*

大切なスマホを衝撃から守りたい!スマホカバーの形状と特色をご紹介

公開日: : 最終更新日:2015/07/22 スマホ・タブレット

スマホカバー1

皆さん、スマホにカバーは付けていますか?

最近ではシンプルなデザインのものからおしゃれの一部として楽しめるものなど、様々な種類のスマホカバーが登場しています。

そもそもなぜカバーを付けるのかというと、これは言うまでもなくスマホを衝撃から守るためです。恐らく、不注意から大切なスマホを落下させてしまい、角が削れてしまったり画面が見るも無残な姿に割れてしまったりといった経験を持つ方もいるでしょう。

スマホカバーに第一に求めたいのは予期せぬ衝撃への高い耐久性です。スマホを守ってこそのカバーだとも言えます。

今回はそんなスマホカバーの形状について、種類ごとの特色と併せてご紹介していきます。

画面以外の部分をしっかりガードしてくれるタイプ

側面、背面がしっかり覆われているタイプです。

スマホカバー2

(出典:http://goo.gl/g1IwM9

恐らくこのタイプのカバーが最も一般的な形状だと思います。落下時に地面と接触しやすい角もしっかり保護されているので安心ですね。

ただし完全にカバーで覆ってしまうため、スマホ自体の色味やデザインを楽しむことは難しくなってしまいます。iPhone5Cなどはせっかくの本体カラーが見えなくなってしまうので少し残念ですね。

フレームのみのタイプ

スマホの側面のみをガードしたフレームタイプです。

スマホカバー3

(出典:http://www.amazon.co.jp/dp/B00NKVC77K?psc=1

こちらですと側面以外は露出されるので、前述のタイプと比べてスマホ本来のデザインを楽しむことができます。

しかし耐久性に関しては△です。最低限の耐久性を持ちながら、カバーにスマホ本来の持ち味を邪魔されたくないという方には良いでしょう。

全面をカバーできるブック型のタイプ

最近主流となりつつある形状です。

スマホカバー4

(出典:http://goo.gl/Fvc16n

前面までカバーを持ってきて閉じることで画面もしっかり保護し、高いところから落下した場合でも高い耐久性を誇ります。

スマホカバー5

(出典:http://goo.gl/hI21cP

こちらは最近よく街中で目にする、童話の本のようなデザインになっているカバー。プリンセスモチーフのガーリーなものが女性に人気です。

このタイプのカバーは内側にカード入れのポケットが付いているものがほとんどです。電車に乗るとSuicaやクレジットカード、よく使用するポイントカード等を入れたりしている方をよく見かけます。いちいち定期入れを分けなくても良いので楽ちんですし、乗り換えを調べながらすぐに改札を出ることができるので便利ですね。

ただ、スマホを失くすと自動的にSuicaも紛失してしまうことになりますので十分に注意が必要です。

また、全体的にボリュームが出てしまうので薄さをウリにしているスマホもある程度の厚みが出てしまう点もデメリットとして挙げられるでしょう。

番外編/スリーブタイプ

ポーチのような形状のケースにしまうカバーです。

スマホカバー6

(出典:http://goo.gl/KBF8qP

この場合、カバーというよりケースという言葉の方が合っているかもしれませんね。全面を完全に覆うので落下してしまった場合の衝撃も大幅に軽減することができます。

ただし、操作する際はスリーブから完全に取り出さないといけないので使用時の本体の保護には一切力を発揮しません。また、取り出したあとのケースもかさばってしまいがちで人によっては逆に煩わしさを感じてしまうかもしれません。

スマホカバー7

(出典:http://goo.gl/HjU8ty

ここまでくるともはやケースというよりもバッグに近いですね。

こういったスリーブタイプと同じ形状として、以下のような防水ケースも販売されています。

スマホカバー8

(出典:http://goo.gl/uHu4NH

この場合、ケースを付けた状態でスマホを操作することが可能です。

しかしどの程度防水効果を発揮するものなのか確認も必要ですし、防水ケースだからといって水の中に長い時間沈めたりしていると浸水してくる恐れもあります。あくまで「濡れた手で使用しても・万が一水の中に落としてしまっても大丈夫」という捉え方で考えておきましょう。

 

まとめ

元々はスマホを守るために装着していたカバー。しかし、せっかく毎日持ち歩くものなので、自分だけのこだわりを主張したいですね。一番良いのはスマホを保護しつつ自分だけのおしゃれ感を出していけるものです。最低限でも傷つきやすい角は確実に守れるようなものを選びましょう。

また、画面をガードしたい場合はブック型のようなカバーを使用するか、もしくは衝撃を吸収するタイプの画面の保護フィルムや保護強化ガラスフィルムを貼付すると良いでしょう。万が一割れてしまった場合でも、そのまま操作し続けても指を傷付けるリスクを減らすことができます。iPhone 6の画面に対応した保護フィルムであれば、Amazonなら500円程度から販売されています。

しかし、カバーの強度に関しては、その素材によっても大きく変わってきます。次の機会ではカバーの素材についてもご紹介できればと思います。

是非お気に入りのカバーを見つける参考にしてみてください。

リングロー株式会社

関連記事

サイズ調整版

多発するスマホの画面割れ!本当にiPhoneは割れやすいのか?

スマートフォンが普及してからというもの、電車や街中でスマートフォンの画面に亀裂が入った状態で

記事を読む

0109

Android OSの各バージョンの特徴、最新まとめ

 Android OS(アンドロイド オーエス)は日々進化しており、これまで5回の大きなバージョ

記事を読む

0098_01

ビジネスシーンにおいてスマホとパソコンを連携するメリットとは?

 ビジネスシーンでもスマホが活用されるようになって久しいですね。スマホは「賢い(スマート)電話(

記事を読む

0063

情報を守る!スマートフォンの情報セキュリティ ー対策!

皆さんの多くはスマートフォンを使用しているかと思います。 スマートフォンはアプリケーシ

記事を読む

スマホからガラケー

スマホからガラケーに戻る理由

スマートフォンを活用することで、仕事がいつでもどこでも行える環境を作ることができるようになり

記事を読む

0042

スマホ向け通信アプリの機能と価格を比較

スマートフォンでは続々とメッセージや通話などの機能を備えた通信アプリが出てきていますが、実際

記事を読む

Xiaomi

世界シェア3位の中国のスマホメーカー「Xiaomi」とは

いきなりですが皆さん、スマートフォンメーカーと言われて思いつくのはどこでしょう。iPhone

記事を読む

top-6

待望の4インチモデル!iPhone SE発売

iPhoneユーザーの中には、本体の大きさが理由でiPhone 5sを使い続けている方も少な

記事を読む

スマホカバー9

スマホカバー第2弾!素材別の特色をご紹介

先日更新した記事でスマホカバーの形状ごとの特色について取り上げました。 今回は素材ごと

記事を読む

R102

iPhone7の仕様は結局どうなった?

2016年9月5日に発表直前のiPhone7に関しての記事を@ringrogにて公開しました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%e9%9b%91%e5%93%81
オフィスの端に放置されたOA機器を一掃するチャンス!1都3県でOA機器を0円回収いたします!

いよいよ今年も残すところわずかとなりました。  

dash3
ボタンひとつで商品が届く、Amazon dashBUTTONとは

家に居ながら、色々なものが購入出来るネット通販はとても便利です

r078
スティック型PCの選び方

スティック型PCやスティックPCと呼ばれる、超小型のパソコンが

r076
大容量フラッシュメモリーでデータを持ち運ぼう

気軽にデータを入れて持ち運べる、USBメモリーやSDカード等の

r079
古いアナログ音源をデジタル化して蘇らせるには

最近アナログレコードの人気が再燃してきているというニュースを見

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑