*

世界シェア3位の中国のスマホメーカー「Xiaomi」とは

公開日: : スマホ・タブレット

Xiaomi

いきなりですが皆さん、スマートフォンメーカーと言われて思いつくのはどこでしょう。iPhoneのAPPLEでしょうか、GALAXYのSAMSUNGでしょうか。どちらも多くの人が手にしているメーカーですよね。 実はとあるメーカーがSAMSUNG、APPLEに続いてスマートフォン出荷台数の世界シェア3位になっています。そのメーカーこそ「Xiaomi」(シャオミ)です。

 

日本ではなかなか耳慣れない名前かと思いますので、今回はXiaomiというメーカーとそのスマートフォンをご紹介していきたいと思います。

Xiaomiとは

「Xiaomi」(シャオミ)は2010年4月に中国・北京市で設立されたテクノロジー企業です。2011年から1年に1機種発表しており、大量生産によってハイエンドな機種ながら販売価格を下げています。そのため出荷台数シェアが2013年の1.5%からわずか一年で5.2%へと成長をしています。

 

Xiaomiは数々の記事やニュースで中国のAPPLEなどと言われています。その理由としては設立者であるLei Jun(レイ・ジュン)氏のキャラクターや製品発表でのステージの立ち振る舞いや服装がAPPLEの前CEOである故スティーブ・ジョブズ氏に似ている点、フラッグシップ端末の発表が年に一回という手法、スマートフォンそのもののデザインがiPhoneを連想させるところでしょう。

 

Xiaomiのスマートフォン

Mi4

現在販売している最新機種(記事執筆時点)は【Mi4】というハイエンド端末です。簡単にスペックを紹介すると

・OS:Android 4.2

・CPU:クアッドコア 2.5GHz

・RAM:3GB

・ROM:16GB or 64GB

・サイズ:139.2×68.5×8.9mm

・ディスプレイ:5インチIPS液晶

・解像度:1920×1080 Full-HD

と、一部だけ書きましたが、十分他社の最新機種に遅れをとらない性能になっています。しかし価格は約3万5,000円とスペックから見るとかなりの格安です。他社のハイエンドスマートフォンは6~7万円するものも多いので、これだけ安いのは驚きですね。メーカーや機種にこだわりがなく、基本的な機能にだけ焦点を当てているユーザーには非常に魅力的なスマートフォンですね。

 

まとめ

さて、この1年で一気に成長しているXiaomiを少しでも知っていただけたでしょうか。日本ではXiaomiを知っている方はまだまだ少ないですが、今後もしかしたらXiaomiのスマートフォンやウェアラブル端末、スマート家電など を日本の家電量販店などで見かけることになるかもしれません。これからはXiaomiをチェックしてみてはいかがでしょうか。

リングロー株式会社

関連記事

スマホの充電の減りを抑えたい!チェックするべき6つのポイント

街中を見ていても、電車内を見ていても、スマホを所持する方が大半になってきたように感じる今日こ

記事を読む

スマホで手軽にファイル管理をするためのアプリ5選

スマートフォンは他の記録媒体と同じように、ファイルの管理に活用することも可能です。 本記事では

記事を読む

スマートフォンの料金を節約しよう

みなさん、突然ですがスマートフォン(携帯電話)の月の利用料金はどれくらいですか。 スマ

記事を読む

スマホの通信制限を回避するには?

先日の記事で 先日の記事でスマートフォンの通信制限に引っ掛かってしまった際の対処法についてご

記事を読む

何かと話題のポケモンGOをインストールしてみた

最近、何かと世間を騒がしているものと言えば「ポケモンGO」ですね。 これまでゲームボーイや

記事を読む

データの移動が面倒ですか?パソコンとAndroidスマホ・タブレットのデータ移動!

スマートフォンとパソコン間でデータの移動をしようとしても、使い方が分からず諦めてしまったこと

記事を読む

もはやスマホ写真の定番!?モデル顔負けの自撮りを撮る方法

最近、若い世代を中心に「自撮り」が流行っているのをご存知ですか?  

記事を読む

スマホを着こなせ!新感覚モバイルホルダー「slipin」

筆者は、先日スマートフォンをiPhone 6s Plusに機種変更しました。 iPho

記事を読む

新品?中古?気になる激安タブレットを購入する際の3つの注意点

初代iPadが2010年に発売されてから、4年以上が経過し、タブレットもすっかり定着した感が

記事を読む

意外と知らない無線LANとWi-Fiの違い

   最近のパソコンやスマートフォンは、ほぼ全てのデバイスがWi-Fiに対応しています。企業で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でCD,DVDが認識されなくなってしまった場合の対処法①

パソコンが1台あれば、専用のDVDプレイヤーやCDコンポがなく

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法③

前回は、パーティションを変更するためのフリーソフトを使って、容

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法②

前回は、パーティションを変更するためのフリーソフトのインストー

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法①

Cドライブの容量がいっぱいになってしまったときの対処法として、

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑