*

あとで泣かない!パソコンを買ったら必ず行いたい初期設定

公開日: : 最終更新日:2015/06/04 PC導入・交換

013

 

 パソコンの初期設定には、初回起動時の設定と、快適で安全に使用するために必要な設定とがあります。

 

 今回は、快適で安全に使用するために必要な設定を整えるための初期設定をご紹介します。パソコンを新しく購入したときや不具合などで初期化した場合に、初回起動時の設定が終わったら行ってください。ポイントは、以下の6点です。

 

 

必ずやっておきたい初期設定リスト

  • ウイルス対策ソフトの設定
  • スタートアップアプリの設定
  • JavaやFlash Player、OSの最新化
  • リカバリーディスクの作成
  • 周辺機器の設定
  • メールなどよく使うアプリの設定

 

 それぞれ、目的や操作が異なりますので、詳細を見ていきましょう。

 

<ウイルス対策ソフトの設定>

 検索エンジンを使って調べものをしたり、便利なソフトを取得したりするなど、現在のパソコン利用の場においてインターネットは必要不可欠となっています。

 

 しかし、インターネットを利用する場合、どこにウイルスが入り込んでいるかを事前に把握することは難しいでしょう。ゆえに、安全に利用するためにウイルス対策ソフトの設定を適切に行う必要があります。

 

 購入したパソコンに最初からウイルス対策ソフトがインストールされている場合は、そちらを利用するのも一つの手段です。そうでない場合は市販のソフトを購入の上、インストールしましょう。

 

 ただし、ウイルス対策ソフトは万能ではありません。定期的なチェックや目的別のチェックツールの利用など、こまめに気を配っておくことが大切です。

 

<スタートアップアプリの設定>

 パソコンを起動すると、同時に立ち上がるアプリケーションが設定されている場合があります。起動に当たって必要不可欠なアプリケーションもありますが、用途によっては不要なものも少なくありません。

 

 その場合には自動起動を中止したり、アンインストールしたりすると良いでしょう。アプリケーションの起動が減れば、電源を入れてから使用できるまでの時間が短くなります。

 

<JavaやFlash Player、OSの最新化>

 利用サービスやソフトによっては、JavaやFlash Playerを最新版にする必要があります。また、セキュリティーの強化などを目的として、OSのバージョンアップ版が配信されていることもあるでしょう。

 

 特に、セキュリティー対策としてバージョンアップが行われている場合は、必ず最新版にしておくことが大切です。最新OSの場合は定期的にバージョンチェックを自動で行い、必要に応じてバージョンアップを知らせてくれます。

 

 通知が届いたら、忘れずにバージョンアップを実行しておきましょう。

 

<リカバリーディスクの作成>

 万が一、ウイルス感染などが起きた場合などを想定して、復旧するための手段としてリカバリーディスクの作成機能が付いているパソコンがあります。

 

 感染してしまった後では、破損・損失したデータなどはどうしようもありません。そのため、インターネットの利用前にリカバリーディスクを作成しておくことが望ましいでしょう。

 

<周辺機器の設定>

 いざ実際に利用しようとする段階で周辺器機の設定を行うと、思った以上に時間が取られてしまうものです。

 

 例えば、プリンタや無線LANなどの周辺機器は、よく利用される周辺器機です。しかし、配線やパソコン内での利用設定がされていないと、すぐに使用することができません。後回しにせず、パソコンを新しく買い替えた時にはできるだけすぐに設定を完了させ、利用確認まで終えておくことをおすすめします。

 

<メールなどよく使うアプリの設定>

 ユーザーIDなどのアカウント情報が求められるアプリケーション、あるいは自分仕様にカスタマイズして利用したいアプリケーションは、事前に全て設定を終えておきましょう。

 

 特に、利用頻度の少ないアプリケーションは、アカウントやパスワードを忘れてしまう可能性もあります。さらに、新しいパソコンはアプリケーションがOSに対応していない場合もあるため、利用可否を確認することは非常に大切です。

 

 いざというときに利用できず、慌てないようにしましょう。

 

 

まとめ

 パソコンを新たに購入した場合、購入時の状態のまま使っているという方は少なくないと思います。「必要になったら設定すれば良い」という考えもありますが、設定によっては、より快適な環境づくりが望めるかもしれません。

 

 また、継続して使用する中でも不要なソフトが起動されていたり、複数のウイルス対策ソフトが常時、起動されていてパソコンの動作が遅くなったり、ということもあり得ます。

 

 定期的に設定を見直してみることも、快適にパソコンを利用する上では大切です。もし設定関係で分からないことがありましたら、ぜひリングローまでご相談ください。

リングロー株式会社

関連記事

中古パソコンにWindows10をインストールしてみた

前回、Windows 10導入に中古パソコンを提案させていただきましたが、実際の動作はどうだ

記事を読む

ビジネス用のパソコンには静音パソコンを選ぼう

   会社でパソコンを使っていると、パソコンの稼働音が気になることはありませんか?

記事を読む

目的から選ぶ!PC作業に最適かつ快適なディスプレイ

   デスクトップパソコンを購入する際にはディスプレイ付属の製品を購入し、そのまま使

記事を読む

パソコンを買い替えるタイミングって?

 日常生活・仕事の中でパソコンはもはや切っても切り離せない存在です。頻繁に使用するものだから

記事を読む

パソコン用モニターを選ぶ際に見るべきポイント

みなさんは、今お使いの液晶画面に満足していらっしゃるでしょうか? 突然そんな事を言われ

記事を読む

中小企業やスモールオフィスにもサーバーを導入しよう!

従業員が25名以下の、スモールオフィスにおいて、サーバーが必要かどうかは、しばしば議論に上が

記事を読む

ビジネス用ノートパソコンといえば?【Let’s Note編】

みなさんは、ビジネス用ノートパソコンと聞いて頭に思い浮かぶ機種があるでしょうか? Pa

記事を読む

タブレットパソコンがノートパソコンより優れているところ

日に日に新機種が登場するタブレットパソコンですが、まだ使用したことがない方も多くいるかと思い

記事を読む

現行ダイナブックのおすすめモデルは?

ダイナブックとは、東芝が販売しているコンシューマー向けノートパソコンのブランド名です。

記事を読む

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、パソコン作業において多くのウィ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法②

前回は、Cドライブに溜まってしまったデータをDドライブに移すた

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」と

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法①

++++++++++ あけましておめでとうございます。 知

「指定されたパスは存在しません」データが開けない場合の対処法②

前回は、古いパソコンで元データを正しくコピーする方法をご紹介し

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑