*

薄くて軽いだけじゃない!?最新ウルトラブックパソコン特集!

公開日: : OA機器

0007

近年では薄くて軽いウルトラブック等と呼ばれるノートパソコンが多く出てくるようになりました。さらに、最近は薄くて軽いだけではなく、様々な機能や特徴を持ち合わせた機種が出てきています。

本記事では、最新の薄くて軽いだけではない、ビジネスシーンで活躍してくれるウルトラブックパソコンをご紹介いたします。

■ウルトラブック(Ultrabook)とは

CPUメーカーとして有名なインテルが2011年に提唱をした薄型軽量ノートパソコンの事を指します。世代によって細かい定義があるのですが、ざっくり言うと薄くて、起動が速く、バッテリーの持ちもよいノートパソコンという感覚で問題ありません。

 

■最新ウルトラブック紹介

パソコンの性能は近年飛躍的に上昇しており、ノートパソコンもただ持ち運べるだけでなく、画面が回転や取り外し可能でタブレット端末としても使用できる2in1(ツーインワン)と呼ばれる従来のパソコンのイメージを覆すようなタイプも出ています。まさに日進月歩です。というわけで、本題でもある最新のウルトラブック(筆者執筆時点)ですが、以下の3機種についてピックアップしていきます。

 

・13.3型で779gの超軽量 NEC / Lavie Hybrid ZERO

・Let’s noteシリーズ745gの最軽量 Panasonic / Let’s note RZシリーズ

・機能溢れるプレミアムパソコン TOSHIBA / dynabook KIRA V

 

○NEC / Lavie Hybrid ZERO

Lavie Direct HZ

(出典元:http://www.necdirect.jp/shop/note/lavie/hz/

 

2015年の春モデルとしてNECから発売されているウルトラブック。

 

13.3型のA4サイズでありながら、重量がわずか779gという超軽量を誇るパソコンです。タッチパネル搭載かつ、タブレットにも変形するので、資料説明など場面によって使い方を切り替えられるのはいいですね。

 

液晶はNECならではのIGZO搭載でWQHD(2560*1440)という高解像度を実現しています。そのため、細かい文字やドットなどの見づらくなりやすい画像もくっきりと表示をしてくれます。

 

バッテリーの駆動時間も約9時間とかなりパワフルで、設定や使い方など節電を意識すれば、1日2日使用することも可能でしょう。

 

ケースアクセサリーが用意されているのも大きなポイントになるのではないでしょうか。フェルトケースとレザーケースの2タイプとそれぞれカラーが2色ずつ用意されているので、使い方やお好みで選んでみてはいかがでしょうか。

 

○Panasonic / Let’s note RZ

lets-note-rz4

(出典元:http://panasonic.jp/pc/appli/rz_special/

 

わずか約745gしかない超軽量のノートパソコンです。

 

こちらもタブレットに変形できる2in1パソコンですが、タブレットにした時にキーボード部分が外にむき出しになってしまうのが難点です。専用アクセサリーにキーボードカバーがあるので、セットで購入するのもひとつの手かもしれません。

 

SIMカードスロットを搭載しており、ドコモMVNOのSIM(標準SIMサイズ)を使用すれば、インターネットに接続することも可能です。

 

10.1型と非常にコンパクトなので、電車の中や狭いデスクでも使いやすい上に、ビジネスでは使用する機会も多いVGA端子を備えているのもポイントです。

 

 

TOSHIBA / dynabook KIRA V

KIRA Vシリーズ

 

(出典元:http://dynabook.com/pc/ultrabook-v/

 

こちらは重さが約1.1kgと上記の2機種に比べると若干重さはありますが、ウルトラブックの中では軽い部類に含まれるでしょう。

 

液晶は長時間使用しても目が疲れにくい非光沢(ノングレア)液晶で、操作性にもこだわっており、キーボードやタッチパッドも打ちやすさ使いやすさを実現しています。

 

バッテリーも最大約16時間の長時間稼働の上、デザインもシンプルなので、ビジネスの場面だけでなく、いつでもどこでも使いやすいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、上記の3機種それぞれに特徴があり、ウルトラブックをお持ちの方もそうでない方も欲しくなったのではないでしょうか。今後もウルトラブックパソコンは進化しながら続々と登場することでしょう。リングローではウルトラブックの取り扱いもございますので、お気軽にご連絡下さい。

リングロー株式会社

関連記事

未来技術遺産に選ばれた3台のパソコン

この度、PC-8001とMZ-80K、MB-6890が見事、未来技術遺産に選ばれました。

記事を読む

中小企業におけるネットワーク保守・管理4つのポイント

今やパソコンを使う上で、インターネット接続は切っても切れない関係になっています。 それ

記事を読む

Wacomのペンタブレットで作品作りの幅を広げよう!

パソコンが普及してからというもの、写真を編集したり、絵を描いたり、動画を作ったり、音楽を編集したり…

記事を読む

もはやデータ保存だけじゃない!?おもしろUSBメモリー事情

最近のパソコンには必ずUSBポートが搭載されていますね。USBメモリーは軽くて持ち運びも楽ち

記事を読む

アスペクト比1:1の液晶ディスプレイの使い道

かつて、一般的なアスペクト比は4:3でした。最近では16:9のワイド画面が多くなってきていま

記事を読む

[保存版]メーカー別プリンタードライバーURL一覧と、各社の特徴

   パソコンでプリンターを利用する際に必ず必要となるのが、プリンター専用のドラ

記事を読む

パソコン新旧比較、してみました

弊社では、使わなくなったパソコンを無料で回収しております。 もし処分に困ったパソコンを

記事を読む

意外と知らないブラザープリンタの特徴とは?

   プリンタに求められる機能は、その使用用途によって変わってきます。プリンタは、Canonや

記事を読む

ノートパソコンでの作業が”至極”快適になる外付けキーボード

持ち運ぶことが多いという理由から、小型で軽いノートパソコンを購入する人も多いのではないでしょ

記事を読む

Amazonのパソコン周辺機器カテゴリ別ランキング

パソコンをより快適に使いやすくしてくれる周辺機器ですが、一言に周辺機器と言っても様々な種類が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マウスでスマホを操作する

以前@ringlogでも、スマートフォンの画面が割れてしまう等

Windows10でパソコンの調子が悪くなった場合の対処法

パソコンを使っていて、「なんか今日調子悪いな~」と感じることも

Windows10でパソコン内にデータをコピーする方法

3回にわたり、Windows10で『フォト』アプリを使った写真

通訳はLINEにおまかせ 

以前@ringlogではスマートフォンの翻訳アプリとして、Go

Windows10『フォト』の使い方~写真編集機能②~

今回は、前回に引続き、写真編集機能をご紹介していきます(^^)

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑