*

似て非なるもの、SSDとeMMCの違い

公開日: : 最終更新日:2019/12/02 PC導入・交換

「格安 ノートパソコン」等と検索すると、最近では2万円台の商品がずらっと並ぶ事も珍しくありません。

 

そんな格安パソコンのストレージを見てみると、「eMMC 32GB」となっているものがほとんどです。

 

「とりあえず使ってみて、足りなかったらSSDに交換しよう」と考えている方には注意が必要です。

 

今回は、SSDとeMMCについてご紹介します。

 

SSDとeMMCの違い

SSD(エスエスディー)とeMMC(イーエムエムシー)はどちらもフラッシュメモリーを利用したストレージ(主記憶装置 補助記憶装置)です。

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)、 eMMCはembedded Multi Media Card(エンベディッド マルチ メディア カード)の略称になります。

 

SSDは128GBや256GBの容量のものが多く、eMMCは32GBのものが多いので、「容量の違いなのかな?」程度に考えていらっしゃる方もいるかもしれません。

 

しかし両者には大きな違いがあります。

 

SSDと表記されているものは原則的に、従来のHDD(ハードディスクドライブ)と同様で後からの交換が可能であるのに対して、eMMCはマザーボードに直接、半田で取り付けられていて交換する事が出来ません。

 

embedded Multi Media Cardという名の通り、「組み込み用」のマルチメディアカードという事になります。

MMCと言うのは、現在主流のメモリーカードであるSDカードの前身の規格です。

筆者がかつて使用していたNokiaの携帯電話がMMC対応でした。

 

そのMMCが現在ではカードの形ではなく、組み込み式のフラッシュメモリーとなっている訳です。

 

データ転送速度はSSDの方が速いですが、eMMCでもHDDよりは速いのでフラッシュメモリーの恩恵を受ける事が出来ます。

 

 

格安ノートパソコン、タブレット

格安ノートブック、タブレットとして売られている製品のほとんどが、メモリー2GB、eMMC32GBというスペックになっています。

 

メモリー2GBというのはWindows 10を動作させるのにはギリギリの容量です。

ストレージ32GBという容量も、気を付けなければアップデートもままならない程、すぐに使い切ってしまいます。

 

ストレージと同様にメモリーも増設出来ない可能性が高いので、安さだけにつられず自分の使い方をしっかりと見極める必要があります。

 

 

ストレージ確保の方法

写真や音楽等の大きなデータはクラウドストレージを使えば良いと考えると思います。

確かにその通りですが、設定によっては元のデータが残ったり、自動で同期してダウンロードしてしまったりするので、注意が必要です。

 

またデータはクラウドに逃がす事が出来ても、アプリケーションはそうはいきません。

 

そこでストレージを増やす方法としてSDカードを活用すると良いでしょう。

 

ただし、そのまま挿しただけではアプリケーションのインストール先には出来ませんので、HDDのように使用する為の設定などが必要になります。

「SDカード 固定ドライブ」「SDカード HDD化」の様に検索をすると、色々と情報が出てくると思います。少し手間はかかりますが、あまっているSDカードがあれば気軽に試す事が出来るので、メリットは大きいでしょう。

 

SDカードスロットを占領してしまうので、その点は注意が必要です。

また、USBフラッシュメモリーを使っても同様の事が可能ですが、汎用性の高いUSBポートを使ってしまうよりは、SDカードの方が良いと思います。

格安ノートパソコンは往々にしてUSBポートの数も少ない事が多いので、自分の使い方でよりベターな方を選択してください。

 

 

 

まとめ

似ている様で大きく違うのが、SSDとeMMCでした。

SSDモデルの方が拡張性は高いですが、工夫次第でeMMCモデルでも「使える」と思います。

 

もちろん中古パソコンも選択肢に加えれば、同じ予算でHDDモデルもSSDモデルも選べる可能性がありますので一考の価値はあると思います。

 

ただしバッテリーの持ちは新品にゆずる所があるので、電源の無い場所で使うことが多いのであれば、新品格安ノートパソコンに一日の長があるでしょう。

 

ストレージが「eMMC」のモデルは交換、増設が出来ないと言う事は、パソコン選びの際に覚えておきましょう。

 

 

担当:鬼山

 

 

★★『がっちりマンデー!!』でも特集されたR∞PC(アールピーシー)、おかげさまで大好評です!★★
R∞PC(アールピーシー)

リングロー株式会社

関連記事

コストが掛けられない、中小企業のセキュリティー対策

しばしばニュースで企業の情報漏えいが報じられます。今や、業務でインターネット接続は欠かせなく

記事を読む

パソコン用液晶モニターの種類と特徴

   パソコン用のモニターがブラウン管から液晶ディスプレイに変わり始めたのはほんの1

記事を読む

企業にぴったりなのはやっぱり法人向けパソコンだった

普段は何気なく、会社でも自宅でも、パソコンを使用していると思いますが、パソコンには大きくわけ

記事を読む

サポート終了後にWindowsXPを継続利用してはいけない理由

2001年に発売されたWindowsXPは、Windowsの中でもっとも評価が高いOSとして

記事を読む

ついに登場!ARM版Windows 10ノートパソコン!

  以前、@ringlogで「ソフトバンクが買収を発表したARMとは?」という記事を掲載しまし

記事を読む

タッチパネル搭載パソコンのこんな使い方

最近ではタッチパネル搭載のパソコンや液晶モニターを家電量販店などでも多く見かけるようになって

記事を読む

おすすめ型落ちパソコンの見極め方

郊外にある、巨大なアウトレットモールもすっかり定着した感がありますね。 様々なブランドのア

記事を読む

Microsoftの次世代Webブラウザーはここが違う!

今年の夏にリリースされるWindows10に搭載される次世代Webブラウザ「Microsof

記事を読む

スティック型PCの選び方

スティック型PCやスティックPCと呼ばれる、超小型のパソコンが初めに販売されたのは2014年

記事を読む

パソコンを新しく購入した時の3つのデータ引越し方法

新しいパソコンを購入する理由は、「もっと快適にパソコンを使いたい」「最新OSを使うにはスペッ

記事を読む

Comment

  1. にゃがお より:

    「フラッシュメモリーを利用したストレージ(主記憶装置)です。」とありますが、(補助記憶装置)のお間違いではないでしょうか。

  2. 鬼山佳之 より:

    にゃがお様

    コメントありがとうございます。
    ご指摘の通り、主記憶装置ではなく、「補助記憶装置」の間違いです。

    お詫びして訂正いたします。

    主記憶装置 → メインメモリー
    補助記憶装置 → HDDやSSD等

    ですね。

    誤った情報を掲載してしまい、申し訳ありませんでした。

    ご指摘、ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


エクセルで一部の範囲を指定して印刷する方法 ~改ページプレビュー~

前回は、Excel(エクセル)ファイルを印刷する際に、改ペー

エクセルで一部の範囲を指定して印刷する方法 ~改ページの設定~

前回は、Excel(エクセル)ファイルを印刷する際に、範囲を

エクセルで一部の範囲を指定して印刷する方法 ~印刷範囲の設定~

たくさんのデータが入ったExcel(エクセル)ファイルを印刷

音が小さい!設定から最大音量を上げる方法

以前の記事で、インターネット動画の音が小さい場合の対処法をご

作業効率化!複数のコピー履歴が残る「クリップボード」機能

パソコンを使用していると、画像や文章をコピーする場面がよくあ

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑