*

回復ドライブを作成する場合にUSB3.0は使用しない事

公開日: : PC修理

パソコンが起動しなくなってしまった場合に備えて、「回復ドライブ」を作成する機能がWindows 8から採用されています。

 

回復ドライブの作成には8GB以上の容量のUSBメモリーが必要になりますが、注意したい事があります。

 

今回は回復ドライブを作成する場合の注意点についてご紹介します。

 

回復ドライブ

Windows 8から採用された機能で、従来の「リカバリーディスク」の様な役割を担っています。

回復ドライブを作成しておけば、OSが起動しなくなってしまった場合に、USBメモリーから起動させて出荷時の状態に戻す事が出来ます。

 

回復ドライブを作成する項目は、やや分かりづらい場所にあります。

 

「コントロールパネル」を開き、「システムとセキュリティ」→「ファイル履歴」と進みます。

左下に小さくある「回復」をクリックすると「高度な回復ツール」の項目が開き、「回復ドライブの作成」を行う事が出来ます。

 

指示に従って8GB以上の容量があるUSBメモリーを使って、回復ドライブを作成します。

必ず「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックが入っている事を確認してください。

 

このチェックが漏れていると、回復画面の起動までは出来ても、肝心のリカバリーをする事が出来ません。

 

使用するUSBメモリー

現在販売されている8GB以上のUSBメモリーはほとんどが「USB3.0」規格のものになります。

USB3.0は2008年11月に策定された規格で、その前のUSB2.0と比べると、10倍の速度で処理が出来る様になっています。

 

USB3.0対応の機器は、コネクターのプラスチック部品の色が青くなっているので、そこで見分ける事が出来ます。

 

普通に使用する分には、快適なのですが、起動ドライブに使用する場合は注意が必要です。

 

パソコンにもよりますが、USB3.0対応の機器の場合、起動する事が出来ない場合があります。

また起動出来た場合も、その後の復元が出来なかったり、途中でエラーを起こしたりして、うまく行かない場合が多いです。

 

つまり、回復ドライブの作成で使用するUSBメモリーは、USB2.0対応のものが望ましいという事になります。

回復ドライブの作成を行う際は、出来る限りUSB2.0のUSBメモリーを用意しましょう。

 

「策定から10年近くも経過しているのに、何故?」と不満に思う方もいらっしゃると思いますが、対応していないものは仕方ありません。

 

USB3.0の対応策

運よくUSB2.0のUSBメモリーを入手出来れば、問題ありませんが、どうしても入手出来ない場合や、すでにUSB3.0で作成してしまったという事もあるでしょう。

 

そのまま使えれば問題はないですが、上手くいかない場合に対応策があります。

 

それは、USB2.0のUSBハブを用意して、そのUSBハブ経由で「USB2.0のUSBメモリー」として使用するというものです。

これで、USB3.0のUSBメモリーでも復元出来る確率がかなり上がります。

 

USB2.0のハブを探す事も、やや難しくなって来ていますが、USBメモリーよりは販売数が多いと思います。

 

 

まとめ

いざという時に頼りになる「回復ドライブ」ですが、もしもの為にはUSB2.0のものを用意したいところです。

USB3.0ではうまく行かないという情報は、案外出回っていないので、注意が必要です。

 

まだ、量販店等でUSB2.0のUSBメモリーがワゴンセールされていたりするので、見つけたらひとつゲットしておく事をおすすめします。

USBハブの場合も同様です。

意外とUSBハブは壊れやすいものなので、予備としても良いでしょう。

 

回復ドライブの作成は「USB2.0」です。

 

担当:鬼山

リングロー株式会社

関連記事

Windowsパソコンのリフレッシュ方法

Windowsパソコンは、使用している内に余計なファイルが溜まってきたりして、だんだん動作が

記事を読む

ノートパソコンのタッチパッドが動かない!?主な原因と対策まとめ

 タッチパッドは、ノートパソコンには欠かせない重要なパーツのひとつです。最近はタッチ可能なデ

記事を読む

中小企業におけるパソコンの保守入門

今や、大企業はもちろんの事、中小企業においてもパソコンを使用していない会社は無いと言っても過言で

記事を読む

パソコンの電源が入らなくなった時の対処方法について

   パソコンが不調になる原因には、電源ユニットやドライブなどのハードウェアから、O

記事を読む

毎日使うものだからこそ!パソコンを簡単クリーニングしてみよう~内側編~

前回、パソコンにあまり詳しくない方でも普段から導入できる簡単クリーニング方法の外側編をご紹介

記事を読む

Windows 10を元のWindowsに戻す方法

Windows 10がリリースされてから1か月ほど経ちましたね。皆さんの周りにもWindow

記事を読む

離れた場所からパソコンを遠隔操作する方法

いつでもどこでもファイルにアクセス出来るクラウドサービスは便利なものですが、そもそもアップロ

記事を読む

ノートパソコンでマウスが動かない時の対処法

   ノートパソコンには、「タッチパッド」と呼ばれるポインティングデバイスが搭載され

記事を読む

PCが起動しない時の代表的な原因とその対策

   当社ではPCの出張サポートのご依頼も承っています。    中でも

記事を読む

システムイメージを作っておけばもしもの時に安心

前回、リカバリーディスクの作成についてお話ししましたが、リカバリーディスクが作れないパソコン

記事を読む

Comment

  1. うたえもん より:

    この事象にぶちあたり、検索してこちらのブログにたどりつきました。
    USB3.0のUSBメモリをUSB2.0として使う件、私はUSB2.0の短め(20cm程度、おそらく何かのドングルに付属されていたものだろうと思います)な延長ケーブルが手元にありましたので、それを間に入れて、無事回復ドライブの作成が出来ました。
    USB2.0のHUBを間にいれるのと理屈はおなじことですが、もし参考になればと思いコメントしました。
    ありがとうございます。

  2. 鬼山佳之 より:

    うたえもん様
    コメントありがとうございます。
    このブログが一助になったのであれば幸いです。

    確かに、回復ドライブだけの利用であれば延長ケーブルの方がスマートですね。
    大変参考になりました。

    ありがとうございました。

  3. ぽぽ より:

    すいません一つ質問があるのですがUSB3.0で回復を作った際に2.0のハブを使えばいいという話ですが、では最初からパソコんについている2.0の接続端子では無意味ということなのでしょうか?

    • 鬼山佳之 より:

      ぽぽ様

      コメントありがとうございます。

      記事の中では触れていませんが、パソコン側が「USB2.0」端子の場合と「USB3.0」端子の場合が考えられます。

      USB3.0端子では不具合が起きるが、USB2.0端子に挿せば大丈夫という場合もあると思います。

      ですから無意味という事はありませんが、記事の趣旨としては

      ・USB2.0のUSBメモリーで回復ドライブを作成した方が安全
      ・USB3.0のUSBメモリーの場合でどのUSB端子に接続しても不具合が起こる場合に、記事の方法で成功する事がある

      という事でご理解いただければ幸いです。

      また、疑問点がございましたらお気軽にご質問ください。

      よろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Microsoft Office と WPS Office 、こんなところが違います!

代表的なオフィスソフトとして広く使われている Microsof

Windowsの更新、溜まっていませんか? ~不具合事例集~

PCが変、故障した…? その症状、もしかすると「Window

Windows 10 Version 1803 のサポートが終了!お使いのPC、大丈夫ですか?

先日 2019年11月12日をもって、『 Windows 10

Windows7のサポートって?切れたらもうパソコンは使えなくなっちゃうの?

皆さんがお使いのパソコンには、OS(オペレーティングシステム)

【WPS Office】Spreadsheets 行と列のサイズ変更方法④

今回はSpreadsheets(スプレッドシート)のすべての行

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑