*

パソコンの動作が遅い時の確認項目

公開日: : 最終更新日:2015/06/23 PC修理

0048

 パソコンがキビキビ動作せず、何か操作をするたびに時間が掛かりストレスを溜めてしまうことはありませんか?多くの人がパソコンの買い換えを検討する時の理由として、パソコンの故障や動作が遅くて我慢できないという理由を挙げています。

 本記事では、パソコンの動作が遅く軽快に動作しない時に確認しておきたいポイントを解説します。

ウイルスへの感染

 ウイルスに感染したパソコンは、起動や動作が遅くなる傾向にあります。何かのアプリケーションをインストールしてから遅くなった場合は、それがウイルスに感染している不正プログラムだった可能性もあります。

 一度、ウイルスチェックソフトで完全なシステムチェックをしておきましょう。もしウイルスチェックソフトを導入していない場合は、すぐにでも導入することをおすすめします。

 最近は、巧妙な手口で危険なマルウェアやウイルスに感染させる手法がいくつも報告されています。特にネットショッピングやオンライン銀行を利用している場合には大変なことになるので、ウイルスチェックソフトは必須と言えます。

CPUの処理能力不足やメモリー不足

 パソコンを何年も利用している場合は、搭載されているCPUの処理能力不足やメモリーが不足していることが原因かもしれません。

 特に新しいソフトウェアを動かす時に動作が遅くなる場合には、パソコンの処理能力不足が考えられます。CPUやメモリーの状況は、Windowsの「タスクマネージャー」で確認することができます。

0048-1

 タスクマネージャーを起動した状態で、どの状態の時にCPUやメモリーの使用率が高いかを確認します。

 例えば、特定のアプリケーションを立ち上げている時にCPUの使用率が高い状態になっている場合は、CPUの処理能力不足ということになります。CPUは交換する事が困難な場合が多いので、最悪パソコンの買い換えを検討しましょう。

 メモリー使用率が高い場合には、メモリーを増設することで解決できるかもしれません。最近は価格が安くなっているので、増設を検討してみるのも良いでしょう。

不要なアプリケーションの削除

 使わないアプリケーションがインストールされたままになっている場合は、それらを削除することでパソコンの動作が早くなることがあります。これは、常駐アプリケーションがメモリーを浪費している場合があるためです。

 また、不要なアプリケーションを削除しておくことでパソコンの起動時に読み込むファイルを減らし、ハードディスクの空き容量を確保することに繋がるため、パソコンの起動も早くなります。

まとめ

 パソコンは、長期間利用していると徐々に動作が遅くなっていくものです。アプリケーションをたくさんインストールしている場合はそれによって不要なファイルも溜まっていき、何かしらのトラブルの原因にもなります。

 私は数年に一度、必ずWindowsOSを再インストールするようにしています。そうすることでWindowsから不必要なファイルを一掃でき、またしばらくの間は購入時の快適な状態で利用することができます。

 古いパソコンを使っている場合には、新品への買い換えや、比較的新しい中古パソコンを購入することもひとつの手です。良質な中古パソコンをお探しの場合には、ぜひリングローへお気軽にご相談ください。

リングロー株式会社

関連記事

パソコンが壊れた?黒い画面が出て起動しない時の原因と対策

パソコンの不具合には様々なものがあり、その原因もハードウェアの問題からソフトウェアに起因する

記事を読む

離れた場所からパソコンを遠隔操作する方法

いつでもどこでもファイルにアクセス出来るクラウドサービスは便利なものですが、そもそもアップロ

記事を読む

Windowsパソコンのリフレッシュ方法

Windowsパソコンは、使用している内に余計なファイルが溜まってきたりして、だんだん動作が

記事を読む

たまにはコマンド プロンプト【chkdsk編】

皆さんはWindowsのコマンド プロンプトを使用した事があるでしょうか 「何に使うのか良く分

記事を読む

パソコンの動作が重い時の4つの簡易チェック方法

   パソコンを使っていると、急に動作が重くなってしまったり、そのままフリーズしてしまったりす

記事を読む

パソコンが遅いと感じた時に確認したい4つのポイント

   パソコンを利用している最中、急に動きが遅くなった、重くなったと感じたことはあり

記事を読む

インターネットに繋がらない!6つの簡単なチェック方法

   Webサイトを閲覧している時など、直前までインターネットを使えていたのに、急に使えなくな

記事を読む

パソコンの動作が重い場合の原因と対策

   パソコンを使用中に動作が遅くなることを、「パソコンが重くなる」と言いますが、この時ほどス

記事を読む

定期的に行いたいパソコンの健康診断3つのポイント

   日常的に使うパソコンですが、定期的にメンテナンスはされていますか?多くの人は、

記事を読む

システムイメージを作っておけばもしもの時に安心

前回、リカバリーディスクの作成についてお話ししましたが、リカバリーディスクが作れないパソコン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法②

前回は、Cドライブに溜まってしまったデータをDドライブに移すた

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」と

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法①

++++++++++ あけましておめでとうございます。 知

「指定されたパスは存在しません」データが開けない場合の対処法②

前回は、古いパソコンで元データを正しくコピーする方法をご紹介し

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑