*

現行ダイナブックのおすすめモデルは?

公開日: : 最終更新日:2016/05/17 PC導入・交換

0016

ダイナブックとは、東芝が販売しているコンシューマー向けノートパソコンのブランド名です。

「東芝といえば、ノートパソコン」というイメージを持っている方も多いと思います。

 

今回はダイナブックの特徴とおすすめモデルをご紹介します。

 

 

7年連続1位

ダイナブックといえば、1994年から2000年までノートパソコンの世界シェア7年連続1位を記録した人気のブランドです。「世界シェア1位」というキャッチコピーのテレビCMを覚えている方もいらっしゃるでしょう。

 

初代ダイナブックであるDynaBook J-3100SSがデビューしたのは1989年です。

640×400ドットのモノクロ液晶ディスプレイを搭載し、CPUクロックは10MHz、メモリーは1.5MBでハードディスクはありませんでした。

 

26年でずいぶんと進化してきて、現在は家電メーカーらしく、スマホ、テレビ、HDDレコーダーとの連携を強調したモデルを多くラインアップしています。

 

 

ダイナブック ラインアップ

現在のラインアップは

 

オールインワンデスクトップ    Dシリーズ D81/71/51/41 

4Kスタンダードノート       Tシリーズ T95 

スタンダードノート        Tシリーズ T75/55/45 

モバイルノート(ドライブ内蔵)  Rシリーズ R83/73 

モバイルノート(デタッチャブル) Rシリーズ R82 

モバイルノート(7スタイル)    KIRA Lシリーズ KIRA L93 

モバイルノート          KIRA Vシリーズ KIRA V83/73/63 

モバイルノート(コンバーチブル) Nシリーズ N61 

モバイルノート(ネットノート)  Nシリーズ N51 

ペンタブレット          tab Sシリーズ tab S90/80/68 

タブレット            tab Sシリーズ tab S50/38 

 

と豊富なラインアップを誇っています。

 

これだけ豊富なラインアップの中から、お目当ての1台を見つけるために、ダイナブックのサイトでは選びやすくする工夫が施されています。

 

様々な項目から検索や比較をして、検討出来ます。

 

おすすめモデルは?

ウルトラブックである、KIRA Vシリーズは当ブログでご紹介しました。

薄くて軽いだけじゃない!?最新ウルトラブックパソコン特集!

 

ダイナブックらしいノートパソコン型で他におすすめのモデルは、スタンダードノートのTシリーズと、ドライブ内蔵のモバイルノートであるR83やR73です。

 

15.6インチ液晶ディスプレイのTシリーズは、スタンダードノートと言うだけあって、部屋の中で使用するのにバランスのとれたモデルです。

また、dynabook T95はなんと、4Kディスプレイを搭載しています。

3,840×2,160ドットという、極めて高い解像度がありますので、いままでのノートパソコンとは別次元です。

0016-1

 

価格は20万円程と安くないように思えますが、高解像度で知られるMacで同程度の解像度を求めると、5KディスプレイのiMac(¥233,800~)を選択するか、4Kディスプレイを接続するしかありませんので、充分価値のある価格だと思います。

 

パソコンで写真を見たり、編集をしたりする機会の多い方は、メリットが多いかもしれません。

 

Tシリーズは15.6インチモデルとしては、充分に薄く、軽いですが、それでも約2.3kgの重量がありますので、日常的に持ち歩くにはやや難があるでしょう。

そんな方はモバイルノートのR83/73が良いでしょう。1.5kg程で充分持ち運べる範囲の重量で、なおかつ13.3インチのディスプレイとブルーレイディスクドライブか、あるいはDVDスーパーマルチドライブを実装していますので、困ることは無いでしょう。

0016-2

10インチクラスのモバイルノートも持ち運び易くて良いですが、画面サイズが小さく、使っていて不満が出てくる事も考えられますので、筆者としては、12インチ以上の画面サイズをおすすめします。

 

流石にノートパソコンの東芝らしく、そのあたりは心得ていて、タブレット以外のノートパソコン型では一番小さいN51でも11.6インチの画面サイズを確保しています。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?筆者は圧倒的な高解像度の4Kノートに心惹かれました。

 

国内メーカーらしく、充実したサポート体制や豊富なアプリケーションで、どのモデルを選んでも楽しいダイナブックライフを送れると思います。

先にご紹介したT95には写真編集、現像ソフトとして「Adobe® Photoshop® Lightroom®」が付属しています。

 

また、東芝の特徴として、古いモデルでもデバイスドライバーが入手しやすい事があげられます。

将来的に作成したリカバリーメディアを紛失してしまったりして、リカバリーが出来なくなってしまったとしても、デバイスドライバーが手に入ればパソコンを使い続ける事が出来るので、安心です。

 

興味を持たれましたら、是非dynabook.comを訪ねてみてください。

(出展先:http://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/150519t95/index_j.htm

リングロー株式会社

関連記事

新型MacBookは普通に使えるのか?

2015年4月に新しくなった12インチMacBookが発売されて、半年以上が経過しました。

記事を読む

スティック型PCの選び方

スティック型PCやスティックPCと呼ばれる、超小型のパソコンが初めに販売されたのは2014年

記事を読む

家庭用でも中古ビジネスパソコンを選ぶ5つのメリット

ビジネス用のパソコンを買おうと考えた時、新品や中古のビジネスモデルを選ぶ事は、ある意味当たり

記事を読む

初心者向け!間違 いのない パソコン購入のための3ステップ

パソコンを購入することになったとき、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も少なくないのではない

記事を読む

どっちが良い?PC購入時のHDDとSSDの違いと選び方

   パソコンにデータを保存する記録装置と言えば「HDD」(ハードディスクドライブ)が一般的で

記事を読む

高級?でも快適!パソコン用外付けキーボード5選

   パソコンには無くてはならないキーボードですが、その用途は様々です。事務作業やゲ

記事を読む

パソコン購入時にもう妥協も我慢も必要なし!リングローの「パソコンお試しサービス」をご紹介!

パソコンを購入する際、皆さんはどこに注目しますか?   スペックや見た

記事を読む

タブレットパソコンがノートパソコンより優れているところ

日に日に新機種が登場するタブレットパソコンですが、まだ使用したことがない方も多くいるかと思い

記事を読む

話題のNEC製モバイルパソコン、LaVie Hybrid ZEROの実力と価格

毎日、仕事でパソコンを持ち歩くビジネスマンにとって、パソコンの重量は敏感になるポイントではな

記事を読む

Microsoftの次世代Webブラウザーはここが違う!

今年の夏にリリースされるWindows10に搭載される次世代Webブラウザ「Microsof

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法②

前回は、Cドライブに溜まってしまったデータをDドライブに移すた

Windows エクスペリエンス インデックスをWindows 10でも使用する方法

皆さんは、「Windows エクスペリエンス インデックス」と

Cドライブの容量がいっぱい!Dドライブを上手に活用する方法①

++++++++++ あけましておめでとうございます。 知

「指定されたパスは存在しません」データが開けない場合の対処法②

前回は、古いパソコンで元データを正しくコピーする方法をご紹介し

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑