*

飲み物をパソコンにこぼしてしまった!咄嗟の対処法をご紹介

公開日: : 最終更新日:2016/02/18 PC修理

842f4221dd4b37b9443157e46d99dd87_s

仕事やプライベートでもはや欠かせない存在となっているパソコン。連続で長時間使用することが多いので、傍らに飲み物を置いているという方も多いのではないかと思います。

 

皆さんの中に、その飲み物をうっかりパソコンにこぼしそうになってしまった経験のある方はいないでしょうか。筆者も何度か肘にコップが当たりパソコンのすぐ際に飲み物をこぼしてしまい、ひやっとした思いをしたことがあります。恐らくオフィスで誰もが1度は経験したことのある“あるある”なのではないでしょうか。

 

今回はもしノートパソコンに飲み物をこぼしてしまったら、いざという時どうすれば良いのかをご紹介していきます。

 

 

飲み物をこぼしてしまった際の対処法とは?

 

電源を切る!

飲み物をこぼしてしまったら、まずは落ち着いてすぐに電源を切ってACアダプターを抜きましょう。

 

パソコンに水分が入るとすぐに壊れてしまうイメージがありますが、実はその状態で無理をして電源を付け続け、ショートを起こしてしまうことがパソコンを壊す原因になるのです。

 

また、パニックになって思わず電源ボタンを長押しして強制的に電源を落としてしまう人もいるかもしれませんが、これは好ましくありません。そもそも手順通りに電源を切らないこと自体バッテリーに強い負荷が掛かってしまうのです。

 

また、一度落とした電源を確認のために再度入れてしまうのも言うまでもなくNGですので注意しましょう。

 

ACアダプターを抜いた後は、念のためバッテリーも取り出しておくようにします。

 

乾いた布で水分を拭き取る!

次に、乾いた布でしっかり水分を拭き取りましょう。このとき、キーボードを取り外して内側まで入り込んだ水分もしっかり拭き取ることが好ましいです。

 

取り外し方はインターネットで検索すると出てきますが、やり方や力の入れ具合を誤るとキーボードのツメを折ってしまい、再び取りつけることが難しくなってしまいます。不安な方はメーカーに問い合わせた方が無難かもしれません。

 

また、飲み物がキーボードの下にどの程度入ってしまっているかパソコンを傾けながら覗きこんでしまいそうになりますが、そうすることで内部全体に水分が行き渡ってしまう恐れもあります。できる限りそっと扱うようにしましょう。

 

電源は完全に乾いてから!

拭き取ってすぐに電源を入れてしまいたくなる気持ちもわかりますが、ここは我慢です。見えない部分まで水分が入りこんでしまっている恐れがありますので、完全に水分が乾燥するまでそのまま放置しておくようにしましょう。

 

また、ここまでしても確実にパソコンが元通りになる確証はありません。あくまでこれらは応急処置でしかないので、データが駄目になってしまう最悪の事態も覚悟しておくようにしましょう。

 

 

まとめ

飲み物をこぼした際は、まず慌てないことが大切です。

 

いつ起こるかわからないからこそ、大事なデータは普段からバックアップを取っておくことをおすすめします。もちろんバックアップの際はパソコン内部にではなく、外部のメディア(外付けHDDなど)に入れておくと安心です。

 

また、今回ご紹介した対処法は水没したスマートフォンに対しても同じことが言える部分が多いです。(「iPhoneが水没!その時やるべき事、やってはいけない事」http://ringlog.info/926)頭の片隅に入れておくといざというときに役立つかもしれません。

 

飲み物を倒しても問題のないよう、蓋つきのカップやタンブラーを使用することも対策の一つです。今の寒い時期はサーモマグで温かい飲み物を傍らに仕事をするのも良いですね。

リングロー株式会社

関連記事

パソコンの動作を軽くする方法(Windows 7編)

みなさんはパソコンを使用している内に、なんとなく動作が重くなってきたと感じることはありますか

記事を読む

パソコンの動作が遅い時の確認項目

 パソコンがキビキビ動作せず、何か操作をするたびに時間が掛かりストレスを溜めてしまうことはありま

記事を読む

Windows 10を元のWindowsに戻す方法

Windows 10がリリースされてから1か月ほど経ちましたね。皆さんの周りにもWindow

記事を読む

パソコンの動作が重い時の4つの簡易チェック方法

   パソコンを使っていると、急に動作が重くなってしまったり、そのままフリーズしてしまったりす

記事を読む

自分でできるコンピュータウイルス対策

皆さんはウイルス対策をしっかりしていますか。 パソコンがウイルスに感染するとパソコンの

記事を読む

パソコンパーツを通販で購入する場合の注意点とは

店舗で購入する場合と比べて、気軽に購入することのできる通販ですが、購入にあたり注意点もありま

記事を読む

インターネットに繋がらない!6つの簡単なチェック方法

   Webサイトを閲覧している時など、直前までインターネットを使えていたのに、急に使えなくな

記事を読む

たまにはコマンド プロンプト【ipconfig編】

@ringlogでは過去にコマンド プロンプトの使い方と、2つのコマンドを紹介しました。

記事を読む

ノートパソコンのタッチパッドが動かない!?主な原因と対策まとめ

 タッチパッドは、ノートパソコンには欠かせない重要なパーツのひとつです。最近はタッチ可能なデ

記事を読む

パソコンが起動しないときに試すこと【ノートパソコン編】

朝会社に来ていつものようにパソコンの電源ボタンを押して立ち上げようとしたが、パソコンが起動し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Windows10でCD,DVDが認識されなくなってしまった場合の対処法①

パソコンが1台あれば、専用のDVDプレイヤーやCDコンポがなく

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法③

前回は、パーティションを変更するためのフリーソフトを使って、容

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法②

前回は、パーティションを変更するためのフリーソフトのインストー

Cドライブの容量がいっぱい!パーティションを変更する方法①

Cドライブの容量がいっぱいになってしまったときの対処法として、

Windows 10でReadyBoostを試す

Windows 7から、Windows 10にアップグレードし

→もっと見る

  • @ringlogは、オフィス向けのITソリューションを提供するリングロー株式会社が運営するブログメディアです。PCやクラウド、スマートフォン、タブレットの導入に伴うお悩みにお答えします!

PAGE TOP ↑