*

ビジネス用のパソコンには静音パソコンを選ぼう

公開日: : PC導入・交換

pc

 

 会社でパソコンを使っていると、パソコンの稼働音が気になることはありませんか?

 

 職場の静かな環境では、キーボードをタイプする音、マウスのクリック音、そしてパソコンの稼働音などが集中力を阻害して、効率を落とす原因になっている人もいるかもしれません。

 

 ここでは、ビジネス用のパソコンとして多く利用されているデスクトップパソコンを例にとり、「静音パソコンとはなにか?」をご説明します。

 

 

静音パソコンの定義とは?

 「静音パソコン」とはその名の通り、音の静かなパソコンを指します。特に定義や基準はなく、一般的に静かなパソコン全般を静音パソコンと言います。

 

 パソコンの稼働音は意外と大きく、店頭では気付かなくても、職場や自宅で使ってみるとうるさく感じることがよくあります。最近は、静音のみならず無音化されたパソコンも販売されています。

 

 

パソコンがうるさい原因

 パソコンの稼働音がうるさい原因は、主に排熱のために取り付けられているファンにあります。

 

 これらのパーツは発熱が大きいため、個々に冷却用のファンを取り付けなければならず、これがいくつも合わさることでパソコンの稼働音として耳障りに感じる原因となります。

 

 

稼動音の原因となるパーツとは?

 

CPUファン

 一般的に、CPUは処理能力が高いほど熱を発します。そのため、高性能なCPUを搭載したパソコンは強力な冷却ができるよう、高回転の冷却ファンが搭載されています。

 

 通常、小さなサイズで高速回転するファンは非常にうるさく、ストレスの原因になります。あえて低電圧版のCPUを用いることで発熱を抑え、ファンの代わりにヒートシンクによって冷却するものもあります。

 

ハードディスク

 パソコンを使用中、「キーン……」「カリカリカリ……」といった音が聞こえることがありませんか?この音は、ハードディスクの稼働音です。実は、このハードディスクが一番うるさいというパソコンも存在します。

 

 ハードディスクにファンは搭載されていませんが、発熱量が非常に大きいハードディスクの冷却用として、ケース側にファンが搭載されているモデルもあります。

 

 これらを一挙に解決する方法は、ハードディスクをSSD(ソリッドステートドライブ)に置き換える方法です。パソコンの高速化、静音化、省電力化と良いことずくめですが、高価であることと、ハードディスクに比べて記憶容量が小さいというデメリットもあります。

 

ビデオカード

 一部のグラフィック機能を強化したモデルでは、内蔵型のグラフィックボード(ビデオカード)が搭載されているものがあります。このビデオカードにも、冷却ファンが搭載されている場合があります。

 

 ファンの代わりにヒートシンクを搭載したモデルもありますが、高性能なモデルは冷却ファンを搭載している場合が多いので、用途に合わせて選択するようにしましょう。

 

ケースファン

 パソコン内部には、CPUやハードディスク、ビデオカードなど熱の発生するパーツが詰まっています。その内部に溜まった熱を排熱する役目を持つのが、ケースファンです。

 

 大型で低回転のファンを用いることで静かになりますが、静音モデルのケースファンも販売されています。

 

 ケースファンには埃が溜まりやすく、それらを除去するだけでもノイズが低減する場合があります。メンテナンスも兼ねて、小まめに掃除することをおすすめします。

 

電源ユニット

 電源ユニットは、多くのモデルでケース上部に取り付けられています。ここにもファンがありますが、構造上ファンだけを取り替えることはできません。

 

 どうしても気になる場合は、電源ユニットごと交換することになってしまいます。電源ユニットにも静音化された製品があるため、購入時にそうしたものを選択すると良いでしょう。

 

 裏技として、ノートパソコンなどで用いられるACアダプタに置き換えるという方法もあります。

 

 

まとめ

 ノートパソコンを選ぶ際には、標準でも静かな製品が多数ありますので、そういったものを選ぶと良いでしょう。

リングロー株式会社

関連記事

PCリサイクルマークって何だ?

みなさんは「PCリサイクルマーク」をご存知でしょうか? 使っているパソコンを良く見てみ

記事を読む

中古パソコンがおすすめのシチュエーション

ご存知の通り、リングローは中古パソコンを販売する会社です。 中古パソコンは万人におすす

記事を読む

Microsoftの次世代Webブラウザーはここが違う!

今年の夏にリリースされるWindows10に搭載される次世代Webブラウザ「Microsof

記事を読む

無料で使えるMicrosoft Office互換ソフトウェア「OpenOffice」

   ビジネスにおいて事実上必須となっているMicrosoft Officeですが、

記事を読む

パソコン購入時にもう妥協も我慢も必要なし!リングローの「パソコンお試しサービス」をご紹介!

パソコンを購入する際、皆さんはどこに注目しますか?   スペックや見た

記事を読む

あとで泣かない!パソコンを買ったら必ず行いたい初期設定

   パソコンの初期設定には、初回起動時の設定と、快適で安全に使用するために必要

記事を読む

中古パソコン、こんな人におすすめ!

前回、中古パソコンに抱かれがちな誤ったイメージについて取り上げましたが、中古パソコンが向いて

記事を読む

たためるパソコン、KINGJIMポータブック

KINGJIM(キングジム)と言えば、オフィスでは定番のテプラを思い浮かべる方が多いでしょう

記事を読む

おすすめ型落ちパソコンの見極め方

郊外にある、巨大なアウトレットモールもすっかり定着した感がありますね。 様々なブランドのアウト

記事を読む

ビジネス用ノートパソコンといえば?【Let’s Note編】

みなさんは、ビジネス用ノートパソコンと聞いて頭に思い浮かぶ機種があるでしょうか? Pa

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法②

前回は、Cドライブに溜まってしまったデータをDドライブに移すた

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」と

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法①

++++++++++ あけましておめでとうございます。 知

「指定されたパスは存在しません」データが開けない場合の対処法②

前回は、古いパソコンで元データを正しくコピーする方法をご紹介し

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑