*

パソコンパーツも中古を活用しよう

公開日: : OA機器

0038

中古車や中古バイク、中古住宅などは一般的でも、中古パソコンの知名度はまだまだかも知れません。まして中古のパソコンパーツとなるとイメージがあまり無いと思いますが、意外と活用できるシーンがあるものです。

中古のパソコンパーツとしてどんなものがあるのか、ご紹介します。

パソコンパーツとは?

まず前提として、パソコンパーツとはどんなものでしょうか。

通常パソコンは、「本体(筐体)」に「マザーボード」と呼ばれるメインの基板を取り付け、そこに「CPU」「メモリー」「ハードディスク」「光学ドライブ」「ビデオボード」「LANボード」「サウンドボード」「電源ユニット」等の各パーツを搭載した状態で成り立っています。

 

一体型パソコンやノートパソコンであれば、ここに「ディスプレイ」も追加されます。

 

かつてのデスクトップパソコンは文字通り、各パーツが取り付けられていましたが、現在ではビデオ、LAN、サウンドは「オンボード」という形でマザーボードと一緒になっている場合がほとんどです。

 

さらに拡張用として「パラレルポート」や「USBポート」の拡張ボードなどがあります。

 

中古パーツ活用のシーン

中古パーツを活用するシーンで思い浮かぶのは、修理をする時です。

なにか一部のパーツが故障してしまった時に、なるべく安く修理したい場合、中古パーツが活躍するでしょう。

例えば最近めっきり使用頻度の低くなった光学ドライブですが、いざ使おうと思ったら壊れていて読み込めなくなっていた、などという場合は中古のドライブに交換するという手があります。

ただし、ノートパソコンの場合、ベゼル(ドライブの種類を表すマークが印刷されているパネル)が微妙に違って、取り付けられない場合があります。そんな時はノウハウが豊富な専門店に相談しましょう。

 

新品パーツが販売されていないような古い機種の修理でも中古パーツが頼りになります。中古パーツとして流通していなくても、同様の機種からパーツだけを使用する「部品取り」という方法で修理することもできます。

 

また、興味があってちょっと使ってみたいなというパーツがある場合、中古パーツが見つかれば導入コストが抑えられます。

 

おすすめ中古パーツ

上記の光学ドライブ以外にも、いくつかおすすめの中古パーツをご紹介します。

 

「メモリー」

メモリーを増設すると、動作が早くなる場合が多いです。特に、今は1GB以下のメモリー容量しか無い、という場合には効果を感じやすいでしょう。

また、少し古い機種ですと、メモリーの規格も古いものになるので、新品では買えないという場合も考えられます。

 

「ハードディスク」

格安で販売されている新品ハードディスクの中には、「動作が遅い」「すぐに壊れてしまった」ということがたまにあるようです。きちんと検品された中古ハードディスクであれば、まだまだ活躍してくれるでしょう。同じ予算でさらに大容量に出来るかもしれません。

 

「サウンドボード」

音ならちゃんと出ているよ?という方がほとんどでしょう。実際に今のオンボードのサウンドは必要にして十分な性能を備えています。

しかし、一昔前は高級サウンドボードに交換すると確かに良い音が出ていたし、ちょっとこだわってみたいな、という場合はまずは中古のサウンドボードを探してみましょう。高級機が手頃な価格で手に入るかもしれません。ノートパソコンでもUSB接続という方法があります。

 

逆におすすめしないのは「CPU」です。そもそもあまり壊れる部品ではありませんし、高性能なものに交換したい、という場合も適合や相性があり、安定動作するかどうかは微妙なところです。取り付けにもノウハウが必要ですので、十分に検討した上で行ってください。

 

まとめ

パソコンのみならず、パーツに関しても中古を視野に入れてみましょう。ぐっと選択肢が広がると思います。

中古は壊れやすいというイメージがあるのも事実ですが、新品に見られる初期不良、いわゆる「はずれ」パーツが避けられるという可能性もあります。しっかりとした検品をしている信頼できるショップから購入しましょう。

 

リングローでは中古パーツを活用した修理やカスタマイズにも、柔軟に対応しております。気になったらお気軽にご相談ください。

リングロー株式会社

関連記事

仕事中に活用したい!パソコン周りの便利グッズ【ほっと休息編!】

先日更新した記事では「バリバリ仕事をする中で活用したい便利グッズ」をご紹介しました。 でも、バ

記事を読む

俗に言う「パソコンの性能」とは何で決まるかご存知ですか?

お客様にパソコンのご提案をしているとたまに、「このパソコンは性能が良いものですか?」とざっく

記事を読む

間違っていた!?パソコンのバッテリーを正しく使う方法

1985年に日本のメーカーがリチウムイオン電池を発明して以来、小型軽量、高電圧のリチウムイオ

記事を読む

Wacomのペンタブレットで作品作りの幅を広げよう!(Intuos編)

前回、Wacom(ワコム)のペンタブレットについてご紹介しましたが、今回は9月11日に発売さ

記事を読む

acerの新しいWindows 10搭載パソコンはデータ復旧サービス付き

  各社から、Windows 10をプリインストールしたパソコンが発売され始

記事を読む

心機一転!オフィス引越しにおける注意点【OA機器編】

春は引越しのシーズンですね。引越し業者も2、3、4月は繁忙期で割り増しになるようです。ならば

記事を読む

ダブルクリックが出来ないと嘆く前に

パソコンが苦手という方の中には、ダブルクリックが苦手、あるいは出来ないと言う方も多いのではな

記事を読む

オフィス移転を機に電話も見直してみよう

オフィスで使用している電話は、一般的にはビジネスホンと呼ばれる業務用のもので、家庭用電話とは異な

記事を読む

無線LANの電波が届きにくい時は中継機を使おう!

  家庭でも職場でも、無線LAN環境がある事が、かなり浸透してきました。家庭や小

記事を読む

大容量フラッシュメモリーでデータを持ち運ぼう

気軽にデータを入れて持ち運べる、USBメモリーやSDカード等のフラッシュメモリーはとても便利

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑