移行させてしまう無駄を省けます。

 

また、WindowsとMac、いずれにも自動バックアップの機能が備わっています。バックアップデータをリムーバブルメディアに保存しておけば、万が一の際にも安心です。

 

 

データ移行ソフトを利用する

Windowsの場合、Windows転送ツールはアプリケーションの移行まで対応していません。そのため、アプリケーションのコピーに対応している市販ソフトを用意する必要があります。

 

このとき注意したいのは、データの引越し先となるパソコンで利用するWindowsのバージョンです。これが異なると対応するアプリケーションのバージョンが違ったり、旧バージョンでは利用OSに対応していなかったりする可能性があります。

 

セキュリティ上問題とならないように、アプリケーションの最新バージョンや対応OSを事前に確認しておいてください。

 

 

まとめ

データの引越しは、実際にやってみると非常に簡単です。ツールから機能を選んでクリックするだけだったり、外部の記録メディアにコピーするだけだったりと、「これだけで終わるの?」とむしろ不安になるほどかもしれません。

 

パソコンのOSが変わると、操作性や使用可能なソフトウェアも変わってきます。そのためデータの引越しよりも、むしろ操作の違いに慣れる方が時間を要する場合もあるでしょう。万が一に備えてデータバックアップを行なっておけば、突然の買い替えでも慌てずに済みます。

 

リングローではパソコンの買い替え・処分の際にデータ移行サービスを承っております。お気軽にご相談下さい。

リングロー株式会社

関連記事

CPUのベンチマークでパソコンの性能を知る

パソコンを利用する中で、「ベンチマーク」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか

記事を読む

PC選びの重要ポイント!HDDとSSDの違いを徹底解説

   パソコンのストレージとしては、「HDD」と「SSD」が真っ先に挙げられますが、

記事を読む

パソコン購入時にもう妥協も我慢も必要なし!リングローの「パソコンお試しサービス」をご紹介!

パソコンを購入する際、皆さんはどこに注目しますか?   スペックや見た

記事を読む

中古パソコンにWindows10をインストールしてみた

前回、Windows 10導入に中古パソコンを提案させていただきましたが、実際の動作はどうだ

記事を読む

スティック型PCの選び方

スティック型PCやスティックPCと呼ばれる、超小型のパソコンが初めに販売されたのは2014年

記事を読む

無線LANにおけるブロードバンドルーターの役割

   普段から何気なく利用しているインターネットですが、自宅で繋いでいる回線のほとんどは、ADSL

記事を読む

Windows 10にアップグレードするとタッチパッドの一部機能が使えなくなる問題

Windows 10無償アップグレードの期限が過ぎましたが、アップグレードした後、不具合は出

記事を読む

たためるパソコン、KINGJIMポータブック

KINGJIM(キングジム)と言えば、オフィスでは定番のテプラを思い浮かべる方が多いでしょう

記事を読む

ノートパソコン購入時にCPUとメモリを重視する理由

 デスクトップパソコンと違い、カスタマイズの制約が多いノートパソコンを購入する際にはいくつか注意

記事を読む

あとで泣かない!パソコンを買ったら必ず行いたい初期設定

   パソコンの初期設定には、初回起動時の設定と、快適で安全に使用するために必要

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1903更新後の文字の大きさ変更

これまで数回に渡り、「Windows10 Version 19

1903更新後、追加された顔文字と記号の入力方法

文字を打ち込む際、 以前の更新プログラムの「Windows10

1903更新後のポインターのカラー変更

前回は更新プログラムの「Windows10 Version 1

1903更新後のポインターの大きさの変更

前回までに、更新プログラムの「Windows10 Versio

1903更新後のテーマの変更

前回、1903の更新後にサイン画面の仕様が変わったことをご案内

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑