*

パソコン買い替え時に知ってほしいポイント

公開日: : PC導入・交換

0015

仕事でパソコンを買い替えた際、困るのは何でしょう。

 

それは、前のパソコンで出来ていたことが、新しいパソコンで出来なくなること。これが一番ではないでしょうか。

業務でどうしても今日中に仕上げなければいけないのに、使い方がわからず、結局出来なかったとなると何のために買い替えたか、わからなくなってしまいますね。

 

今回はパソコンを買い替える際におぼえてほしいポイントをお話しいたします。

パソコンを買い替える理由

 

パソコンを買い替える理由は、大まかに分けて

・WindowsXPなどOS(オーエス)のサポートが終了したことによるセキュリティ対策のため

・今使用しているパソコンの動作が遅くなり業務上使いにくくなっているため

・新しい企画を立ち上げ、今まで以上のパソコンの性能が必要なため

 

などいろいろ理由はあると思います。

まずは、ご自身でパソコンを買い替える理由をしっかり理解してください。

そうしないと、今の業務に必要な機能がないパソコンを選んでしまったり、逆に使わない機能ばかりついて費用がかさんでしまったりする場合があります。

 

今使っているアプリケーションソフトを確認する

冒頭でもお話ししましたが、やはりこれが一番大事です。せっかく性能の良いパソコンに買い替えたのに使いたいアプリケーションソフトが動かず、結局古いパソコンを使って作業をしている、そんな話をよく聞きます。

新しいパソコン、というより今まで使っていたパソコンのOSと違うものを使う際は、今まで使っていたアプリケーションソフトがそのまま使えないことがあります。

 

それは、たとえばWindowsXPの時代に発売されたアプリケーションソフトはWindows7で使用されることを想定していないからです。ただ、アプリケーションソフトによっては、新しいOSが出る際にアプリケーションソフト制作会社にて動作検証、新しいOS用のアップデートやサポートをしてくれる場合があります。

ですので、その購入しようとしているパソコンで使いたいことが出来るか知るためにも、今使っているアプリケーションソフトをリストアップして、新しいOSの対応状況を調べておきましょう。

対応していれば、アップデートするには費用がどれだけかかるのかを確認して、逆にしてないのであれば同等の機能を持ったアプリケーションソフトを探すか、今使っているパソコンをそのアプリケーションソフト専用端末として使用するか等、業務を円滑に行うために対策を立てていく必要があります。

 

また、アプリケーションソフトと同じくプリンターやスキャナーなどの周辺機器も新しいOSだと使えない場合がありますので、こちらもしっかりと確認しておきましょう。

 

その作業を行っておくことで、パソコンを導入した後にかかる時間を短縮出来、また別途費用がかかる場合、それを事前に把握することが出来ます。

 

データの移行作業について

そしてこれも業務上大事な作業です。

今まで使っていた機能は使えるようになったのに肝心のファイルがどこにあるかわからない、そうなってしまわないためにも、買い替える前に自分のパソコンで必要なファイルがどこにあるかしっかり確認しておきましょう。

 

パソコンを買い替える際に移行する必要のあるものは

・メールアカウントの設定とメールデータ

・作成した文書ファイルやデータファイル

・インターネットの設定、お気に入り

 

などがあります。これらのデータを移行する際、手動でUSBメモリーや外付けハードディスクに保存して新しいパソコンに移動していく方法と、データ移行アプリケーションソフトを利用して自動で行う方法があります。

 

Windowsにも標準で「Windows転送ツール」というアプリケーションソフトがついているのでこのツールを使えばデータ移行が簡単に行えます。

 

「Windows転送ツール」を使う上で注意する点がふたつあります。ひとつは、作成したデータファイルは移行できますが、アプリケーションソフトは移行できないので、別にインストール作業を行う必要がある点です。

もうひとつは、今まで使っていたパソコンがWindowsXPで新しいパソコンがWindows8.1の場合、「Windows転送ツール」を利用することが 出来ない点です。これはWindows8.1に付属する「Windows転送ツール」がXPに対応していないためです。

この場合、手動でデータを移行するか、市販のデータ移行ソフトの使用を検討しましょう。市販のデータ移行ソフトの中には「Windows転送ツール」では出来ないアプリケーションソフトの移行も行ってくれるものもあります。

 

まとめ

パソコンを買い替えたら、やはりすぐに快適に使えるようにしたいですよね。今回は業務をなるべく止めないで、スムーズにパソコンの移行を行うためのポイントをお話ししました。

といっても、確認することが多くて大変だと思う方も多いと思います。そんな時は是非リングローまでお問い合わせください。パソコン買い替えの商品の選定から設置・設定、データ移行までトータルにサポートさせていただきます。

リングロー株式会社

関連記事

企業にぴったりなのはやっぱり法人向けパソコンだった

普段は何気なく、会社でも自宅でも、パソコンを使用していると思いますが、パソコンには大きくわけ

記事を読む

CPUのベンチマークでパソコンの性能を知る

 パソコンを利用する中で、「ベンチマーク」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょう

記事を読む

ビジネス用のパソコンには静音パソコンを選ぼう

   会社でパソコンを使っていると、パソコンの稼働音が気になることはありませんか?

記事を読む

Windows 10にアップグレードするとタッチパッドの一部機能が使えなくなる問題

Windows 10無償アップグレードの期限が過ぎましたが、アップグレードした後、不具合は出

記事を読む

PC選びの重要ポイント!HDDとSSDの違いを徹底解説

   パソコンのストレージとしては、「HDD」と「SSD」が真っ先に挙げられますが、

記事を読む

パソコン用液晶モニターの種類と特徴

   パソコン用のモニターがブラウン管から液晶ディスプレイに変わり始めたのはほんの1

記事を読む

家庭用でも中古ビジネスパソコンを選ぶ5つのメリット

ビジネス用のパソコンを買おうと考えた時、新品や中古のビジネスモデルを選ぶ事は、ある意味当たり

記事を読む

パソコンを導入するなら購入なのか、リースなのか

みなさんの会社では、業務で使用しているパソコンは、購入でしょうか?リースでしょうか? どちらか

記事を読む

パソコンって何で動くの?構成部品の種類と機能を解説

   パソコンの構造や部品に興味が無いという人も多いと思いますが、基本的な知識や仕組

記事を読む

デスクトップパソコンにもSSDを搭載しよう

   ノートパソコンでは、HDD(ハードディスクドライブ)の代わりにSSD(ソリッド

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法②

前回は、スタートメニューの中のエクスプローラーから、USBメモ

OneDriveでまとめてダウンロードすると文字化けする問題

る 気軽に使えるオンラインストレージサービスとしてMic

Windows10でUSBメモリやCDの中身を開く方法①

Windows10のパソコンで、USBメモリやCDを挿入しても

デュアルディスプレイよりウルトラワイドディスプレイという選択肢

パソコンに液晶ディスプレイを2台繋げるデュアルディスプレイは、

Windows10のCreators UpdateはAnniversary Updateとどう違うのか

Windows10でCreators Update(クリエイタ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑