*

ビジネススタイル別おすすめのパソコン

公開日: : 最終更新日:2015/07/16 PC導入・交換

092

パソコンを新しく導入する際、商品がいろいろありすぎてどれを購入したら良いか迷いますよね。

今回はパソコンを持ち運ぶかどうかに焦点を当てて考えていきたいと思います。

結論から話しますと持ち運ばない場合はデスクトップ、少しでも持ち運ぶ場合はモバイルノートがおすすめです。

理由としてデスクトップは、

・同じ価格のノートパソコンと比べると高性能

・拡張性が高いので必要に応じて性能を上げることが出来る

・故障時にもノートパソコンと比べて原因の特定や改善が容易

ということが挙げられます。

例えば液晶モニターを大きいものに交換したり、2台並べてデュアルディスプレイとして使用したりするということが容易に出来ます

またノートパソコンで液晶モニタが故障した場合、ノートパソコンを修理に出すのでその間は使えなくなりますが、デスクトップの場合は液晶モニターが壊れている場合はモニターだけ別のものを用意することですぐ業務使用出来ます

モバイルノートは

・軽い

・バッテリーの駆動時間がA4ノートパソコンと比較して長いものが多い

と持ち運びの際もっとも気になる重量とバッテリー駆動時間に優れています。

ただ、拡張性はデスクトップだけでなくA4ノートパソコンと比べても低いのですが、工夫することで快適に使うことが出来ます。

例えば、モバイルノートパソコンは光学ドライブが付いていないことが多いですが、外付けのドライブを1つ用意しておくことで他のモバイルパソコンを持っている人と共有しながら使用することが出来ます。

実際、光学ドライブを使う機会がだいぶ少なくなってきているので、こういった使い方のほうが便利です。また画面が小さく表示出来る情報量に制限があるところも、外付けの液晶モニターを用意することでかなり改善されます。

社内では外付けの液晶モニターをつないでデュアルディスプレイにして快適に作業を行い外出先では、軽いノートパソコンで仕事を行う。そういった使い方ができます。

 

まとめ

パソコンは仕事で毎日使うもの。今回は持ち運ぶかどうかに焦点を当てて、おすすめを紹介しましたが、やはりビジネススタイルに合わせて選ぶのが一番です。

もちろんそこに予算の問題もあると思います。そんな時は選択肢に是非中古パソコンを加えてください。

リングローではお客様の使用用途、ご予算に合わせて新品・中古の中から最適な商品をご提案させていただきます。

リングロー株式会社

関連記事

中古パソコン、こんな人におすすめ!

前回、中古パソコンに抱かれがちな誤ったイメージについて取り上げましたが、中古パソコンが向いて

記事を読む

中古パソコンにWindows10をインストールしてみた

前回、Windows 10導入に中古パソコンを提案させていただきましたが、実際の動作はどうだ

記事を読む

2015年、中小企業のIT投資

株式会社アイ・ティ・アールによる「国内IT投資動向調査2015」によると、企業のIT動向は「

記事を読む

パソコンの卸売りって何だろう?

商品を購入するとき皆さんは、小売りや卸売りなどの名称を聞いたことがあるでしょうか。 ほ

記事を読む

どっちが良い?PC購入時のHDDとSSDの違いと選び方

   パソコンにデータを保存する記録装置と言えば「HDD」(ハードディスクドライブ)が一般的で

記事を読む

インテル製CPUの種類と違い

   テレビのCMで、「インテル、入ってる?」というフレーズが記憶にある方も少なくな

記事を読む

おすすめ型落ちパソコンの見極め方

郊外にある、巨大なアウトレットモールもすっかり定着した感がありますね。 様々なブランドのアウト

記事を読む

比較検討!無線LANと有線LANのメリット・デメリット

   最近は、自宅で無線LAN、会社では有線LANというように使い分けている所が多い

記事を読む

企業にぴったりなのはやっぱり法人向けパソコンだった

普段は何気なく、会社でも自宅でも、パソコンを使用していると思いますが、パソコンには大きくわけ

記事を読む

初心者向け!正しいデスクトップパソコンの選び方

   今回は、デスクトップパソコンを選ぶ時のポイントについて説明します。購入を検討さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法②

前回は、Cドライブに溜まってしまったデータをDドライブに移すた

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」と

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法①

++++++++++ あけましておめでとうございます。 知

「指定されたパスは存在しません」データが開けない場合の対処法②

前回は、古いパソコンで元データを正しくコピーする方法をご紹介し

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑