*

狭い会議室を広く!スクリーンにぴったり近づけて使えるプロジェクターとは?

公開日: : 最終更新日:2016/04/14 OA機器

0029

会議やプレゼンテーションなどで、プロジェクターを使う機会もあると思いますが、部屋があまり広くない場合は、設置場所に苦労すると思います。

影が映ってしまったり、部屋の半分しか使えなかったりという事もあるでしょう。

 

そんな時、プロジェクターをもっとスクリーンに近づける事が出来れば、部屋を有効に使えるでしょう。

プロジェクターからスクリーンまでの距離を「焦点距離」といいます。

この焦点距離が短いモデルを選べば、画面サイズを維持したまま、スクリーンに近づける事が出来ます。

 

今回は、現時点で焦点距離が最も短いと思われる、RICOHのミラー反射式超短焦点プロジェクターをご紹介します。

 

世界最小・最軽量 RICOH PJ WX41410029-1

(出典元: http://www.ricoh.co.jp/projector/pj/wx4141/

 

2014年11月現在で、ミラー反射式超短焦点プロジェクターとして世界最小・最軽量、さらに最至近を謳うスタンダードモデルがPJ WX4141です。

 

その特徴は何と言っても焦点距離で、プロジェクターから投写面まで、11.7cmという驚異の至近距離を誇っています。(投写サイズ48インチ)

これを、非球面レンズと凹面の自由曲面ミラーによって実現しています。

 

また、縦型とする事で非常にコンパクトな設計になっています。

 

解像度は1280×800のWXGAに対応しています。

明るさも3300ルーメンありますので、部屋の明かりを点けたままでも画面を見る事が出来ます。

パソコンからの入力もD-Sub(ディーサブ)に加えHDMIにも対応、モノラルながらスピーカーも実装していて、一通りの事は対応出来る、抜かりない仕様です。

 

フォーカスは手動になってしまいますが、あまり頻繁に調整する場所ではないので、実用上は問題ないと思います。

 

実売は14万円前後と、決して安いモデルではありませんが、超短焦点に加えて、軽量、コンパクトな本体は、プロジェクターの存在を気にせずに、会議に集中出来るでしょう。

 

まとめ

わずか11.7cmというのは、本当に壁にぴったり置けるイメージです。今までとは違った会議室の使い方が出来ると思います。

 

有線、無線LANが必要な場合は、上位機種がネットワークに対応していますし、明るさが2500ルーメンでも問題なければ、一世代前のPJ WX4130というモデルがあります。

こちらであれば10万円を切る価格で購入出来そうですし、実際2500ルーメンあれば明るさは充分かもしれません。

 

ここまで極端ではありませんが、他にも焦点距離の短いモデルは色々とありますので、用途や予算に合わせて選んでみてください。

 

プロジェクターの使用頻度がもっと低いのであれば、さらにコンパクトなモバイルプロジェクターを検討してみるのも良いかもしれません。

明るさは数十~数百ルーメンとなり、使い方は限定されますが、バッテリーで使用出来て気軽に持ち運べるので、魅力を感じる方もいらっしゃるでしょう。「モバイルプロジェクター」などで検索をすると様々なモデルがヒットします。

 

プロジェクターだけでなく、それに合わせたスクリーンを用意する必要が出てくるかもしれません。

プロジェクター、スクリーン選びに迷ったら、リングローまでお気軽にご相談ください。

(出典元: http://www.ricoh.com/ja/release/2011/1107_1.html

リングロー株式会社

関連記事

便利グッズ1

仕事中に活用したい!パソコン周りの便利グッズ【ほっと休息編!】

先日更新した記事では「バリバリ仕事をする中で活用したい便利グッズ」をご紹介しました。 でも、バ

記事を読む

0036

中古モバイルパソコンのすすめ

自宅でも外出先でも持ち運んで使えるパソコンが欲しいと思った時、やはり気になるのは持ち運ぶノー

記事を読む

nw

ネットワーク構成図を描こう!

みなさんの会社にはネットワーク構成図があるでしょうか? パソコンやインターネットの

記事を読む

R003

MacとWindowsでファイル共有する方法

仕事で使用するパソコンはWindowsだけ、あるいはMac(OS)だけという環境が多いと思い

記事を読む

0051

プリンターを動かすために必要な、ドライバーとは?

   個人、法人を問わず、欠かせないデバイスとなったプリンター。ですが、プリンターが

記事を読む

cintiq

Wacomのペンタブレットで作品作りの幅を広げよう!(Cintiq編)

前回はWacom(ワコム)のIntuos(インテュオス)についてご紹介してきましたが、今回は

記事を読む

r079

古いアナログ音源をデジタル化して蘇らせるには

最近アナログレコードの人気が再燃してきているというニュースを見聞きする様になりました。

記事を読む

R017

離席時にはスクリーンロックをしよう!

その昔、パソコンのモニターにブラウン管を使用していた時代は、画面の焼き付き防止にスクリーンセーバ

記事を読む

0019

Amazonのパソコン周辺機器カテゴリ別ランキング

パソコンをより快適に使いやすくしてくれる周辺機器ですが、一言に周辺機器と言っても様々な種類が

記事を読む

a0002_002882

知らなきゃ損!?あると便利なおススメ周辺機器

  「一家に一台」から「一人に一台」へと市民権を得たパソコンですが、持っているからに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%e9%9b%91%e5%93%81
オフィスの端に放置されたOA機器を一掃するチャンス!1都3県でOA機器を0円回収いたします!

いよいよ今年も残すところわずかとなりました。  

dash3
ボタンひとつで商品が届く、Amazon dashBUTTONとは

家に居ながら、色々なものが購入出来るネット通販はとても便利です

r078
スティック型PCの選び方

スティック型PCやスティックPCと呼ばれる、超小型のパソコンが

r076
大容量フラッシュメモリーでデータを持ち運ぼう

気軽にデータを入れて持ち運べる、USBメモリーやSDカード等の

r079
古いアナログ音源をデジタル化して蘇らせるには

最近アナログレコードの人気が再燃してきているというニュースを見

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑