*

Windowsパソコンのリフレッシュ方法

公開日: : 最終更新日:2015/07/10 PC修理

リフレッシュ

Windowsパソコンは、使用している内に余計なファイルが溜まってきたりして、だんだん動作が遅くなっていく事があります。

そんな時は、パソコンをリフレッシュする事で、軽快な動作が取り戻せるかもしれません。

今回はWindowsパソコンのリフレッシュ方法をいくつかご紹介いたします。

基本的なリフレッシュ方法

パソコンは使用し続けていると、メモリーの使用率が上がっていき、動作が遅くなる場合があります。毎日シャットダウンをする必要はありませんが、数日間電源をつけっぱなしの時は適宜、再起動やシャットダウンを行ってください。

これだけで、動作が速くなるもあります。

また、意図していなくても不要なファイルが溜まっていき、ハードディスクの空き容量が少なくなると動作が遅くなる原因になりますので、定期的に「ディスクのクリーンアップ」「エラー チェック」「最適化」を行いましょう。

この3つを行う事である程度の不要ファイルを削除していき、適切な状態を保つ事が出来ます。

「ディスクのクリーンアップ」は「コンピューター」にある「ハードディスク」を右クリックして「プロパティ」を選択すると見つかります。中央にある円グラフの横あたりです。

ディスクのクリーンアップを行う事で、使用していない不要なファイルを削除し、ハードディスクの空き容量を増やす出来ます。

チェックボックスで削除するファイルを選ぶ出来ますが、良く分からなければ自動でチェックされているものだけで大丈夫です。

通常は数分程度で完了すると思いますが、時間が掛かる場合もありますので、出来れば時間に余裕のあるときに実行すると良いでしょう。

「エラー チェック」は同じくハードディスクの「プロパティ」から「ツール」のタブを選んで行います。初めに「プロパティ」を開くと「全般」のタブが開いていますので、ウィンドウの上の方にあるツールをクリックすれば開く出来ます。

「チェックする」をクリックするとオプションを選ぶウィンドウが開きます。

「ファイル システム エラーを自動的に修復する」と「不良セクターをスキャンし、回復する」の2つのオプションがあります。

まずは、どちらも選択せずに開始をクリックして、ハードディスクをチェックしてください。

特に異常がなければ問題はありません。

もし、異常が検出された場合は、もう一度「エラー チェック」を行います。その時は両方にチェックを入れて開始してください。ただし、そのままでは「エラー チェック」は出来ずに再起動が必要になります。

パソコンを再起動させると、Windowsの起動前に、「エラー チェック」を実行します。

たいていの場合は、ここでエラーを回復する事が出来るでしょう。

万が一、「不良セクター」というものが検出された場合は、なるべく早くハードディスクを交換してください。

「最適化」は「エラー チェック」の下にあります。クリックすると「ディスク デフラグ ツール」が開きます。「ディスクの分析」を行ってみて、必要があれば指示に従って最適化を実行してください。

ディスクの最適化はハードディスクに負荷がかかるもありますので、やり過ぎは禁物です。3ヶ月~半年に1回程度の頻度で十分に性能を維持出来ます。

長い間、クリーンアップや最適化を行っていない場合は、動作が速くなった事を体感出来ると思いますが、基本的には動作が遅くならない様に予防する意味合いが強いので、定期的に行う事をおすすめします。

Windowsの再インストール

上記の3つを行っても、なお動作が遅いと感じる場合は、再インストールの必要があるかもしれません。一度ハードディスクにあるデータを全て削除して、Windowsをインストールし直せば、かなりのリフレッシュ効果が期待出来ます。

ただし、データのバックアップや復元には時間がかかりますので、計画的に行う必要があると思います。間違っても、思いつきで行わない様にしてください。

ハードディスクをCドライブとDドライブの2つに分けて、CドライブにはWindowsのみを入れる様にしていれば、Windowsを再インストールしても、必要なデータは残す事が出来ます。

後からインストールしたアプリケーションは入れなおす必要がありますが、全体を消すよりは時間を短縮出来ます。

また、Windows 8からは「PCのリフレッシュ」という機能が追加になっています。

個人用ファイルや設定を維持したまま、Windowsの入れ直しが出来る機能ですが、アプリケーションは削除される様ですので、注意が必要です。

Windowsを入れ直す時は、いずれの場合もデータのバックアップを行ってからの方が安心です。また、アプリケーションを入れ直す事が出来るのかは確認してから行いましょう。

 

まとめ

Windowsの再インストールはかなりの効果が見込めますが、負担が大きいのも事実です。

やるにしても頻繁には出来ません。

やはり、日ごろの定期的なメンテナンスで快適な状態を維持するに心がけましょう。

今回ご紹介した「ディスクのクリーンアップ」「エラー チェック」「最適化」はどれも比較的簡単な操作で実行出来るものです。

特に今までやっていなかったという方は、是非実行してみてください。

リングロー株式会社

関連記事

0033

徹底改善!PCをサクサクに高速化させる6つの方法

   PCは、現代人にとって必携のツールです。ほとんどの人が、自分のPCを持っている

記事を読む

027

パソコンの動作が重い!起動が遅いと感じた時の対応策

   パソコンを長く愛用していると、次第に起動の遅さを感じ始める人は少なくないと思い

記事を読む

0034_01

パソコンの電源が入らなくなった時の対処方法について

   パソコンが不調になる原因には、電源ユニットやドライブなどのハードウェアから、O

記事を読む

0059

パソコンパーツを通販で購入する場合の注意点とは

店舗で購入する場合と比べて、気軽に購入することのできる通販ですが、購入にあたり注意点もありま

記事を読む

a0001_003697_m

またPCがフリーズした!?原因と対処方法について

   ワープロや表計算、インターネットなど、PCを使っていたら突然、「画面がフリーズ

記事を読む

chkdsk

たまにはコマンド プロンプト【ipconfig編】

@ringlogでは過去にコマンド プロンプトの使い方と、2つのコマンドを紹介しました。

記事を読む

004

パソコンの動作が重い時の4つの簡易チェック方法

   パソコンを使っていると、急に動作が重くなってしまったり、そのままフリーズしてしまったりす

記事を読む

chkdsk

たまにはコマンドプロンプト【ping編】

以前、このブログでコマンドプロンプトの使い方をご紹介しました。 (たまにはコマンドプロ

記事を読む

842f4221dd4b37b9443157e46d99dd87_s

飲み物をパソコンにこぼしてしまった!咄嗟の対処法をご紹介

仕事やプライベートでもはや欠かせない存在となっているパソコン。連続で長時間使用することが多い

記事を読む

007

インターネットに繋がらない!6つの簡単なチェック方法

   Webサイトを閲覧している時など、直前までインターネットを使えていたのに、急に使えなくな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%e9%9b%91%e5%93%81
オフィスの端に放置されたOA機器を一掃するチャンス!1都3県でOA機器を0円回収いたします!

いよいよ今年も残すところわずかとなりました。  

dash3
ボタンひとつで商品が届く、Amazon dashBUTTONとは

家に居ながら、色々なものが購入出来るネット通販はとても便利です

r078
スティック型PCの選び方

スティック型PCやスティックPCと呼ばれる、超小型のパソコンが

r076
大容量フラッシュメモリーでデータを持ち運ぼう

気軽にデータを入れて持ち運べる、USBメモリーやSDカード等の

r079
古いアナログ音源をデジタル化して蘇らせるには

最近アナログレコードの人気が再燃してきているというニュースを見

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑