*

まだの方はすぐ対策を!サポート切れのOfficeを使い続ける危険性

公開日: : PC導入・交換

 

gazou2014年4月にWindows XPのサポートが終了し、その際同時にマイクロソフトのOffice2003のサポートも終了しました。

サポートが終了してしまったリスクを考え、Windows XPからWindows 7へ移行されたことかと思いますが、Officeはどうでしょう。

Office2003のパッケージ版を購入していてそのままWindows 7で使い続けていたりしていませんか。

サポートの切れたOfficeの使用はリスクが多い

OSだけではなくOfficeもサポートが終了すると、その後は修正プログラムやセキュリティ対策が全く行われなくなります。

その状態で使っていると、Officeが突然起動しなくなったりパソコンが起動しなくなるなどの不具合が出たり、ワードやエクセルで管理していた個人情報が外部に漏えいする可能性が、サポートされているOfficeよりも格段に高くなります。

そのリスクを回避するために最も効果的なのは、やはりサポートの切れたソフトを使わないようにすることです。

では、Office2003からほかのソフトに移行していくのにどういった方法があるか考えていきましょう。

 

方法① マイクロソフト最新版Officeに乗り換える

日本では、仕事において使用する文章・表計算ソフトはマイクロソフトのワードやエクセルが一般的という傾向があります。

その影響もあり、パソコンを購入するとマイクロソフトのOfficeが標準で付属していることが非常に多いです。これは日本独特の現象ですね。実は海外でパソコンを購入するとOfficeは別売りで扱われていることが多いのです。
話を戻しましょう。マイクロソフトのOffice2003から最新版(2013)にバージョンアップする方法です。

これであれば、今まで作ってきた書類やデータをほぼ使用することができます。ただ、費用が安くても1台2~3万はかかってしまいます。

 

方法② 互換ソフトを使用する
マイクロソフトのOfficeと同等の機能を持った別のソフトを使う方法です。無料のソフトもあります。

こちらのメリットは間違いなく費用です。マイクロソフトのOfficeと比べると有料のものでも1/5~1/10程度の費用で済んでしまいます。

特別な作業をしなければほぼマイクロソフトのOfficeと同じ機能を使用することができます。

デメリットとしては、別のソフトを使用するのでその操作を覚えなければならないこと、レイアウトが崩れたり、使いたい機能がなかったりすることです。

 

代表的なソフトを2つご紹介します。
1) OpenOffice
URL  http://www.openoffice.org/ja/

 

無料で利用ができるOfficeソフトです。

Writer(Word)、Math(Wordの数式作成機能)、Calc(Excel)、Base(Access)、Impress(PowerPoint)、Draw(Visio)の6つの機能を使うことができます。

 

2) キングソフトOffice
URL http://www.kingsoft.jp/office/

 

有料のソフトですが、見た目がマイクロソフトのOfficeとほぼ同じ作りになっているので操作で戸惑うことも少ないです。

writer(Word)、SpreadSheets(Excel)、Presentation(PowerPoint)の3つのソフトに分かれています。
30日の無料体験版がありますのでまずは使ってみてから購入することが可能です。リングローでも中古パソコンを販売する際、Officeソフトの有無を選択してもらっているのですが、その際、マイクロソフトとキングソフトをご用意しております。

 

まとめ

ビジネスの上では、マイクロソフトのOfficeはなくてはならないものだと思います。

ただ、すべてのパソコンにマイクロソフトのOfficeを導入するとかなりの費用がかかります。

費用を抑える方法として、社内のパソコンの使用用途ごとに導入するソフトを選ぶという方法があります。

例えば社外の人とやり取りを行うパソコンにはマイクロソフトのOfficeの導入をして、社外の人とやり取りを行わないパソコンにはOffice互換ソフトを導入して社内の書類作成やデータの下書き、内容の確認や文字の修正等を行えるようにする。

こういった使い分けをすることで、リスクを減らしながらコストを抑えることができます。

 

今回はサポートが切れたOfficeの危険性と対策について解説しましたが、それ以外にもソフトの導入や操作方法を覚えるための時間やサポートの問題もあると思います。企業でOfficeソフト導入についてお悩みの際はいつでもお伺いいたしますのでお気軽にご相談ください

リングロー株式会社

関連記事

デスクトップパソコンにもSSDを搭載しよう

   ノートパソコンでは、HDD(ハードディスクドライブ)の代わりにSSD(ソリッド

記事を読む

たためるパソコン、KINGJIMポータブック

KINGJIM(キングジム)と言えば、オフィスでは定番のテプラを思い浮かべる方が多いでしょう

記事を読む

ビジネス用ノートパソコンといえば?【Let’s Note編】

みなさんは、ビジネス用ノートパソコンと聞いて頭に思い浮かぶ機種があるでしょうか? Pa

記事を読む

スティック型PCの選び方

スティック型PCやスティックPCと呼ばれる、超小型のパソコンが初めに販売されたのは2014年

記事を読む

失敗しない!ビジネス用ノートパソコンを選ぶ5つのポイント

  毎日持ち歩きをするモバイルノートパソコンは、ここで紹介する5つのポイント

記事を読む

現行ダイナブックのおすすめモデルは?

ダイナブックとは、東芝が販売しているコンシューマー向けノートパソコンのブランド名です。

記事を読む

パソコン買い替え時に知ってほしいポイント

仕事でパソコンを買い替えた際、困るのは何でしょう。   それは、前のパ

記事を読む

新型MacBookは普通に使えるのか?

2015年4月に新しくなった12インチMacBookが発売されて、半年以上が経過しました。

記事を読む

パソコンのゴミ箱を空にすれば大丈夫?確実なデータ消去方法

    新しいパソコンに買い換えると、古いパソコンは処分したり譲ったりする人も多いの

記事を読む

話題のNEC製モバイルパソコン、LaVie Hybrid ZEROの実力と価格

毎日、仕事でパソコンを持ち歩くビジネスマンにとって、パソコンの重量は敏感になるポイントではな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【Outlook】メールソフトを活用しよう!~フォルダーを空にする際の確認メッセージが表示されない~

メールソフトを使っていて、迷惑メールや、削除済みアイテムのフォ

【Thunderbird】メールソフトを活用しよう!~自動でCCを追加する~

前回は、Outlook(アウトルック)のメール送信時に、特定の

新型iPhoneは「XS」と「XR」の2本立て、3モデル!!

日本時間の9月13日午前2時、AppleがiPhoneの新モデ

【Outlook】メールソフトを活用しよう!~自動でCCを追加する~

今回は、メール送信時に、特定の宛名を自動的にCCに追加する方法

【Thunderbird】メールソフトを活用しよう!~アドレス帳を使用してメールを作成する~

前回は、Outlook(アウトルック)のメール作成方法をご紹介

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑