*

新型iPhoneは「XS」と「XR」の2本立て、3モデル!!

公開日: : スマホ・タブレット

日本時間の9月13日午前2時、AppleがiPhoneの新モデルを発表しました。

いつも通り、発表前には様々な憶測が流れていましたが、新しいiPhoneはどの様な内容になっているのでしょうか?

今回は新しくなったiPhoneの3モデルをご紹介します。

 

XSとXR、2種類のiPhone

iPhone X(アイフォン テン)の後継モデルは、事前の噂通り、「iPhone XS(アイフォン テンエス)」となりました。
画面サイズは変わらず5.8インチです。

そしてそれよりも画面が大きな6.5インチモデルが「iPhone XS Max(アイフォン テンエス マックス)」です。
今まで大型画面のモデルにはPlus(プラス)の名前が与えられていましたが、今回からは「Max」になりました。

画面サイズは6.5インチになりましたが、全画面なので本体のサイズは今までのiPhone 8 Plusとほぼ同じです。

どちらのモデルにも「Super Retina(スーパー レティーナ)」と呼ばれる高解像度の有機ELディスプレイが採用されています。
これまでと同様にiPhone Xから「iPhone XS」と、末尾にSの付くモデルは革新的なモデルチェンジと言うよりは、アップグレード版といったようなおもむきです。
実際に価格もiPhone Xと変わらず、日本円で11万2,800円(64GBモデル)からとなります。
「iPhone XS Max」は画面が大きくなった分1万2,000円高い、12万4,800円(64GBモデル)になります。

さらに、「iPhone XS」からはストレージ容量512GBのモデルがラインナップされています。
SNS投稿などで沢山の動画を撮影する方には嬉しい選択肢かも知れません。

そしてもう一つのモデルはiPhone 8sでもiPhone 9でもなく「iPhone XR(アイフォン テンアール)」となりました。
これはiPhone Xと同じ様に、物理的なホームボタンが無く、スマホ全面がディスプレイになっている全画面モデルとなったからではないでしょうか。

こちらのモデルは「iPhone XS」の廉価版の位置づけで、6.1インチの液晶画面を採用しています。
また、感圧タッチ機能の「3D Touch(スリーディー タッチ)」が省略され、リアカメラも広角レンズのみのシングルレンズとなります。

ただし、今までデュアルレンズのモデルのみ可能であった「ポートレートモード」が使用可能になっています。

本体カラーも「ブルー」「ホワイト」「ブラック」「イエロー」「コーラル」「(PRODUCT)RED™」の6色が用意されるので、カラーバリエーションが楽しめます。

(「コーラル」はピンクとオレンジの中間といった色味です。)
iPhone 5cの様でもありますが、パステル調ではなく、よりビビットな色になっています。

また、今回は珍しくはじめから赤いiPhoneの「(PRODUCT)RED™」が設定されています。

 

 

まとめ

日本時間で2018年9月13日にAppleが新商品を発表しました。
iPhoneは「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3モデルになりました。

64GBモデルの「iPhone XS」と「iPhone XR」の価格差は2万8,000円です。
大雑把に言うと、有機ELディスプレイか従来通りの液晶ディスプレイか?
広角と望遠(2倍)のデュアルレンズか、広角のみのシングルレンズか?の違いです。

この違いと価格差約3万円をどう考えるかが、モデル選びのポイントになりそうです。

これまでiPhoneのいくつかのモデルを使用してきましたが、画面に不満を持った事はありませんし、シングルレンズでもポートレートモードが使えるので、「iPhone XR」は”丁度良い”モデルとなるかもしれません。
64GBではやや物足りないけど、256GBまでは要らないと感じていた方には、128GBモデルが選べるのも地味に嬉しいポイントではないでしょうか。

そして、従来通りのホームボタンを実装したモデルが良い場合には、引き続きiPhone 7、iPhone 8の両モデルが併売されています。

一つ残念なのは、唯一の4インチモデルであったiPhone SEが今回の発表に合わせて終了となり、既にAppleのサイトからは購入出来なくなっています。
小さなiPhoneが欲しい方は、今のうちに在庫品を購入するか、中古品を探す事になりそうです。

「iPhone XS」「iPhone XS Max」は9月21日発売、「iPhone XR」は10月26日発売です。
(参照:https://www.gizmodo.jp/2018/09/apple-event-2018-sept-summary.html)

 

 

担当:鬼山

リングロー株式会社

関連記事

Wi-Fi性能徹底比較!docomo・au・SoftBank

   外出先や社内を歩き回ったりする際などに便利なのが「Wi-Fi」です。「Wi-Fi」とは無

記事を読む

ビジネスシーンにおいてスマホとパソコンを連携するメリットとは?

ビジネスシーンでもスマホが活用されるようになって久しいですね。スマホは「賢い(スマート)電話(フ

記事を読む

世界シェア3位の中国のスマホメーカー「Xiaomi」とは

いきなりですが皆さん、スマートフォンメーカーと言われて思いつくのはどこでしょう。iPhone

記事を読む

iPhoneとアンドロイド携帯、特徴を徹底比較

世界のスマートフォン市場を二分する、iPhoneとアンドロイド携帯。両者とも人気の機器ですが

記事を読む

玄関の鍵をスマホで開けられる後付スマートロック

最近の自動車に搭載されているスマートキーの機能は大変便利なものです。 ポケットやカバン

記事を読む

Android OSの各バージョンの特徴、最新まとめ

Android OS(アンドロイド オーエス)は日々進化しており、これまで5回の大きなバージョン

記事を読む

新しいiPadがApple pencilに対応!10.5インチiPad Proとの違いは?

  新しいiPad(アイパッド)が発売されて、iPadは第6世代になりました。初代iP

記事を読む

スマホからガラケーに戻る理由

スマートフォンを活用することで、仕事がいつでもどこでも行える環境を作ることができるようになり

記事を読む

スマートフォンをテザリング利用する3つのメリット

   今やビジネスマンには欠かせないスマートフォンですが、テザリング機能を利用するこ

記事を読む

情報を守る!スマートフォンの情報セキュリティ ー対策!

皆さんの多くはスマートフォンを使用しているかと思います。 スマートフォンはアプリケーシ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10で文字入力をしやすくする方法~ユーザー辞書に単語を登録する~

普段よく使う漢字や言葉などは、最短の操作で出てきてほしいですよ

Windows10で文字入力をしやすくする方法~IMEパッドに手書きで入力する~

人の名前や地名など、普段使わない漢字を出したいとき、読み仮名で

Windows10で文字入力をしやすくする方法~言語バーを表示させる~

前回は、IMEの「あ」や「A」の表示が消えてしまった場合の対処

Windows10で文字入力をしやすくする方法~タスクバーの「あ」や「A」が消えてしまった場合の対処法~

新年あけましておめでとうございます! @ringlogでは2

【WPS Office】Writer、Spreadsheetsの編集画面の色が変わってしまった場合の対処法

サポートセンターでは、ときどきWriter(ライター)やSpr

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑